3月3日はひな祭り、耳の日、曲水宴

いよいよ3月に入りましたね。関東では昨日久々の雪に見舞われたようですが、3月といえば季節はもう春です。一雨降るごとに気温があがり、春に近づいていきます。日差しも徐々に暖かくなり、萌えだす草々もさらに成長してくるでしょう。今年は例年になく厳しい冬だっただけに、小鳥のさえずる春が待ちどうしいですね。
【新作雛人形】【平飾り雛人形】【柿沼東光】曲水の宴【7人飾りひな人形】【木目込み雛人形】k3-1

さて3月弥生、といえば五節句の一つ、3月3日の上巳(じょうし/じょうみ)の節句で、ひな祭りですね。
「上巳」は上旬の巳の日の意味であり、元々は3月上旬の巳の日でありましたが、古来中国の三国時代より3月3日に行われるようになったと言われているようですね。
旧暦3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれていましたが、平安時代、貴族の子女が健康と厄除けを願ったのが始まりとされています。江戸時代になると庶民の人形遊びと節句が結びつき、紙製の形代(かたしろ)に穢れを移して川や海に流し、災忌を祓っていたんだそうですね。流し雛はその風習を受け継いだものです。(詳しくは過去記事→2010年3月1日「3月3日は無病息災を願った桃の節句」を参照)

女の子のいる家ではもう既にひな飾りを飾っておられるでしょうね。七段飾りのひな飾り、きらびやかでいいものですね。最近の住宅事情であまりお目にかかれなくなっているかもしれませんけどね。
早い方ですと2月の中旬頃から飾っているようですが、遅くともひな祭りの1週間前には飾りたいものですね。飾る位置は北の位置で、南向きに飾ります。向かって右に男雛、左に女雛を置くのは、京都などの伝統的なスタイル。関東などでは、向かって左に男雛、右に女雛を置くようですね。

ところで同じ3月3日、奈良時代の貴族の間で曲水の宴(きょくすいのえん)などという優美な行事が行われていたようですね。皆さんご覧になられた方もおられると思いますが、この曲水の宴、水の流れのある庭園などでその流れのふちに出席者が座り、流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、出来なければ罰として盃の酒を飲むという行事なんですね。なんともまあ優雅な宴なんでしょう。

一時廃止されていたようですが平安時代、嵯峨天皇が復活させ、宮廷や貴族の邸宅などの間で盛んに行われるようになったんだそうです。今でもこの行事が見られるのは福岡県の太宰府天満宮や山口県の赤間神宮で3月第1日曜日に、京都の城南宮では4月29日、岩手県平泉の毛越寺では5月第4日曜日に見ることができます。
私も1度見たいと思って平泉の毛越寺に行ったことがありますが、その日は終わった後で庭園には赤い毛氈が敷かれているだけでした。多分参加したなら酔いつぶれていたかもしれません(笑)。

酔いつぶれるといえば今日3月1日から7日まで春の火災予防週間が始まりましたね。春の兆しが見えてきたとはいえ、まだまだ寒さは冬のままです。気つけに一杯が乗じて酔いつぶれ、寝たばこなどで火災を起こさないでくださいよ。あっ、いえいえこれは私自身に対する教訓でした(アセ)。

消防庁の統計によると、火災は冬から春にかけて多く発生しているそうです。今がまさにその時期、気が抜けませんね。住宅火災による死者(放火自殺者等を除く)を発火源別に見ると、多いのはたばこ、ストーブ、コンロ、電気器具、マッチ・ライターの順となっています。どの発火源も日常生活に密着したものばかりですので、十分注意して火災予防を心がけたいものですね。

万が一火災が起きてしまったら、初期消火はもちろんですが、大声で知らせる、避難する、落ち着いて通報することだそうです。慌ててしまうと110番だったかな、119番だったかなと一瞬迷ってしまうそうですよ。正しくは119番です。折しも3月3日はひな祭りと同時に「耳の日」でもあります。中には耳が不自由な方もおられるかもしれません。周囲の皆さんには大声で知らせましょう。

参考サイト:Wikipedia、暮らしのミニ知識TEPORE
画像提供:ブログ画像ゲッター

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

琴線に触れるお葬式のマナー(1)

早いものですね。今年も12月、師走に入りましたよ。先月あたりからぽつぽつ目に入ってきたのが年賀欠礼(2008.11.18 年賀欠礼とくとく雑学参照)の喪中はがき。高齢化社会を反映してか訃報の数も増えてます。私の親戚もあの暑かったさなか、ひと月に3件も発生。知人、隣人の葬儀もあわせると、冠婚葬祭費が‥‥。
写真素材 PIXTA

訃報を知ったらお葬儀の日時と場所を確認しましょう
高齢化社会を迎え、「葬儀」という言葉が身近に感じるようになって来ましたね。とはいえ、ご自分の周りでは日常多いわけではありませんから、突然訃報を聞いた時、葬儀に参列するマナーが気になるところです。
ご親族から訃報を知る場合もありますでしょうし、人づてに聞く場合もあるでしょう。いずれにしろ訃報を知ったら、おつきあいの深さの度合いにもよりますが、お悔やみの言葉を述べ、通夜・葬儀の日程を聞きます。地方によってはしきたりが違うところもありますので、注意しましょう。
とくに故人と付き合いが深い人なら通夜より前に駆けつけてもかまいません。その場合はあまり長居しないように、服装は普段着でもかまいませんが、なるべく地味な服装で弔問します。

ご会葬は地味な服装で
あらかじめ時間と場所を確認しておきますが、不測の事態で遅れてしまう場合、通夜はともかく葬儀・告別式にお参り出来ないこともあります。なお、地方によっては通夜より先に火葬され、通夜、葬儀・告別式は骨葬となるところもありますのでご注意ください。
服装は、通夜なら平服でかまいませんが、最近ではブラックスーツ、黒のフォーマルドレスなどの略礼装が主流となってきているようです。光沢のある服、エナメル素材のバッグや靴は避け、アクセサリーは結婚指輪以外はずします。婚約指輪は石の部分を手の平にしましょう。たび重なることを嫌うという意味で、つけるなら一連のパールのネックレス程度にしておいてください。

お香典の表書きはご霊前に薄墨で書きます
弔事用の袱紗(ふくさ)に包んで持参し受付に差し出します。遅れて参列した場合は故人の祭壇に向けて差し出してください。表書き曹洞宗浄土真宗の場合は「御仏前」ですが、相手の宗派が分らないときは「御霊前」でも差支えありません。悲しみの涙で文字が薄くなったという意味で、フルネームを毛筆の薄墨で書きます。蓮の花が印刷されたものは仏式に限られます。正式には各宗旨によって不祝儀袋や表書きの書き方が異なります。
また、一番気になるのがお香典の金額でしょう。これは地方それぞれによってしきたりが違うので一概には言えません。一般的な金額の相場はこちらをご参考にしてください。
香典1つ取ってもマナーがありますので、ご使用の前にご確認くださいね。

焼香の回数には拘りなく思いやりの気持ちで
焼香作法は宗派によって異なりますし、神式は玉串奉奠で、キリスト教は献花で行われます。
葬式の9割は仏式ですから、この場合抹香(まっこう)をつまんで香炉に入れて焚くことは共通です。しかし回数が1~3回と宗派によってまちまちです。会葬者の多い葬儀の時は「ご焼香は1回だけにしてください」とあらかじめお断りしている葬儀社もあるようです。会葬者は多分故人の宗派をご存知ないケースが多いと思いますので、回数に拘ることなく手を合わせて故人を供養することが大切でしょうね。

葬儀マナーは地方地方によって異なります。最低限のマナーを心得、おもいやりをもって、故人をご供養する気持ちが一番大切です。お気づきの点がありましたら、ご意見お寄せ下さいね。
葬儀のマナーについては琴線に触れることがたくさんあります。折りに触れ、少しずつ書き記して行きたいと思いますので、嫌がらずお付き合いくださいね。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:All About、マナー教えて冠婚葬祭知りたい講座、知って得する!!冠婚葬祭、冠婚葬祭ネット
写真提供:(c) そよかぜ写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

葬儀の裏に潜む人間模様

久し振りの更新となりました。そんな深刻な話題は聞きたくないよ、などといわず目だけでも追ってください。
先頃、亡くなった母親の葬儀代が捻出できず、近くの庭に亡骸を埋めていたというニュースが流れていました。葬儀の裏には涙はつきものの反面、人間の心が荒む悲惨なドラマが展開してます。先日も葬儀を職業としている知人からこんな話を聞きました。

飲酒運転で助手席の恋人が即死
10月のある深厚深夜、若い女友達を乗せた若者(19歳)の運転する乗用車が一方通行を逆行し、前方から走行してきたタクシーに正面衝突しました。乗用車は大破し、助手席に乗っていた女性は胸部を強く打って即死。運転していた若者は飲酒していましたが、幸いカスリ傷程度。タクシーも車は傷ついたものの、運転手は無事でした。車の修理は自動車保険で、軽傷のタクシー運転手も治療代程度ですみます。しかし、即死した女性の保障は簡単に解決できるものではありません。ましてや遺された遺族への感情のしこりは一生涯つきまといます。交通事故など一瞬のミスで大惨事となる悲劇には憎悪がからんできます。

謝罪する本人に娘の母は激怒
その日は悲しみの中で、通夜の準備が進められていました。親族控室となったマンション集会所の一室には多くの親族が駆けつけ、娘の死に涙を流していました。そこに加害者となった若者が、両親と一緒に遺族へのお詫びに姿を見せたのです。3人とも神妙な顔つきで、身体は硬直しきっていました。
「こ・の・た・びは…息子が…、何とお詫びしていいものか……大変申し訳ありません」
声は上ずり、青ざめた表情で亡くなった娘の母親の前に進み出、額を床に擦りつけんばかりに土下座して謝罪。母親と息子も「申し訳ありません」の連呼。娘の母親は流れる涙を拭おうともせず、目を吊り上げて親子を罵ります。愛する娘を失ってしまった悲しみと、その娘を奪った憎い本人が目の前に現れたことで、母の心情は高ぶってしまったのです。いくら謝罪されても母親の気持ちが安らぐわけもなく、いますぐ和解するようなこともありません。まして激情の中で保障問題などの話し合いができるわけもありません。とりあえず加害者の親子にはその場を一旦引き取っていただくことにしたんです。日を改めて両家がお互い冷静になった頃、供養に訪ねた方がいいだろうとの考えでした。

通夜の席上、修羅場はどうにか回避
午後6時通夜が始まりました。ところが一旦帰っていたはずの親子の弔問姿が目に入ってきました。ここでまた遺族の目に3人の姿が映ったら罵声だけでは終わらなくなってしまうでしょう。読経の中、修羅場になるかもしれません。じっとしていても落ち着かないという彼らを引きとめ、喪家の目の届かない場所に誘導したのです。葬儀で供養することが、亡くなった彼女とご遺族への誠意ではないかと哀願する親子の思いを説き伏せ、その日の焼香はご遠慮いただきました。翌日の告別式にも親子3人は姿を見せていましたが、遠目から彼女の成仏を祈っていたようでした。

その後両家の話し合いがどうなったか、私たちが立ち入る問題ではないのでわかりません。風の便りに聞けば、加害者となった青年はもう2度とハンドルを握らないと猛省しているそうです。それにしてもプロとして葬儀後の相談を受けることはたびたびあるにせよ、争議の仲裁じみたことまでやるケースはめったにありませんね、と彼は述懐していました。

皆さんはこういったケースで、葬儀の場所まで気持ちが治まらないからと謝罪に伺いますか。それともお互い冷静になるまで待って、あらためて謝罪に伺いますか。また、娘の母親の心情は理解できますか。

高齢化時代、もしもの機会はますます増えます。
その時慌てないためにも、事前のご相談を。

葬儀

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top