FC2ブログ

お盆の海上花火に鎮魂の思い託す

今年のお盆も終わりましたね。この期間に台風の襲来に遭遇した地域もあったようですが、いかがでしたか皆さんのところは。夏の余暇と日本の歳時が重なるこの時期に忌々(いまいま)しい台風でしたよね。
今年も大和民族の大移動があったお盆の帰省ラッシュに新幹線は混雑してました。この時季の風物詩ではありますけれども、ご家族分の指定席券確保にご苦労されたお父さん方お疲れ様でした。自分も若い頃は高速道路でしたが、毎年盆暮れに帰省しておりました。その苦労と疲労は大変なものでした。今はもうできません。体力のある若い時の特権ですね。


お盆前の8月12日に行われた「宮古港海上花火大会」。ファミリーや若者の帰省で溢れ返った出崎埠頭はいつになく活況を呈していました。
海上花火大会①


8年前、この出崎埠頭では未曾有の大惨事があったんですね。津波により当時の埠頭は惨憺たる惨状でした。
この日、花火の打ち上げ前に行われた太鼓の饗宴。天国の被災者に届けとばかりに、天に向かって打ち鳴らされた力強い太鼓の響きです。
海上花火大会②


午後8時から始まった打ち上げ花火。東日本大震災の犠牲となられた被災者(※)への供養を込め、鎮魂の花火1400発が夜空に大輪を咲かせました。※平成31年3月31日現在 宮古市の死亡者数475人、行方不明者数94人(三陸防災復興プロジェクト2019発表)
海上花火大会③


今は復興事業により住民の安全を優先し、岸壁には高さ10mの堅固な擁壁が作られました。引き換えに陸側からは美しい三陸の海は通常見渡せません。少し寂しい気もしますけどね。停泊中の漁船の操舵室を前ボケに花火を写そうとしましたが、イメージ通りの写真には仕上がりませんでした。
海上花火大会④


こともあろうに絶対花火撮影に欠かせない三脚を忘れてしまいました。近くのポールにカメラを固定し何とか撮影しましたが、手振れが起きてるのは隠せません。三脚のない夜間撮影にとってこれほど難しい被写体はありませんね。もっとも三脚を使っても私の腕ではこの程度でしょうけどね。お見苦しい点はご容赦ください。
海上花火大会⑤


ただ今の二十四節気は「処暑」です。詳しくは8月21日付の「日本の季節・処暑」をご覧ください。次の二十四節気は9月8日の「白露」です。9月7日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

三陸防災復興展示会

震災後、復旧や復興の取組を通し、人と人、地域と地域のつながりが一つになり、絆と財産が三陸地域の振興につながることを主旨とした三陸防災復興プロジェクト2019。岩手県が中心となり、被災した沿岸一帯から震災の風化を防止し、復興の街づくりを形成しながら三陸地域の魅力を発信していくという企画です。
その取り組みの中には前回記事で取り上げた主要駅のステーションガーデン化による「花と緑の回廊」をはじめ、県内郷土芸能34団体の特別ステージや三陸の食材・レシピ・食文化等を活かしたグルメを展開するなど多彩に開催されてきました。

今回の「三陸防災復興展示会」は防災意識の向上を図ることを目的に開催されたもので、7月26日道の駅「なあ~ど」の駐車場で行われました。働く車の一部ですが、見慣れた車もあれば初めて見る車もありました。特に自衛隊のお馴染みの救急車や炊き出し用車両は東日本大震災の被災地で何度か目にしてます。
防災復興展示会①


自衛隊車両【オートバイ】偵察及び連絡用に使用されます。総重量234㎏ 最高速度135㎞/h。
防災復興展示会②


【津波シェルター】アルミ合金製で浮揚型シェルターです。艇内は25名定員で1週間分の食料も収容可能、トイレ付です。
防災復興展示会③


警察車両【水難レスキュー車】連日津波による行方不明者の捜索にあたりました。
防災復興展示会④


東北電力【高圧応急用電源車】災害や工事による停電時に、復旧までの間、搭載された発電機で電力を供給する車両です。
防災復興展示会⑤


見ているだけで東日本大震災津波の記憶と教訓が甦ってきました。スペースの関係で展示全車両の掲載はできませんでしたが、地震体験車、屈折はしご車、巡視船なども会場内に展示されていました。
また緊急用車両の他に停電時でも炊き出しができるLPガス用炊飯器なども展示されてました。電気が使えない時は便利ですけど、万が一のために重いLPガスボンベやガスコンロを一般家庭でどこに保管しておくべきか、という問題点も浮き彫りになりましたね。


ただ今の二十四節気は「大暑」です。詳しくは7月22日付の「日本の季節・大暑」をご覧ください。次の二十四節気は8月8日の「立秋」です。8月7日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

駅前に花と緑の回廊

昨日29日は関東甲信地方に梅雨明けが宣言されましたね。昨年と比べておよそ1ヶ月も遅い梅雨明けだったそうです。この後8月上旬頃まで猛暑日や熱帯夜が続きそうだということで、どなた様も熱中症にはお気を付けください。
これで梅雨入りしてないところは梅雨のない北海道を除き、東北だけとなりました。とはいうものの追いかけるようにして東北も梅雨明けとなりそうですね。数日前までは梅雨寒で長袖が外せませんでしたが、もう今は連日猛暑日を迎えてます。

この時季JR&三陸鉄道の宮古駅前では花と緑の回廊を表現した駅前ガーデンをオープン。待ち行く人々は涼しさを感じながらうっとうしい梅雨空を忘れ、花の魅力をゆったりと楽しんでいるようです。
駅前の花と緑①


これは三陸防災復興プロジェクト2019の一環で、三陸ステーションガーデンプロジェクトが実施したものです。
撮影したのが梅雨の真っ最中で紫陽花も勢いよく咲いていました。
駅前の花と緑②


駅前ガーデンがオープンしたのは6月上旬頃でしたが、今ではこの駅前ガーデンを行き交う人々の間で花と緑の回廊にひと談義咲いています。8月中旬頃まで楽しむことができるように、開花時期をずらして植栽しているそうです。
駅前の花と緑③


ペチュニアやクレマチスなどの花をはじめ、ユーカリやハウチワカエデなどの草木など約100種類あるそうです。中でもハンギングバスケットや木のアーチなどが目を引いていました。
駅前の花と緑④


ただ今の二十四節気は「大暑」です。詳しくは7月22日付の「日本の季節・大暑」をご覧ください。次の二十四節気は8月8日の「立秋」です。8月7日頃までにご案内いたします。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
48位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

CREDIT

top