師走!! 年内犯した小さな罪を悔悟!

明日から12月。師も忙しく走り回る師走です。師とは誰のことかというと、教師、ご存知の通り、いわゆる学校の先生ではないんですね。師走と呼ばれていた奈良時代に、学校の先生などという職業はありません。

永平寺 「104歳の禅師」・「修行の四季」 [DVD]

師とは大辞泉によると、人を教え導く人。先生。軍隊。僧・神父・牧師などを敬う語、と出ております。ここでいう師とはお寺のお坊さんのことなんですね。それではこのお坊さんがなんで12月は忙しく走り回っていたんでしょうかね。寒さに耐え切れない人々の死による葬式で忙しかったのでしょうか。
実は葬式で忙しかったわけじゃないんですね。

一説によれば、昔は各家で、その年内に犯し気づかなかった罪を悔い、年越し月の12月、その罪を消し去るため僧侶を招き仏名会(ぶつみょうえ)を行っていました。そのため12月は師が走りまわる師走(しはし)り月が師走(しわす)になったと言われていますね。平安末期の「奥義抄」には、「僧をむかへて経を読ませ、東西に馳(は)せ走るが故に、師走月といふ」とあります。
この師とは、伊勢の神宮を始め、著名な神社やお寺の新しい暦や神札を配布し、新年の参詣の勧誘をして宿泊などの世話をする御師(おんし)のことを指すとも言われているようですね。

伊勢神宮<現代に生きる神話> (講談社文芸ヴィジュアル)

「日本書紀」には「十有二月(しはす)」、「万葉集」には「十二月(しわす)」とあり、古来から12月を「しわす」と呼んでいたようです。師走とは後世の当て字なんですね。
ほかに、1年の終わりの12月は万事を為(し)終えるので「為終(しわ)の月」、年が果てるので「年果(としは)つ月」、四時(四季)の1年が極まったので「四極月(しはつづき)」、などが「しわす」になったとも言われています。他の月名に、極月(ごくづき)、親子月(おやこづき)、春待月(はるまちづき)、臘月(ろうげつ)、茶月(さげつ)、三冬月(みふゆつき)、弟月(おとづき)、限月(かぎりのつき)、などもあります。
春待月、蠟月、三冬月。なんとなくロマンが漂いますね。師走の忙しさをも忘れてうっとりしそうです。

江戸時代には12月の年越しを迎えると、手習い所の師匠は弟子や門下生に正月くらいいいものを食べてもらいたいと、金銭の工面に走り回っていたそうです。それを皮肉って町民は師走と揶揄していたそうですが、江戸っ子も洒落っ気があったんですね。





参考サイト:にっぽん文明研究所つぶやき古道
写真協力:ブログ用の写真検索さん

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

誤解が生んだ日本の水引文化

4月も半ば。地域によっては春爛漫です。桜も関東北部付近まで来て、足踏みしているようです。津軽海峡を渡るのは5月に入ってからでしょうか。北海道の皆さんもう少しの辛抱ですよ(笑)。
春らしい陽射しが続けば今度は暖房器具とのお別れです。冬の間頑張ってくれたエアコン、ホットカーペット、こたつにファンヒーター。もう片付けられたでしょうか。来シーズン気持ちよく使うためにも、しまうときはきちんとお手入れをしておきたいものですね。どの暖房器具も、ホコリをきれいに取り除き、きれいに掃除しておくと燃焼効率が上がり、来シーズンの省エネ&節約にもつながりますよ。

《手漉き 赤鶴》祝儀袋☆のし袋通販☆金額の目安:3万円位~

桜花爛漫とともに華やかさを彩るのが結婚式。結婚式のハイシーズンといわれるのが、9月10月の秋とともに3~6月のこの時季です。披露宴会場にはウエディングドレスに身を包んだ新郎新婦のカップルで埋まっていますよね。お2人を祝福する友人知人も楽しそうです。

お祝いの気持ちを表すご祝儀。そのご祝儀を包むのがのし袋ですね。のし袋(紙)にもいろいろ種類があります。ご祝儀の金包はもとより、贈答品などにも使われていますよね。そののし袋に付けられている水引。水引は贈り物やお金包みをしっかりと結び止めるために使われます。
結婚式などの慶事には紅白、金銀、金赤などで5本、7本、9本などの奇数で、弔事一般には黒白、白銀、銀のみ、白のみを使い、本数は偶数にするのがしきたりです。

その昔、室町時代の日明貿易において明からの輸入品の箱全てに赤と白の縄が縛り付けられていたんだそうです。この縄は明側が輸出用の品を他と区別するために使用していたに過ぎなかったのですが、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣と誤解し、以後の日本で贈答品に赤と白の紐をかけるようになったということなんです。誤解が今の日本の文化になってしまったんですね。

そしてこの水引には結び方によって意味があります。大別して一度結んだらほどけない結び切りと、ほどいて何度も結ぶことのできる蝶結びがありますが、結婚や弔事など2度とあってほしくない時に使うのが結び切り。結び切りの一種のあわじ結びと区別して「真結び」とも呼び、結婚祝いや快気祝い、病気見舞い、香典、法要などで使います。一方の蝶結びは出産や入学、お歳暮、お中元、賞品、心付け、お年玉など何度繰り返してもよい祝い事として使われます。

そしてもう一つ、のし袋の右上に付いている折形。紅白の紙を細長く六角形になるようにひだをつけ折り込んだ短冊状の紙が付されておりますが、これをのし(熨斗)といいます。「のし」は正式には「のし鮑(あわび)」といい、昔、貝の鮑をのして使っていたからなんですね。鮑を薄く伸ばし、「魚も添えてお送りします」という意味をあらわしたとされます。のしは「伸ばす」という意味を兼ね、慶事や祝い事では「縁を伸ばす」というので喜ばれますが、弔事には「引き伸ばす」という意味を嫌って、のしは一切使わないことになっています。

正式な贈り物には包み紙に水引をかけて「折りのし」をつけますが、略式のときはのしと水引が印刷されているのし紙(かけ紙)を使います。折りのしには両折りのしや片折りのしなどがあり、折り込まれかたによって真・行・草などに分類され、結婚には「真」が用いられます。今日ではのしの簡略化が進み、折りのしが印刷されている「印刷のし」、いわゆる「文字のし」「わらびのし」「松葉のし」なども多く見られるようになってきてますね。

伊勢神宮では、古来の製法で調製されたのし鮑を、6月と12月の月次祭(つきなみさい)、10月の神嘗祭(かんなめさい)で奉納されるそうです。何気に使っているのし袋ですが、古来から引き継がれた伝統文化なんですね。こののし袋には表書きのルールもあります。機会がありましたら表書きのしきたりも覗いてみたいと思います。



参考サイト:Wikipedia冠婚葬祭マナー&ビジネス知識冠婚葬祭マナー百科、テポーレトクトク便り(Vol.288)
画像提供:ブログ画像ゲッター

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

健康や美容に効果的な座禅

「春眠暁を覚えず」と言いますが、春はやはり眠いですね。そうでなくても今の日本は24時間社会と言われる位、夜遅くまで働いたり、シフト制のお勤めをされており、帰り道に立ち寄るコンビニやスーパーなどは夜通しまぶしいほど光輝いていますよね。帰宅後は、テレビを見たり、パソコンや携帯電話を眠る直前まで使用していませんか。眠いのは季節的なものだけじゃじゃないですよね。こういう環境で、夜になっても眠れないという症状を「現代型不眠」というそうです。
夜間に光を浴びることが多くなったことにより、生活リズムや昼夜のメリハリが崩れ、不眠を訴える人が増えているんですね。睡眠は、食事、運動とともに生活習慣の三大要素。不眠が続くと、睡眠のメカニズムでもある「体内時計」に乱れが生じてきます。たかが不眠と放っておくと、高血圧、糖尿病、肥満、うつなどさまざまな病気を引き起こすとともに、心筋梗塞、脳卒中などの危険症状を誘発しかねません。
あなたは大丈夫ですか。現代型不眠に思い当たる方はこちら「現代型不眠セルフチェック」からチェックしてみてください。チェックの多かった方は早めに医師に相談してみてくださいね。

坐禅身法~身体哲学の実践~ [DVD]

ところで息苦しい日常から心を切り離すリラクゼーションとして一時期ブームとなった「座禅」。座禅がもたらすゆっくりとした時間は、忙しい毎日を送る現代人にとって、心を緩める癒しの場として、私たちの日常に溶け込んできました。座禅をすることにより、脳神経が活性化され、身体のバランスや心の平穏を保ち、健康や美容にも効果的だと言われているんですね。

禅はもともと、インドの香至(こうし)国王子で、60歳で中国に渡った達磨大師によって確立されました。
「だるまさん、だるまさん、にらめっこしましょ」などと、昔の遊びにも名前が出てくる達磨大師。 9年間、壁に向かって坐禅をし続けたことは有名で、坐りすぎて足と身体が一つになったという俗説もあります。商売繁盛や合格祈願などに用いられる縁起物のだるまさんも、この俗説に基づいているんですね。

日本に禅の思想が伝えられたのは鎌倉時代ですが、この無骨な精神性が武士達に注目され、室町時代に大きな広がりを見せたんですね。日本で禅宗と呼ばれる宗派には、お茶を伝えた栄西の臨済宗と、精進料理の心を説いた道元が開祖したといわれる曹洞宗がありますが、どちらもこの時代に誕生しています。

二つの宗派による座禅には、それぞれの作法や思想が盛り込まれているようです。とんちで有名な一休さんがいた臨済宗では、座禅のことを看話禅(かんなぜん)と呼び、厳しい問答が重視される気風ですが、座禅において問答は行わず、座禅が終わると法話を聞かせてくれるところもあるようです。
一方の曹洞宗の座禅は黙照禅(もくしょうぜん)と呼ばれています。これは壁に向かって座り続けた達磨大師の面壁座禅が基本になっているようです。開祖道元は「只管打坐(しかんたざ)」という教えから、ひたすらあるがままに座禅に打ち込む姿勢を説いています。

座禅は、身体の調子を整える腹式呼吸が大切であります。横隔膜が大きく動き、内臓が刺激され、その結果消化機能の強化や便秘の解消、冷え性の改善など、基礎代謝が上がることでダイエット効果が高まります。さらに腹筋が鍛えられることで腰痛予防にも役立ちます。意識的に呼吸のリズムを整えることにより、不安を抑制し、ストレスに対する耐性がつき、感情の暴走を制御する力がつくことになるんだそうですね。

座禅はふつう線香一本が燃え尽きる時間(約40分~1時間)を一回としますが、初心者の最初は5分でも10分でも構わないそうです。とにかく座って、「調身」「調息」「調心」、いわゆる身体と呼吸と心をととのえることが大事なようですね。
別窓で「座禅の基礎知識」と曹洞宗の「坐禅の作法」を取り上げました。興味のある方はぜひアクセスしてご覧ください。



参考サイト:All About曹洞宗公式サイト大心堂ホームページそれ行け宿坊研究会
画像提供:ブログ画像ゲッター

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top