FC2ブログ

津軽石川に伝わる奇祭「又兵衛まつり」

近年にない鮭の不漁が続く宮古市の津軽石川で11月30日、伝説の人物後藤又兵衛を供養する奇祭「又兵衛(またべえ)まつり」が、併せて豊漁を祈願して行われました。
江戸時代の中期頃後藤又兵衛という南部藩の役人が、南部藩管轄の津軽石に出張して来たそうです。其の年は未曽有の豊漁でありながらも、藩に管理され禁漁となっていた鮭を獲ることができず、住民は打ち続く凶作で餓死者が続出していました。これを見かねた又兵衛は神が村人に与えた鮭である、と上流への遡上を堰き止めてあった鮭を住民に自由に捕獲させました。人々は、この又兵衛の慈悲によって救われたのです。が、又兵衛には所轄の南部藩からお咎めがあり、逆さ磔(はりつけ)の極刑に処されました。津軽石住民は、又兵衛刑死の姿に、藁人形を作り、神酒を捧げ、命日である11月30日に霊を慰めました。加えて毎年11月30日豊漁を祈念するようになっていったのです。「宮古のあゆみ」より。
又兵衛まつり①


又兵衛祭りでは逆さ磔になった言い伝えから、Y字型の木に荒縄を巻いた藁人形が津軽石川ほとりの鮭留め付近に建てられ、又兵衛を供養します。伝説ですからどこまで信憑性があるか分かりませんが、ここ数年の不漁を神のご加護で豊漁に転ずることを漁業関係者は願っているようです。
又兵衛まつり②


1985年(昭和60)11月30日には津軽石川の対岸でもある川丁場淵ノ巻に「又兵衛の碑」が完成、除幕式も行なわれたようです。
又兵衛まつり③


鮭が大きく成長して戻ることを願い、津軽石川では毎年「稚魚放流壮行会」を行なっています。第38回を数える今年も4月17日、津軽石ふ化場で採卵、ふ化した体長約6センチほどの稚魚5万匹を、地元の幼児や児童220名が参加して放流しました。4年後に戻る鮭に「またね」「大きくなるんだよ」と稚魚を川に放流した子供たちはかわいかったですね。
又兵衛まつり④


ただ今の二十四節気は「大雪」です。詳しくは12月6日付の「日本の季節・大雪」をご覧ください。次の二十四節気は12月22日の「冬至」です。12月21日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

芸術の秋、和楽の秋、筝曲の音色

秋も深まってきました。北国においては初雪の便りも聞かれ、もう初冬の季節を迎えているところもあります。空気も清澄なこの時季は奏でる音色も澄み渡り、感傷的になったりもしますが、寒ささえ凌げばある意味過ごしやすい晩秋でもあります。
文化や芸術の鑑賞には嬉しい季節。10月半ばからの約1か月間は宮古市民文化会館において、第67回みやこ市民文化祭が行われました。

気を惹いたのは普段触れることが少ない三曲演奏会でした。楽曲3曲だけ演奏するのだとばかり思っていましたが、違ってました(恥)。筝(こと)、三絃(三味線)、胡弓(明治以降に尺八が参入)3種の楽器で編成されているんですね。
この日の曲目は「祝宴」。古典文学の傑作かぐや姫の竹取物語を組曲として作曲された1曲で、かぐや姫の成長を祝った曲なんだそうです。トランペットやギターの音色もいいんですが、和楽の調べは気持ちをゆったりと落ち着かせてくれますね。やはり三曲演奏のメロディーには日本人の心を鎮めてくれる効果があるようです。
②DSC_0636


奏者の琴爪から奏でる独特のやわらかい音色は、心に安らぎをもたらせてくれます。その凄さを堪能するとともに箏の概念を変えてくれます。尺八からは民謡というイメージがありますが、その流れる深い響きからはどこか神聖なものを感じてしまいました。
④DSC_0646 ⑤DSC_0640


展示部門では盆栽展が目につきました。数年前までなら行き過ぎるところでしたが、ふと足を止めてしまいました。写真は文化祭賞に輝いた盆栽です。心に染み入る素晴らしい作品です。1度微に入り細に入り挑戦してみたいですね。真中にパーテーションのつなぎ目が入って作品を阻害しておりますが、修正できませんでした。作者の方には申し訳ありません。
③DSC_0477


会場となった宮古市民文化会館は1970年に開館した歴史ある施設です。50年近く宮古市の文化活動を見守り、支えてきました。沿岸地帯にあった会館は東日本大震災の津波で音響や照明設備が被災。復旧工事を終えた2014年12月、再開しました。今は地元住民の芸能や文化活動の発表の場として利用されています。
①DSC_0486


ただ今の二十四節気は「小雪」です。詳しくは11月21日付の「日本の季節・小雪」をご覧ください。次の二十四節気は12月7日の「大雪」です。12月6日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

話題キャラ案山子集合‼

時ならぬ日本列島を駆け抜けた台風19号。12日には伊豆半島に上陸し、進路にあたる関東、東北の各地に魔の爪痕を残して足早に三陸沖へ抜けていきました。13日には人命や河川の決壊による氾濫などで甚大な被害が明るみに出てきました。
被災された方には心からお見舞い申し上げます。おじさんも被害はあったものの生活に支障が出るほどのものでもなく、呆然としながらも気持ちを建て直してます。

田や畑などの中に設置して鳥などの害獣を追い払うための人形として昔から農家に親しまれてきた案山子。害獣だけじゃなく台風も追い払ってほしいもんですね。
岩手県紫波町の産直施設紫波ふる里センターでは毎年この時季、話題の人物やアニメキャラクターなどをあしらった「かかしまつり」を開催しております。
今年は第15回。一般公募した時の人、話題の人や人気アニメキャラクターなどのユニークな案山子90体が出品されていました。

中でも安倍晋三総理大臣と金正恩朝鮮労働党委員長は珍しい組み合わせです。そっくりさんとしても行けそうですね。何を2人で密約してるんでしょうか。拉致問題で委員長に訴えているんでしょうか。
かかし祭り①


今年1番の話題をさらった環境大臣小泉進次郎さんと、フリーアナウンサー滝川クリステルさん。できちゃった婚ながらなかなかいいカップルです。両者有名人なのにどこで付き合ってたのでしょうかね。隅に置けないです(笑)。まつりではこのカップル、他に2体展示されてました。案山子の世界でも話題が豊富なんですね。
かかし祭り②


ここからはスポーツのキャラクター。何といっても今年の高校野球の話題をさらった岩手県大船渡高校の佐々木朗希投手。最速163キロ右腕はプロ志望で今年のドラフト超目玉です。お隣の大谷翔平選手はMLBエンゼルスの二刀流大リーガー。奥州市出身で花巻東高卒。2013年日ハムに入団し、2018年に大リーグに移籍しました。今年は打者に専念し活躍しましたね。
かかし祭り③


同じく大リーグマリナーズに今年入団した菊池雄星投手は盛岡市出身で花巻東高卒。大谷翔平選手の先輩です。真ん中は八村塁選手。富山県出身の日本の男子バスケットボール選手です。今年のNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けました。八村塁選手も特徴をとらえてますね。令和おじさんって誰でしたかね。おじさんには人気キャラクターが分からなくて。前髪の剃りあがりに特徴があるのかな。
かかし祭り④


この人は分かります。岩手県八幡平市出身のスキージャンパーですね。ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で総合優勝を遂げた小林陵侑選手です。県内では知らない人がいない位です。凄いですね、本人にはオーラがありますよ。
かかし祭り⑤


かかしまつりが開かれている峠の駅・紫波ふるさとセンターは農産物直売所で、豊かな自然の恵みを受けたおいしいフルーツの里です。10月27日まで開かれている「かかしまつり」の会場内では、ぶどうやりんご、なしなど旬の果物をテント販売してました。
かかし祭り⑥


ただ今の二十四節気は「寒露」です。詳しくは10月7日付の「日本の季節・寒露」をご覧ください。次の二十四節気は10月24日の「霜降」です。10月23日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
48位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top