• 2017
  • 01/20
  • Fri

二十四節気の締めくくり「大寒」

170120出初式

1年で最も身を千切るような酷寒の季節。
豪雪を伴いながらも地域によっては乾燥した晴れの日がつづく大寒。
太平洋側では火災が発生しやすい気象条件が続きます。
火の元の注意は誰氏にも課された安全標語。
もしもの時の心強い火消し役は地元住民の消防隊です。
1月に行われた出初式は人々への警鐘でもあります。

1月20日は二十四節気の「大寒」です。
大寒を乗り切れば、季節は陽春へと向かいます。
2月4日からは寒も明け、新しい二十四節気の始まる立春。
いきなり春とはいきませんが、野山には緑が芽生え、
里の雪はゆっくりと融けはじめます。


二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第二十四節気 大寒 だいかん            1月20日~2月3日

1月20日からは四季も一巡し、二十四節気最後の大寒となります。
冷え込みも激しく、寒さが最も厳しい頃です。究極の冬を迎え、豪雪地帯では連日の除雪に体力を消耗しているかもしれません。雪の少ない地方でも、今冬一番の寒気団が張りつき、極寒の冷え込みを記録しています。大寒は「寒の内」の真ん中で、最低気温が観測されるのもこの頃です。

万物を凍らせる厳しい寒さを迎える中で、武道などは寒稽古を行ない、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれるのもこの時期です。
寒稽古などの荒療治で大寒を克服することもありますが、先達から古来承継されてきた日本伝統の食文化で風邪を予防したり、滋養を強壮しながら大寒を乗り切る方法もあります。

最も寒さが厳しい大寒は空気中の雑菌が少なく、水質も良いとされています。このことから様々な食べ物を仕込むこの時期を大寒仕込みといい、家庭の食卓を潤す味噌はこの頃に仕込まれます。発酵食品である味噌は生きている酵素や菌を頂くことで、自然と体調を整えることができます。
またこの時季仕込まれるのが酒の寒仕込みです。水は酒にとっての命。大寒の頃の水が一番安定して雑菌が少ないことからこの時期に酒造りが始まります。
寒の時期に仕込んだお酒は3月頃、新酒の利き酒として蔵出しされます。水、米、麹、酵母などの組み合わせで出来上がるお酒の味は、酒造りの技術に熟達した杜氏たちにより十人十色。その組み合わせの一つ一つが全国の蔵元の味となります。


下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第七十候から第七十二候までと大寒前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



人気ブログランキングへ


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2017
  • 01/15
  • Sun

権現様の身固めで商売繁盛

170115神楽門うち①

宮古市にある国の重要無形民俗文化財に指定され、昨年11月10周年記念公演を行った黒森神楽(詳しくは国指定文化財の神楽に酔う、興味のある方はこちらも寒の入りですをご覧ください)。
黒森神社に伝わる黒森神楽は毎年正月になると陸中沿岸の集落を回る巡行が行なわれます。約2ヶ月間にわたり、久慈方面へ北上する北廻り、釜石方面へ南下する南廻りと隔年で廻り、家々の庭先で権現舞を舞って悪魔祓いの祈祷をします。

今年も間もなく始まる釜石、遠野方面南廻り巡行に先立ち、先日1月7日毎年恒例となっている市内商店街の店頭で権現舞を舞う門打ち(かどうち)が行なわれました。米や塩、酒などを用意して神楽衆をお出迎えした店主や従業員は家内安全や商売繁盛を祈っていただきました。

170115神楽門うち②
鉦や太鼓の賑やかな音で舞う権現舞を神妙な面持ちで聞き入り、この1年の商売繁盛や無病息災を願っておりました。

170115神楽門うち③
この後、権現様(獅子頭)が店主や従業員の頭や肩を噛む「身固め」によって、1年の安泰と繁栄を祈願しました。

170115神楽門うち④
東日本大震災の津波で被害を受けながらも、毎年祈願しているお店は繁盛しているのかもしれません。商店街を歩くたびに閉店の看板が目につく現況をよそに、繁盛店には権現様の効果が表れているようです。

170115神楽門うち⑤
門打ちを見に来ていた子どもたちも神楽衆の身固めの動作に、珍しさと興味で固まっていたようでした。
昨年の台風10号による被害を受けるなどダブルパンチを受けた方などは、藁をもつかむ思いの権現様々かもしれません。

私も権現様に噛んでもらって無病息災を祈願してもらえばよかったですね。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気の「小寒」、七十二候の第六十七候から第六十九候までと小寒前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。




人気ブログランキングへ

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

  • 2017
  • 01/10
  • Tue

心に誓う二十歳の主張

170110成人式①

1月9日は成人の日。昔は「元服加冠の儀」でした。
全国の新成人は今年1月1日の記録で推計123万人。昨年から比べると2万人増えているそうです。
きらびやかな晴れ着の新成人が会場前で歓談しているのを見ると、遠い昔に成人した自分の姿が甦ってくるようです。
新成人が生まれた平成8年頃にはたまごっちやプリクラが流行し、猿岩石の無謀なヒッチハイクが話題を集めました。新成人は知らないかもしれませんが、我々には懐かしく思い出されます。

170110成人式②

170110成人式④
成人の日の前日に行われた地元宮古の成人式には、新成人672名のうち473名が出席。
午後2時から市民会館で行われた式典では各界からの祝辞が、そして新成人を代表して消防士の佐々木健光さんと大学生の佐々木真琴さんからは二十歳の誓いが力強く述べられました。

170110成人式③
東日本大震災で被災した三陸鉄道の復興や草野球チームに支援していただいたネスレ日本の槇亮次マーケティング部長からは、新成人に期待する祝辞がありました。
神戸にあるネスレ日本の本社も阪神淡路大震災では被災しており、同じ震災で被災した東北を何らかの形で支援できないものかと思案していたそうです。
たまたま津波で被災した三陸鉄道を知り、支援に乗り出したのがきっかけでプロジェクトを立ち上げ、地元に草野球チームを創設することになりました。そのチーム名もネスレ日本の商品「キットカット」にかけ、きっと勝つ「三陸鉄道キットドリーム」。マスコットの「バッファローマン」と共にチームを牽引しております。
祝辞では「こどもは4歳までに質問が多く、大きくなると分かったふりをして聞かなくなる」という話から、新成人への期待と願望を語ってくれました。

170110成人式⑥
この後ステージでは創立45年の地元山口太鼓が、振り袖姿で飛び入り参加した新成人と共に太鼓を演奏。会場内の新成人と共に成人式を祝いました。

太鼓の“乱れ打ち”で大人への仲間入り。巷では壇上への乱入などで式典に迷惑をかけた地域もあったようですが、こちらでは平穏に終了しました。

自己主張したい気持ちは分かりますが、解禁なったばかりの酒を飲み、暴走車を飛ばすなど、人に迷惑をかけるような自己主張はいけません。
自分1人で二十歳になったのではありません。育ててくれた方々や祝ってくれる方々に感謝し、冷静になってお互い気持ちのいい成人式を祝いたいものです。それが大人への入り口なのではないでしょうかね。

数十年前の成人式に多忙と共に晴れがましい席が苦手な私は出席しませんでした。その頃は粋がっていたのかもしれません。今振り返ってみると一生に一度しかない成人式に欠席したことを悔やんでいます。
今年の成人式でも約200名の方が欠席されております。仕事の都合や遠距離などそれぞれの理由があるかもしれませんが、人生の節目でもあるこのような式典には都合をつけてでも出席しておくべきです。
それと無謀な行為は相手を傷つけるばかりではなく、後々自分の馬鹿さ加減を恥ずかしく思う時が来るはずです。


下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気の「小寒」、七十二候の第六十七候から第六十九候までと小寒前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



人気ブログランキングへ



テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top