FC2ブログ

農作業の骨休みだった雑節半夏生

妖怪が徘徊する半夏生
7月2日から6日までは七十二候の第三十候「半夏生(はんげしょうず)」です。
半夏は夏至から数えて11日目の雑節のことで、7月2日頃にあたります。この頃に降る雨は「半夏雨」(はんげあめ)と呼ばれ、梅雨の後半にあたり大雨になることもあります。
この日は、農家にとっては大事な節目の日で、この日までに農作業を終え、その後の5日間を休みとするところもあるようです。ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしてはいけないという戒めになっているそうです。

半夏生

半化粧高じて半夏生
半夏生は、植物の半夏のことで、半夏は、カラスビシャク(烏柄杓)というサトイモ科の植物です。山や畑に自生する多年草で、雑草とされます。この時期の半夏は、葉の半分ほどが白くなり化粧しているように見えるところから「半化粧」「片白草」とも呼ばれ、それで半夏生といわれるようになったそうです。
先日、山に登ったとき、半分白い葉を見つけました。「あっ、半夏生発見!」と思ったのですが、帰宅してからよく調べて見たら単なる笹の葉が白くなっているだけでした。笹も半夏生することがあるんですね。

さば、小麦餅、たこを食べる風習
また、半夏生ずには、福井県ではさば、奈良県では小麦の餅、関西地方ではたこというように、各地域でさまざまなものを食べる風習があります。「たこの足のように稲がしっかり根を張るように」というような、それぞれにいわれがあるようで、ここにも日本の文化が垣間見られますよね(詳しくは過去記事2011年7月1日「田植えの最終目標だった半夏生」を参照)。


いいじゃない!このパソコンメガネ

PCメガネ

最近長時間パソコンの使用で「文字がぼやける」「光がギラギラする」などのドライアイを訴える方が多く見られるようです。その原因の一つとみられているのが「ブルーライト」。
ブルーライトとは、液晶モニターにバックライトとして使用されているLED(発光ダイオード)のことで、網膜まで届くエネルギーがもっとも強い青色光のことです。パソコンだけではなく、テレビやスマートフォンなどの液晶画面から発せられる青い光が目に影響するのだそうです。
最近では画像がきれいに見える液晶モニターが普及していますからね。パソコン三昧の私もWindows8に変えてから疲れが激しくなり、目の周りには太陽の周辺に虹色のリングが浮かび上がる「日暈(ひがさ)」のような現象が見えるようになってきました。ディスプレイの設定を調整すればいいんでしょうけどね。見やすいためついついそのまま使っています。
目薬をさしたり、冷やしたりするのも面倒くさいので、目が疲れないというパソコンメガネをかけてみました。このブルーライト対策と銘打ったメガネ、なかなか優れものです。以来日暈現象も少なくなり、長時間かけていても疲労度はあまりありません。というかパソコンメガネを掛け忘れていると、目に涙が滲んできます。メガネ自体が軽いから掛けていることを忘れてしまうのですよ。
うっすらとブラウン色のついたレンズからは、ブルーライトを55%もカットするんだそうです。パソコンやスマートフォン、テレビ、ゲームなどで1時間以上液晶画面をご覧になる方に、ぜひお勧めします。ネットショップで買ったんですけど、送料込みでも1500円くらいからお求めできますよ。
と、ちょっと宣伝してしまいました。ショップの回し者ではありませんから、強くお勧めするものではありません。その人の体質や考え方もありますからね。
少し先になりますが、10月10日「目の愛護デー」を前に、どうぞ大事なご自分の目はご自分でお守りください





参考サイト:ぴおBIGLOBE、七十二侯がまるごとわかる本
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

二百十日は嵐の前触れ!だった

先日沖縄県を通りぬけた台風15号。先行していた14号が道草を食っている間に追い越してしまいましたね。まるでうさぎと亀の競争みたいでしたけど、皆さんのお住まいに被害はありませんでしたか。一方では雨も降らず、日照りによる干ばつ状態が続いている地方もあります。小さいながらも日本列島、自然の悪戯は容赦なく降り注いでいるようですね。野菜の高騰に響かなければいいんですが。

稲穂

さて8月31日は雑節の二百十日です。二百十日は立春から210日目にあたり、稲穂が頭を垂れるこの頃から嵐がやって来るといわれておりました(詳しくは過去記事2009年8月31日「季節が移り変わる季節点だった二百十日」を参照)。
実際に台風の来襲は10日後の二百二十日の方に多く見られるようです。観測技術の発達した今でこそ台風の予測は正確に分りますが、気象学の乏しかった昔は、台風の影響は農業にとっても漁業にとっても大きかったんですね。このため昔の人は八朔(詳しくは過去記事「季節が移り変わる季節点だった二百十日」を参照)を含め、二百十日や二百二十日を三大厄日として怖れられていたんですね。

暑さも鎮まる処暑の次侯「天地始粛」。今年は台風4号の上陸や豪雨で九州北部地方は甚大な被害を受けてますよね。過去大きな台風といえば昭和34年に襲った伊勢湾台風がありますね。紀伊半島に上陸した伊勢湾台風は4700名余の命を奪い、犠牲者の数では戦後最大といわれてます。
さてこの台風。熱帯海域で発生した低気圧が、偏東風に乗り勢力を拡大しながら日本に近づいてきますよね。北半球の低気圧の気流は、地球の自転で生じるコリオリ力と呼ばれる力によって、反時計回りに吹くのだそうです。南半球は時計回りになるんですね。コリオリカは赤道上では働かないので、台風は発生しないんだそうです。

ちなみにインド洋、南太平洋に発生する熱帯低気圧をサイクロン、太平洋(赤道以北、日付変更線以東)、大西洋に発生する熱帯低気圧をハリケーン、東アジア周辺の太平洋(赤道以北、日付変更線以西)に発生する熱帯低気圧を台風(タイフーン)と呼んでおります。
規模を表す言葉に「大きさ」があります。風速15m以上の強風域が半径500km以上のものを「大きい」または「大型」、半径800km以上のものを「非常に大きい」または「超大型」と呼びます。半径800kmとなると、その大きさは日本をすっぽりと覆ってしまうほどですから、どれだけその勢力が大きいかが分りますよね。

風速15m以上の強風域では、看板が飛んだり、植木鉢が飛んだりする恐れがあります。25m以上では、屋根瓦が飛んだり、人は立っていられない程の強い風、30m以上になると、屋根ごと飛んでいったり、家が損壊する危険がでてくるそうです。昨年暮れ物置小屋の屋根が吹き飛ばされる突風がありましたが、この時は瞬間風速30mはあったんでしょうかね。昔、故石原裕次郎さん主演の「風速40米」という映画がありました。大人でも吹き飛ばされるかもしれない、想定外の強風ですよね。

雨台風、風台風と並んで怖いのが雷鳴です。今頃の時季降る夕立は稲妻を伴い雷を落とす豪雨が頻繁にあります。夜でも一瞬あたりが明るくなるような稲妻、稲光は放電時に1万度以上にも熱せられた空気の膨張なんですね。この時音となって伝わるのが雷鳴で、野外でこの雷鳴に遭遇すると大変危険です。
ゴロゴロと雷鳴が聞こえ始めたら、雷は15㎞から20km以内の場所まで近づいていると推測されます。決して安全な距離ではなく、いつでもそばに雷が落ちるおそれがあります。
雷様におへそを取られないよう早めに身を守ってください(笑)。

二百十日、二百二十日が過ぎるまで油断大敵です。思わぬ被害、お気をつけくださいね。



岩手県南ひとめぼれ
9月はお米の収穫期。岩手県南米は安全です。
このお米を食べずにおいしいお米は語れません。極上のお米ひとめぼれ。もちっとしたやわらかな食感と絶妙な粘り。
ツヤ・甘み・固さ、すべて申し分なし。炊きたてもおいしいけれど、冷めてもおいしいですよ。
きっとお宅の食卓を盛り上げてくれます。

ひとめぼれ新米はもう少しお待ちくださいね。




参考サイト:Wikipediaこよみのページ奈良地方気象台JAL天気情報gooお天気豆知識

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

お盆にも修業できなかった餓鬼大将

お盆も終わりましたね。皆さんのお盆休みはいかがでしたでしょうか。海外旅行や国内の温泉旅行に行かれましたか。それとも郷里に帰省し、皆さんと一緒にお墓参りや迎え火、送り火で花火でも楽しまれましたか。
私もブログ休暇をとりリフレッシュさせていただきました。とはいえ田舎のお盆はお墓参りをはじめ、盆棚の設営、親戚回りなどいろいろな習慣があって意外と多忙なんですね。結局ゆっくり休めませんでした(苦笑)。

盆踊り

お盆行事の一つに、施餓鬼会(せがきえ)があります。私の菩提寺でもお盆の最終日、施餓鬼会の法要がありました(曹洞宗では施食会(せじきえ)と言う)。本堂に施餓鬼壇を設け、五色の幡(はた)にそれぞれ如来の名前を書き、壇上には「三界万霊」と書いた大きな位牌を安置し、食べ物やお水をお供えしてあります。その年に亡くなられた方々の霊、いわゆる初盆を迎えた霊を供養するのだそうです。この菩提寺では年末の大晦日にも施餓鬼会が行われ、終わると境内の梵鐘で除夜の鐘を撞くのが習わしになってます。
この日はご住職の読経に始まり、お念仏が唱和されました。そして最後にご参加の皆さんに施食が施されます。これは飢えに苦しむ生類や弔う者もいない死者の霊に、飲食物を施し供養したことから由来したものなんですね。もともと、延命・長寿の法要であったものが、何時しかお盆と一緒に行うようになったんだそうです。

「まだ餓鬼のくせして、生意気な奴だ」などと、いたずら盛りの子どもをののしっていうことがありますよね。でも元来「餓鬼」というのは、生前の罪のむくいで、餓鬼道に落ちた亡者のことを言うのだそうです。
餓鬼道とは、仏教で説く、生死を繰り返す迷いの世界、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道の六道、あるいは悪行を重ねた人間が死後に「趣く」といわれる3つの下層世界(地獄道・餓鬼道・畜生道)を指す三悪道(さんあくどう)の一つで、ここに落ちた者は、不浄のところにおり、常に飢えと渇きに苦しんでいるそうなんです。餓鬼道に落ちた亡者は、しきりに水や食物を欲しがるが、腹ばかりふくれあがり、のどは針のように細く、物を飲み食いしようとするたびに、その水や食物は濃い血膿や炎と化してのどを通らない。まことに悲惨きわまる、やせひからびた姿として喘いでいるそうです。

餓鬼には「無財餓鬼」と「有財餓鬼」とがあり、前者は常に物を欲しがる類であります。後者は豊かな金品に恵まれながらもけちんぼで、一層欲心をつのらせ、そのためにかえって苦しむ類なんだそうです。子どもを「餓鬼」と呼ぶのは、無財餓鬼から来たものでしょうね。財産などなく常々お金がほしいと思っている私は当然無財餓鬼です(笑)。

施餓鬼会の教えにはこんな話があります。
お釈迦様(釈尊)の十大弟子の一人である阿難尊者(あなんそんじゃ)が、一人で瞑想している時、口から火を吐く一人の恐ろしい餓鬼があらわれ「お前は3日後に死んで、我々と同じ恐ろしい餓鬼道に落ちる」と言いました。恐れおののいた阿難尊者が、どうしたらそれを免れることができるかを釈尊に尋ねたところ、釈尊は、「その苦から免れたければ、三宝(仏・法・僧)に供養しなさい。また無数の餓鬼たちに食物をほどこして供養した功徳(くどく)により、餓鬼も救われ、その功徳によってお前も救われるだろう」とお答えになったそうです。
阿難の求めに応じて釈尊が示された修法が、今の施餓鬼会の始まりなんですね。

施餓鬼会はお寺の年中行事の一つとして、お盆の頃におこなわれることが多く、新亡の霊や先祖代々の諸霊を供養するとともに、無縁仏や餓鬼に施しをする法要であります。さらに自分自身の「餓鬼」の心を反省し、あわせて自分自身の福徳延寿(ふくとくえんじゅ)を願うありがたい法要なんですね。

このお盆も私は自分への飲食しか施せない餓鬼でした。まだまだ修業が足りないんですね。餓鬼道に落ちないようしっかり修業しなくちゃ(笑)。



参考サイト:天台宗法話集浄土宗公式ホームページ
画像提供:写真素材足成

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
45位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top