初節句おもしろ雑学

初めての子供の誕生には喜びと子育ての不安がつきまといますね。
また、ご年配の方にとって初孫の誕生に、目尻が下がりっぱなしのお祖父ちゃん、お祖母ちゃんになってませんか。目に入れても痛くない赤ちゃんも、日増しに成長していきます。赤ちゃんの健やかな成長と将来の幸せを祈って祝う行事が「初節句」です。
女の児は3月3日の「雛の節句」(桃の節句とも)、男の児は5月5日の「端午の節句」があり、祖父母や親戚、仲人がひな人形や武者人形を贈ってお祝いします。

内裏雛をはしりに年とともに買い揃えましょう
3月3日のひな祭りにはお母さんの実家から、男女一対の内裏雛を贈るのが昔からのしきたりといわれています。市販の雛壇は5段、7段など豪華で、また高価でもあります。例え生活にゆとりのあるお祖父ちゃん、お祖母ちゃんでもなかなか手が出ませんよね。いいんです。初めから無理をして全部揃える必要はありません。年ごとに増えていくのが良いとされているので、初節句は内裏雛、2年目は3人官女というように、何年かで買い揃えてもかまわないんです。もっとも現代の住宅事情では、雛壇を飾るスペースがない家庭も多くあるでしょう。

2週間前から飾り、終わったらすぐに仕舞いましょう
ひな人形は1~2週間前に飾り、節句が終わったらすぐに片付けます。俗説ですが、いつまでも飾っておくと娘が縁遠くなるといわれてますよ。天皇を表す内裏雛の飾り方は、男雛を向かって左に、女雛は右と言われてますが、地方によって違いがあり、決まりごとはないようです。その前の階段に3人官女、5人囃子を飾ります。ひな壇には桃の花、菱餅、草餅、白酒、雛あられなどを供えます。ちなみに菱餅の3色は桃の花、白酒、草餅の色の象徴なそうです。白酒や草餅は、病気や邪気を払うといわれています。

長男誕生には武者人形、次男には鯉のぼりの贈り方も
ところで、5節句(1月7日人日「七草」、3月3日上巳「桃の節句」、5月5日端午「菖蒲の節句」、7月7日七夕、9月9日重陽「菊に節句」)の中の端午の節句は、男の児の節句です。端午の端は最初で、午は午(うし)の日であり、5月の最初の午の日ということです。
この日は里方から武者人形、兜、鎧、鯉のぼりを贈るのが慣わしですが、長男の初節句に五月人形一式、次男の時は鯉のぼりを贈ることもあるようです。武家社会の江戸時代に、男の児としての立身出世やたくましい成長を願って贈られていたんでしょうね。

菖蒲湯で子供の無病息災を願いましょう
端午の節句は別名「菖蒲の節句」とも呼ばれていました。昔中国では、菖蒲は不思議な力を持つ薬草として知られており、それが日本では魔よけとして菖蒲湯に入ったり、軒下に差したり、枕の下に敷いて菖蒲枕にしていました。現在でも菖蒲湯に入って災いを払う習慣があります。
また、鯉のぼりは中国の登竜門の故事からきたもので、日本でも出世魚とされ、子供の立身出世を願ってたてられました。順序は上から吹流し、真鯉、緋鯉と並べ、子供が生まれたら鯉の数を増やします。最近では住宅事情のことも考えミニサイズも売られているようです。


「おめでとう、新米パパさん。頑張んなさいよ」などと声を掛けてあげたいものですね。初孫だったら嬉しそうにお祖父ちゃん、お祖母ちゃんとしての自慢話に花が咲くかもしれませんね。

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

六輝おもしろ雑学

結婚式やお店の開業日を決めるとき、縁起のいい日を選びませんでした?
何か事を起こすときって気にしますよね。「大安」や「先勝」など、何かするときこの言葉をよく耳にします。

気になりますが、迷信でもあります
六輝あるいは六曜、宿曜(すくよう)といって、冠婚葬祭万事にわたり日取りの吉凶を判断する暦法のことで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいいます。
現代では結婚式や葬式など縁起を気にする儀式などで六曜を基準に行事の可否を決めたりするなど浸透してきました。
元々は、1箇月(≒30日)を5等分して6日を一定の周期とし(30÷5 = 6)、それぞれの日を星毎に区別する為の単位として使われていました。それが14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて中国から日本に伝来したようです。その名称や解釈・順序も少しずつ変えられ、現在では赤口以外は全て名称が変わったそうです。19世紀初頭の文化年間に現在の形になったといわれてます。
根拠のない迷信であること、無用な混乱を避けるなどの理由により、公的機関が作成するカレンダーでは記載しておりません。仏滅や友引という、仏事と関わり合いそうな言葉でありますが、仏教とも一切関係ありません。

六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で繰り返えします。計算の余りによって「六曜」を求めることもできます。「月」「日」には旧暦をあててみてください。
例えば (月+日)÷6=?…余り
余り 0の場合大安、1の場合赤口、2の場合先勝、3の場合友引、4の場合先負、5の場合仏滅
例:十五夜(8月15日) : 8+15=23, 23÷6=3あまり5→仏滅

先勝(せんしょう)「先んずれば即ち勝つ」の意味。かつての呼び名は「速喜」「即吉」。
万事に急ぐことが良いとされます。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」。

友引(ともびき) 「凶事に友を引く」の意味。かつての呼び名は「共引」。勝負事で何事も引分けになる日。「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われます。
友引は火葬場を休業とする地域もありますが、六曜は仏教とは関係がないため、葬儀をする宗派(浄土真宗)もあります。火葬場の友引休業を廃止する自治体も増えています。逆に慶事については“幸せのお裾分け”という意味で、結婚披露宴の引出物を発送したりする人もいます。

先負(せんぷ) 「先んずれば即ち負ける」の意味。かつての呼び名は「小吉」「周吉」。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされます。
「午前中はわるく、午後はよろしい」ともいいます。

仏滅(ぶつめつ) 「仏も滅するような大凶日」の意味。元の呼び名は「空亡」「虚亡」。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれます。
この日は六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣があります。この日に結婚式を挙げる人は少なく、そのため仏滅には料金の割引を行う結婚式場もあります。

大安(たいあん) 「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日とされます。
何事においても吉、成功しないことはない日とされます。
特に婚礼や内閣組閣もこの日を選んで行われます。

赤口(しゃっこう) 陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来します。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされます。
この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつけます。
「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われます。

いちいち吉凶を気にして行動していると、折角のチャンスを逃してしまわないとも限りません。縁起物と考え、ほどほどに取捨選択することがベストかもしれません。

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

義理チョコおもしろ雑学

2月14日はご存知のように、バレンタインデーですね。
最近では小中学生からご年配のご婦人まで、我も我もとチョコレートを買い込んでいる姿が目に付きますよね。きっと自分の恋人や好きな人、身近な人への贈り物として買われるんでしょう。おじさんも時には貰うこともあります。もちろん義理チョコでしょうけどね。
貰って悪い気はしないけど、女性にとっては大変ですよね。本命の男性ならともかく、気もないおじさんの分まで用意しなくっちゃならないから。

2月14日は愛の誓いで熱くなるのかな
いつからこんな悪習、いや楽しみな習慣がついたんでしょうね。
その歴史を探ってみると、西暦269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌス(バレンタイン)に由来する記念日であるとされています。これにローマ神話の女神ジュノーとのロマンスが結びつき、ヴァレンティヌスは愛の守護神となり、愛を語り贈り物を交換することになったのが、2月14日だったということです。
この日は男女の愛の誓いの日とされ、ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人に贈ることができる日とされています。今日のようにチョコレートを贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまったそうです。

健康を考え、チョコの食べ過ぎに注意しましょう
日本でのバレンタインデーにチョコレートを贈る慣わしは、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったのが始まりです。ただ、どちらも結果は芳しくなかったようです。
それがどうでしょう。いまではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されるほどの国民的行事となっているんです。女性が男性に、愛を告白するのが目的だったのが、現在では交際中の恋人や、結婚している夫妻の間、上司、同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にも贈る「義理チョコ」や女性同志で贈る「友チョコ」などもあるそうです。

チョコの習慣なくなればいい??
ここでちょっと注目したい調査結果があります。
2006年2月にインターネットで調査したバレンタインデーに関する独身男女(20代~30代)に対するアンケートによれば、回答した300人のうち「チョコレート受け渡しの習慣なんかなくなればいい」という回答がOLで70%、男性社員は50%であったそうです。ただし、OLの反対意見のなかには、男性から贈られるのであれば賛成とする「ご都合主義的意見」も多かったとか。
また一方では、全国の10代~30代の1,030名の女性からは、「日頃の感謝の気持ちを表す機会」が69%、次いで「コミュニケーションの円滑化」(49%)、「楽しい年中行事」(32%)という回答結果もあるそうです。

おじさんは欧米に逃亡したい!
チョコレートを贈る習慣が定着していますが、なかには会社の庶務係で男性用の「義理チョコ」を用意するところもあるようです。個人的に「義理チョコ」を贈るにしても、プレゼントされたことで、自分に思いを寄せているかと勘違いし、その後ストーカー的な行動をとられてしまう危険性もありますので、くれぐれも注意したいものです。
義理チョコに義理堅いおじさん達は、3月14日のホワイトデーに、そのお返しを大変ご苦労されているでしょうが、欧米諸国には、ホワイトデーの習慣はないそうです。その日だけは、おじさんもそんな国に行ってみたい。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top