節分鬼のおもしろ雑学

2月3日は節分ですね。
どこのご家庭でも、お父さんが玄関めがけて「鬼は外~」室内に向けて「福は内~」と福豆を投げていましたよね。ご年配の方記憶にありませんか。いまはなかなか普通のご家庭では見られない光景ですけどね。
本来、節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年4回ありましたが、室町時代から春を迎えることが新しい年を迎えることでもあったため、立春の前日だけをさすようになったそうです。季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、旧暦では新年が春から始まるため、立春の前日の節分は大晦日に相当する大切な節目だったんですね。
節分に豆をまく行事は、中国の「追儺(ついな)式」という邪気祓いからきております。これは、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事です。その行事のひとつ「豆打ち」の名残が「豆まき」です。豆を“打つ”から“まく”に変わったのは、農民の豊作を願う気持ちを反映し、畑に豆をまくしぐさを表しているからだと伝えられています。詳しくは昨年の記事「節分おもしろ雑学」をご覧くださいね。

架空の鬼をまる裸
ところで鬼はなぜヒョウ柄のパンツをはいているんでしょうね~。
実は正確にいうと、鬼はヒョウ柄ではなくて虎皮のパンツをはいているのだそうです。十二支の丑は陰陽でいうと陰になり、鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角であり、そのため、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙を兼ね備えた虎皮のパンツをはくようになったんだそうですよ。
それじゃ、鬼はいつ、どこからやってくるんでしょうね。
鬼は鬼門である丑寅を時刻にあてはめると深夜2時~4時ぐらい、方角でいうと北東となるため、真夜中に北東からやって来るんだそうです。
鬼が豆まきの標的になるのはなぜ?
鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えたからなんですね。「鬼」という言葉は「陰(おん)」に由来し、「陰」とは目に見えない気、主として邪気をさし、それが「鬼」なんだそうです。また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあります。
鬼にも弱点はあります。
そうです。鬼は、鰯(いわし)の生臭い臭いと、柊(ひいらぎ)の痛いトゲが大の苦手なのです。そこで、鰯の頭を焼いて臭いを強くしたものを柊の枝に刺し、それを玄関先にとりつけて、鬼が入ってこないようにしたのです。これを「焼嗅(やいかがし)」「柊刺し」などと呼び、昔から臭いの強いもの、トゲのあるものは魔除けや厄除け効果があるとされてきました。
なんで節分に豆をまくんでしょう
大豆には霊的な力が宿ると信じられ、神様への供え物としても使われてきました。また、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあるんですよ。魔の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて魔を滅する(魔滅=まめ)とは語呂合わせですかね。

全国各地に節分の行事食があります
四国をはじめ全国各地では節分にこんにゃくを、関東地方では節分にけんちん汁を食べる風習があります。恵方巻も全国区として定着してきました。また福茶を飲む風習もみられるようです。
福茶は、昆布と松竹梅の梅が入ったおめでたいお茶で、お正月にも飲みます。節分にはさらに「3」という吉数の豆を入れることで、1年間「まめまめしく働ける」という意味もあるそうで。年の数だけ食べられなかった節分の豆を、お湯にふやかして食べると美味しくいただけるそうですよ。

でも、年配の方が全部食べられないからといって残りを福茶に入れたりしたら、ふやけた豆だらけの豆茶になってしまいますよね。これが本当の大福豆とでもいうんでしょうか。



FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑こちらもついでにポチッとね。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

寒中見舞いおもしろ雑学

1月ももうすぐ終わる頃なのに年賀状のお話を持ち出して恐縮です。
あっ、あの人から来てた、この人からも…出してなかったのに、といって慌てて返礼の年賀状を書いた方もおられるのではないですか。1月7日の松の内までなら大丈夫ですよ。ところが明日書こう、明日出そうと思っているうちに出しそびれ、松の内が過ぎてしまった、なんて人もいるんじゃないですか。
あるいは喪中の家に出さなかったけど、そのままでいいのかなぁと気になっている方、喪中を知らずに年賀状を送ってくれた方への返礼に困っている方もおられるかと思います。
昨年11月に書いた年賀欠礼とくとく雑学でも触れましたが、寒中見舞い状で近況や家族の様子を報告するようにされたらどうでしょうかね。
寒中見舞いは年始の挨拶状というより、基本的に寒さのために相手の健康を気づかう便りですから、最も寒い時期に書くものです。期間にしますと寒の入りの1月5日頃から立春の前の日2月3日頃までなので、今からでも十分間に合います。

年賀状の返礼を出しそびれたとき
そのお詫びを必ず書くようにしてください。またご無沙汰している方へは、家族の様子や相手の健康をいたわることばを書き、最後に無事を祈ることばを添えるようにします。

喪中の方へのご挨拶には
例え喪中とはいえ、一枚も年賀状が届かないのは寂しいものです。ぜひ寒中見舞いとして、近況などを知らせてあげたいものですね。

喪中を知らずに年賀状をくださった方へ欠礼をお知らせしたいとき
年賀欠礼状を出し忘れたか、手違いで届かなかったのかもしれません。お詫びや賀状を頂いたお礼を書き添えて寒中見舞いを出すようにしましょう。

喪中の方に年賀状を出してしまったとき
年賀状を投函後に喪中だったことをうっかり忘れていたのに気づいたりすることってよくありますよね。その場合、電話やはがきなどでお詫びしておきたいものです。そうでないと先方は、喪中欠礼を出し忘れたか、届かなかったのかといった心配をされます。また、事情を知らないで年賀状を出してしまっても失礼にはなりません。その場合、お詫びの手紙や寒中見舞いを出すなど気配りしたいものです。

立春過ぎから2月いっぱいは余寒お見舞い
日本では3月上旬頃までは北日本を中心に余寒(よかん)と呼ばれる冬の寒さが残る時期があります。立春を過ぎてもなお寒さが続く時には「余寒お見舞い」を出すようにします。余寒お見舞いはだいたい2月下旬ごろまでに出しましょう。
書き方としては、必ず冒頭に「余寒お見舞い」と書き始める必要はありません。寒さの様子を書くことで余寒見舞いの形式になりますから。

余寒お見舞いの文例
余寒お伺い申し上げます
名ばかりの春ですが、そちらは今もなお雪が降っているのでは
ないでしょうか。正月には一家で大変お世話になり、
ありがとうございました。
おかげさまで、ふるさとの味を楽しませて頂きました。
季節柄お風邪などひかれないように、くれぐれもご自愛下さいますように
お祈り申し上げます。
平成○年○月

年賀状、寒中見舞い余寒見舞いをはじめ暑中見舞いなど日本には季節の挨拶をしたためるいい習慣があります。ちょっとした便りを出すときの挨拶文として便利な通信方法です。ところが今では電子メールなどが普及し、手紙として出されることが減ってきているようです。メールには基本文例が入力されており、それに自分の言葉を付け加えれば簡単に出来上がりますからね。便利な世の中になりました。
自筆の挨拶状こそ味わい深いんですけどね。おじさんのひがみですかね。

人気アクセとGODIVAチョコレートをセットにしたバレンタインデー特集

大切なあの人に特別な想いをこめて贈ってみようアップロードファイル
おじさんにはその後でいいよ涙っ

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑こちらもついでにポチッとね。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

寒の入りおもしろ雑学

ここ最近寒い日が続いてますよね。そうそう考えてみれば今のこの時期「寒の入り」なんですよね。1年の中で寒さが厳しい時なんですって。そういえば各地で今大雪に見舞われてますよね。皆さんの地域では雪による被害はありませんか。
ところで寒の入りってどういうことなんでしょうね。そこで調べてみました。

日本の美しい四季春夏秋冬を細分化した二十四節気
日本には季節の移り変わりを太陽の通る道に合わせて、24の季節に分けたカレンダーがあります。これを二十四節気(にじゅうしせっき)と呼び、紀元前の中国で用いられていました。二十四節気は春夏秋冬の四季をさらに6個づつ細分化してあります。つまり旧暦の正月、2,3月を春、4,5,6月を夏、7,8,9月を秋、10,11,12月を冬とし、さらに春を立春(2/4)・雨水(2/18)・啓蟄(3/5)・春分(3/20)・清明(4/5)・穀雨(4/20)の6つに分けました。夏は立夏(5/5)・小満(5/21)・芒種(6/5)・夏至(6/21)・小暑(7/7)・大暑(7/23)に、秋は立秋(8/7)・処暑(8/23)・白露(9/7)・秋分(9/23)・寒露(10/8)・霜降(10/23)、冬は立冬(11/7)・小雪(10/22)・大雪(12/7)・冬至(10/22)・小寒(1/5)・大寒(1/20)の合計二十四節気としたわけなんですね。それぞれの詳しい内容は過去の記事(2008年2月4日の節気おもしろ雑学)をご参照ください。

最も寒さが厳しい寒の入り
その二十四節気の内の立春から数えて23番目と24番目が「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」になります。ここから寒の入りと呼ばれ、二十四節気の最後の1ヶ月を示しているんです。今年は1月5日が小寒で、1月20日が大寒です。大寒は立春の前の日2月3日まで続きます。小寒は寒さがしだいに厳しくなっていく頃で、大寒は寒さが最も厳しい頃とされています。「寒」が終わって立春になることを「寒明け(かんあけ)」といいます。
そんなわけで今のこの時期が1年の中で1番寒いんですよ。身体を冷やさないようにして風邪をひかないでくださいね。後20日くらいの辛抱です。

豊漁、豊作を祈願して寒中みそぎ
ところがこの寒いときに元気な人たちもいるんですね。寒のこの季節に武道の特別練習をする「寒稽古」や氷つくような厳寒の川や海で泳ぐ「寒中水泳」は「寒中みそぎ」として毎年恒例の行事にしてるところもあるんですね。北海道木古内町の「寒中みそぎ」は、1月13日から若者4人が神社に籠もり、真水で身体を潔めます。15日にそれぞれ山の神、弁財天など四体のご神体を抱き、ふんどし姿で極寒の津軽海峡に入水、その年の豊漁・豊作を祈願するところもあるそうですよ。
見ているだけでこちらもゾクゾクと寒くなってしまいます。元気があっていいですけどね。夏の海水浴シーズンまで待てないもんですかね、…って下々の者は考えてしまうんですよ。

四季の移ろいを肌に感じる二十四節気めぐり
二十四節気にはいろいろな祭や花、歴史など様々な言葉が「葉」のように生まれ変わります。
伊勢志摩の旅 よいとこせさんご案内による「日本の暮らし二十四節気めぐり 言(こと)の葉草(はぐさ)」をクリックしてご覧いただきながら、日本の歴史を刻む伊勢志摩の自然や暮らし、そして四季の移ろいを感じてみてください。
日付けは2008年で記されてありますのでご了承ください。


ジュエリーならツツミに決まり!当店なら送料無料
創業45年 信頼のジュエリーツツミさんがおすすめする
ダイヤモンドプチネックレス、イヤリング、指輪…
最大50%offのスリーストーンクリアランスセール開催中


FC2ブログランキング参加中!
 
↑こちらもついでにポチッとね。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top