節分おもしろ雑学

お父さんが電気を消した玄関めがけて「鬼は外」、
そして明るい室内に向けて「福は内」の掛け声とともに豆をまく。
こんな光景が見れたのは日本だけでしょうかね。
子供心に拾って食べた豆が美味しいこと。
いまは家庭よりもお寺の大きな行事になっているみたいです。

疫病退散の追儺式が始まり
豆まきで知られる節分とは、二十四節気のうち季節の分かれ目である立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指しましたが、農耕民族の日本人は四つの節分のうち、春の節分を農事始めの日として重んじたようです。古来から邪気をはらい、幸福を招くために、豆まきをする習慣がありました。

古い中国の最古の風習で、「鬼やらい」という豆まき行事の追儺式(ついなしき)は、季節の変わり目に起る災害や疫病などの厄を鬼に見立てて追い払う儀式でした。豆を鬼に投げつけるのは、散米の神事儀礼の変型といわれています。日本に伝ったのは非常に古く、平城京(奈良)遷都の直前でした。706年に疫病が流行し、農民の多くが死んだので、朝廷の行事として、鬼やらいを行ないました。おにやらいとしての追儺式が行事として定着したのは、平安時代、鞍馬山に鬼が出たのを三石三斗の豆を打ちつけて追い払ったという伝説に由来するようです。
地方によっては節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられことから、それを追い払うためでもあったそうです。また、福豆を煎じた福茶を飲むところもあります。

夜に福豆を大声でまく
 鬼やらいの行事はやがて庶民に広がり、節分の豆まきは季節の節目の行事として定着したのです。家庭では、この日夕方までに大豆を炒って升に入れ、神棚に供えます。これを福豆といいます。夜に福豆を下ろして、一家の主人がまきます。
まき方としては、まず玄関の戸口をあけ、外に向かって「鬼は外」と二度大声で唱えて戸を閉め、内に向かって「福は内」と二度唱えます。そのあと部屋ごとに窓や戸を開け、同じように唱えて豆をまきます。終ったら自分の年齢の数だけ豆を食べます。これは、マメに無病息災で暮らせるように、という縁起からきているそうです。また、地方によっては自分の年の数より1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるようです。
鬼を神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としています。家庭においても「鬼」の付く姓(鬼塚、鬼頭など)の家で「鬼は内」の掛け声が多いそうです。

その年の年男、年女が豆まき
今年は2月3日が節分ですが、この季節になると、スーパーマーケットなどで節分にちなんだコーナーが設けられ、福豆が売られたり、厚紙に印刷されたおまけの鬼の面を、父親がかぶって鬼の役を演じたりして豆撒きが盛り上がります。
全国の神社や寺院では、氏子や信者の中からその年の干支にあたる年男が選ばれて豆まきが行なわれます。最近では人気力士やスポーツ選手、芸能人などの年男が豆をまいたりしていますね。
小学校では年男・年女にあたる5年生が中心となって豆まきをしたり、神社と幼稚園・保育園が連携し、園児が巫女や稚児として出演するなどそのバリエーションも多くあるようです。

恵方(えほう)巻
節分には恵方巻といわれる太巻きの寿司をたべます。節分の夜にその年の恵方(歳徳神のいる方位)に向かって、まるかぶりするのだそうです。

特色ある全国の主な節分祭・節分会
東北  中尊寺(平泉町、厄男厄女による厄払い招福を祈る豆まき)
北関東 龍光寺(富岡市、園児が厚化粧、裃を着て登場)
     鬼恋節分祭(藤岡市、「福は内、鬼は内」!鬼呼び豆まき)
     鬼神神社(嵐山町、「福は内、鬼は内、悪魔は外」)
     總願寺(加須市、大たいまつの赤鬼、稚児行列)
南関東 成田山新勝寺(成田市、「福は内」有名力士、芸能人が登場)
     増上寺(港区、稚児行列)
     箱根神社(箱根町、厚化粧の少女の巫女たちが水上スキーの鬼に豆を撒く)
     最乗寺(南足柄市、舞妓(京都から出張)の豆撒き)
東海  鬼岩福鬼まつり(御嵩町、「鬼は内」)
北陸   成田山福井別院(坂井市、舞妓の豆撒き)
京都府 八坂神社(京都市東山区、舞妓の豆撒き)
     廬山寺(京都市上京区、三色の鬼が舞い踊る)
     大原神社(福知山市三和町、「鬼は内、福は外」)
     あびこ観音(大阪市住吉区、節分大法会 護摩焚き)
     日吉大社(大津市、破魔矢を射る「放射の儀」)
中国・四国
     吉備津神社(福山市、豆まきのあと焚き火を囲んでほら吹き大会)
     防府天満宮(防府市、神くじにより御神幸祭の神牛役を定めるという牛替神事)
     須佐神社(出雲市、蘇民将来の説話にちなんで茅の輪くぐりや神楽の奉納がある)
九州   阿蘇神社(阿蘇市、ゴマ木まき)

他にも皆さんお住まいの近くで、節分会をしている神社や
お寺があるかもしれませんよ。出掛けてみませんか。
いやっ、家族と一緒に豆まきをされたいという方は、
「まき方」の項でご説明したような要領で楽しんでみてください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

厄年おもしろ雑学

前厄、後厄含め30代女性の半分以上は厄年
厄年とは、人生の中での大きな節目で、特に気をつけなければならない年回りです。女性は数えで19歳、33歳、37歳、男性は25歳、42歳、61歳が本厄とされています。女性の場合、前厄と後厄を入れると、30代のうちの半分以上が厄年と関係していることになります。
そういえば離婚・不倫告発で窮地にたたされた故ダイアナ妃は、当時32歳で本厄でした。中原名人との不倫が発覚した林葉直子さんは、当時31歳で前厄でした。他にも厄年に入院中、空き巣に入られた女性や新車納車3日後の事故で全損した男性など、厄年に降りかかった災難でのエピソードは数多くあります。

厄年は安倍清明が広めた?
厄年のルーツを探ってみると、その起源は中国の陰陽道にあるそうです。これを平安時代に広めたのが陰陽師、安倍晴明(あべのせいめい)で、陰陽道をもとに日時や方位の吉凶が定められるようになり、それと同時に災いを招きやすい年である厄年ができたということです。
ただし現在の「女の厄年は19歳、33歳、37歳」というのが定着したのは江戸時代になってからです。当時の百科事典「和漢三才図会」には、7歳から始まって9を加えた年が厄年と書かれ、「いまは俗に男25、42、61、女19、33、37、男は42、女は33をもって大厄となす。其のよってくる所を知らず、男42の前年を前厄、翌年を挑厄(はねやく)といい、前後3年を忌む」と書かれているそうです。

年齢的にも体力が衰える頃
よく33歳は”さんざん”に、42歳は”死に”に通じるといわれてますが、これは単なる語呂合わせにすぎず、大学教授は「厄年というのは、人生の節目にあたる年。その年は肉体的にも精神的にも変り目の年だから気をつけなければいけませんよ。という警告であって、いわば長い間に培われてきた生活文化なんです。だから決して迷信ではないし、逆にこれほど確なものはない」と話されたそうです。
平成7年度の国勢調査では、女性の離婚率が最も高いのが31~33歳、乳ガンと子宮ガンの発生率が高くなっているのが32歳前後。男性の厄年である41歳付近では、大腸ガン、喉頭ガンの発生率が非常に高くなっているようです。偶然の一致と見逃せるものではありませんね。

数え年は、誕生日前だと +2歳、誕生日を迎えている場合は+1歳を足して計算してください。
厄年でもないのに、「悪いことが続くな」というあなた、数え年はいくつですか。ズバリ「厄年進行形」かもしれませんよ。無事安全に過ごせるよう神前でお祓いを受けておきたいものです。

厄年の年齢表は杉並区阿佐ヶ谷・神明宮のホームページをご覧ください。

八方塞がりにも八方除で運気を
また、住居の移転・改修工事・増改築・水廻りの工事や造園工事などで、犯してはならない方位を犯してしまったことで、悩み事が起きたり病気になることがあるといわれてる八方塞(ふさ)がりは、物事が停滞し災いが起こりやすい運勢です。八方除をして方位の塞がりを取り除き、明るく健やかな生活が送れるよう、御祈祷しておきましょう。
八方塞の年齢(数え年、男女とも平成20年)は次の通りです。
10歳(平成11年生) 19歳(同2年生)  28歳(昭和56年生) 37歳(同47年生)  46歳(同38年生)  55歳(同29年生)  64歳(同20年生)  73歳(どう11年生)  82歳(同2年生)  91歳(大正7年生)  100歳(明治42年生)


厄年には縁起の悪い事態が発生しやすく、あなたばかりでなく、親などの死・火事・家庭内の不和など何らかの凶事が多発するともいわれています。あなた自身も年齢的に体力の低下や反射神経の鈍化など、衰えがあらわれる時期でもあり、健康管理などには十分注意してくださいよ。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

成人おもしろ雑学

明日は成人の日ですね。数年前までは1月15日と決められていたのですが、今はハッピーマンデーといって、1月の第2月曜日と決められたようです。
また今年も大勢の若者が大人の仲間入りをします。

ところで成人になるって、どんなことなんでしょう。
お酒が飲め、選挙権が得られるだけなんでしょうか。

男は「元服」、女は「初笄(ういこうがい)」 が始まり
七世紀、天武天皇の頃、13歳から16歳の間で心身ともに成育した男子に対し、結髪加冠の制が規定されたのがルーツで、奈良時代には、宮中や公家、のちには武家の男性が、15歳になると成人と認められ、おとなの髪に結い直しました。公家は冠を、武家は烏帽子をかぶり、大人の装束をまとって成人の儀が行なわれたのです。これが「元服」であり、「首服」「加冠」「初冠(ういこうびり)」「烏帽子祝」などとも呼ばれました。
女子では、奈良から平安時代にかけて、12歳から16歳までに、垂れ髪を結って笄という髪飾りをさし、女性の正装である裳(も)をつけて成人を祝いました。これを「髪上(かみあげ)」「「初笄(ういこうがい)」などと呼ばれたそうです。

現代では20歳で成人
現在の我が国では民法第4条に年齢20歳をもって成年とする、と明記されており、法的にも飲酒、喫煙、投票などが可能になりました。今では1948年に公布・施行された祝日法により、翌年から1月15日を成人の日として制定されましたが、1998年のハッピーマンデー法による祝日法改正に伴って、2000年より1月第2月曜日には、全国の市町村で盛大に成人式を行なうようになりました。そのルーツは終戦間もない1946年11月22日、埼玉県北足立郡蕨町において実施された「青年祭」だったそうです。
今日では前日の日曜日、又はその年のゴールデンウィークやお盆、あるいは松の内に行う市区町村もあるようです。これは就職や進学で郡部を離れる人が多く、実家に帰省する人が多いお盆や松の内に前倒しして行う方が参加しやすく、晴れ着などに金銭をかけなくて済むという理由からのようです。特に岩手県では、半数以上の町村がお盆に開催しております。

モラル低下の成人式に疑問視
もともと成人式は、成人した青年を行政が祝福・激励し、自立した社会人として責任ある態度でより良い社会を築くことを、社会に啓蒙するためのものでした。しかし、1970年代に入ると、成人式離れがクローズアップされ、最近では新成人が会場に入らない、私語や携帯電話を使い、主催する側の式辞・講演に関心を示さないモラル低下の七五三現象が現れています。一部では、会場で暴れ回り式を妨害するケースも見受けられるようになり、成人式というイベント自体の存在の意義が問われています。

成人式は着物の良さを見直すいい機会
暴れる新成人に困りながらも、成人式では振袖を着用する新成人も多く、呉服業界や子どもの成人の記念に振袖を着せたいという親からの要望、要請もあり、成人式を続けている自治体も多いようです。近年、着物離れが進んでるなかで、若者に日本の着物のよさをアピールできる場として、絶好の機会でもあるのでしょうか。近年では女性のみならず、男性の紋付袴などの着物姿も多くなってきています。

ビールやワインで祝杯
現在では「成人式」は地方自治体や企業の公的祝賀会と見られがちですが、本来は一家の祝い事なので、わが子の成人を家族で祝いたいものです。
家庭で赤飯、尾頭つきの祝い膳を囲み、成人の証しとしてビール、清酒、ウイスキー、ワインなどで祝杯をあげましょう。ホームパーティー形式で、特に親しい人を招いてもいいですし、レストランやホテルのダイニングルームを予約してわが子とともに食事をし、成人として必要なマナーテーブル学んでもらうためにもディナーで祝う方法もありましょう。

お祝いの品々
女性の晴れ着や男性のスーツは、親が贈りますが、最近はレンタルを利用することが増えてます。親戚やごく親しい人からのお祝いは、おとなの装いを念頭におき、本人の希望を聞いた上で、贈るように心がけましょう。
女性には、ハンドバック、ネックレス、イヤリング、ブレスレットなどのアクセサリー類、スカーフ、香水など。男性には、ネクタイ、バック類、ワイシャツ、腕時計、靴、ワインなどが一般的です。
表書きは、お祝いの品に熨斗をつけ、紅白蝶結びの水引をかけて、「祝成人」または、「成人御祝」「成人式御祝」などと表書きします。

必ず本人がお礼の挨拶を
お返しの必要はありませんが、本人が必ず礼状を書くか、口頭でお礼の挨拶を述べるようにします。先方に謝意を伝えるのがマナーです。お礼の挨拶は、必ず本人がするのが成人となった義務と考えましょう。
お祝いの品が高価で、同程度のお祝いをするのが負担な場合は、親に相談してみましょう。成人のお祝いは、しばしば本人よりも家と家のあいだで行なわれるケースがあるからです。

今年も酒に酔った新成人が、成人の式の主役にならないよう願っております。
<参照:冠婚葬祭ネット Wikipedia>

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top