• 2017
  • 01/20
  • Fri

二十四節気の締めくくり「大寒」

170120出初式

1年で最も身を千切るような酷寒の季節。
豪雪を伴いながらも地域によっては乾燥した晴れの日がつづく大寒。
太平洋側では火災が発生しやすい気象条件が続きます。
火の元の注意は誰氏にも課された安全標語。
もしもの時の心強い火消し役は地元住民の消防隊です。
1月に行われた出初式は人々への警鐘でもあります。

1月20日は二十四節気の「大寒」です。
大寒を乗り切れば、季節は陽春へと向かいます。
2月4日からは寒も明け、新しい二十四節気の始まる立春。
いきなり春とはいきませんが、野山には緑が芽生え、
里の雪はゆっくりと融けはじめます。


二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第二十四節気 大寒 だいかん            1月20日~2月3日

1月20日からは四季も一巡し、二十四節気最後の大寒となります。
冷え込みも激しく、寒さが最も厳しい頃です。究極の冬を迎え、豪雪地帯では連日の除雪に体力を消耗しているかもしれません。雪の少ない地方でも、今冬一番の寒気団が張りつき、極寒の冷え込みを記録しています。大寒は「寒の内」の真ん中で、最低気温が観測されるのもこの頃です。

万物を凍らせる厳しい寒さを迎える中で、武道などは寒稽古を行ない、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれるのもこの時期です。
寒稽古などの荒療治で大寒を克服することもありますが、先達から古来承継されてきた日本伝統の食文化で風邪を予防したり、滋養を強壮しながら大寒を乗り切る方法もあります。

最も寒さが厳しい大寒は空気中の雑菌が少なく、水質も良いとされています。このことから様々な食べ物を仕込むこの時期を大寒仕込みといい、家庭の食卓を潤す味噌はこの頃に仕込まれます。発酵食品である味噌は生きている酵素や菌を頂くことで、自然と体調を整えることができます。
またこの時季仕込まれるのが酒の寒仕込みです。水は酒にとっての命。大寒の頃の水が一番安定して雑菌が少ないことからこの時期に酒造りが始まります。
寒の時期に仕込んだお酒は3月頃、新酒の利き酒として蔵出しされます。水、米、麹、酵母などの組み合わせで出来上がるお酒の味は、酒造りの技術に熟達した杜氏たちにより十人十色。その組み合わせの一つ一つが全国の蔵元の味となります。


下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第七十候から第七十二候までと大寒前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



人気ブログランキングへ


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

無病息災を祈願して大寒恒例裸詣り

1月21日からは二十四節気も一巡し、最後の節気「大寒(だいかん)」となります。
冷え込みも激しく、寒さが最も厳しい頃です。と同時に最後の節気を乗り切れば春が待ち構えております。三寒四温が続き、寒い中にも少しだけ春の気配が感じられるようになります。もう少しの辛抱ですね。
先日の大雪、皆さんの地域は大丈夫でしたか。それまでの暖冬が一挙大雪に変貌してしまうのですから、自然の気まぐれは読み切れませんね。
翌日のこちらも降雪がありましたが、途中雨に変わり思った以上の積雪はありませんでした。水を含んだ雪の重いこと。雪かきには苦労しました。

160120樹氷

この厳寒の時季に難行苦行することで無病息災、家内安全、五穀豊穣を願い、神仏の加護を得ようと古くから各地で裸参りが行われております。
ここ地元でも大寒の前の1月17日、下帯姿で市内を練り歩き、防災と商売繁盛を祈願する「復興祈願祭裸詣り」が行われました。
160120DSC裸詣り①

今年で39回を数える裸詣りは市内の消防団が中心となり、屯所から八幡宮まで、約1㎞のコースをゆっくりと行進します。裸詣りに参加した団員は、胴巻の上に注連縄(しめなわ)、草鞋(わらじ)を履いて、額の中央には鉢巻をキリリと巻いております。悪霊が入らないようにと口には半紙をくわえ、背筋をピーンと伸ばして練り歩いていました。

160120裸詣り②
行列は復興祈願祭の幟(のぼり)と団旗、纏(まとい)を先頭に、米や酒、餅、魚、野菜などを供えた三宝を、一歩踏み出すたびに鈴を鳴らしながら、奉納する神社へと続きます。

160120裸詣り③
そして最後尾は「ハサミ」と呼ばれる、神の依代(よりしろ)となる白紙を挟んだ板状の験竿を振りかざし、防火防災、商売繁盛、無病息災、五穀豊穣、交通安全を祈願していました。

160120裸詣り④
160120裸詣り⑤160120裸詣り⑥
お酒や供え餅、お米、魚などの供物を神前に奉納。宮司さんの大麻(おおぬさ)で1人1人御祓いした後、神殿で参拝。お清めの御神酒が注がれます。
出発して約1時間、お疲れさま。皆さん寒かったでしょうね。
これでこの地も防火防災、交通安全はもとより、商売繁盛、無病息災、五穀豊穣が守られ、1日も早い震災復興が待たれるところです。


二十四節気 大寒(だいかん)◇
二十四節気、最後の節気。1月21日および立春(2月4日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。
大寒七十二候は次の通り。
第七十候(大寒初候) 1/21~1/24 款冬華(ふきのはなさく)
凍てついた地面に蕗の花が咲き始める頃。地面には雪が積もり、強い寒さが襲ってくる時期ですが、草花は春に向けて着実に動き出しています。


今日の独りごと

今日の独りごと0120新春恒例になっている消防出初式。今年も消防分団員250名、消防車両24台による分列行進の観閲式が1月17日、市内の目抜き通りにおいて行われました。
大勢の市民や統監の見守る中、消防分団の徒歩部隊によるパレードはいつもながらきびきびした動きが気持ちいいですね。号令や敬礼など軍隊イメージに結びつく危惧を懸念される方もおられるかもしれませんが、市民の財産や生命を救助する職業としては必要不可欠な行動でもあります。
この日の出初式は団員の分列行進が中心で、消火活動や一斉放水などの消防演技は毎年6月に消防大演習として日頃の成果が披露されます。赤いポンプ車が40台以上並ぶと壮観ですよね。それもまた楽しみの一つです。


参考サイト 暦生活



テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

万物が凍る大寒 寒仕込みで適度な滋養強壮

万物を凍らせるといわれるほど厳しい寒さを迎える大寒(だいかん)。
1月20日は二十四節気の最後、大寒です。この日から立春までの期間をいいます。「寒の内」の真ん中で、最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっています。武道などでは寒稽古が行われ、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれる時期でもあります。
いよいよ究極の冬を迎えますね。豪雪地帯では連日の除雪に体力を消耗していると思います。雪の少ない地方でも、今冬一番の寒気団が張りつき、極寒の冷え込みを記録しています。インフルエンザも猛威を振るい、風邪が流行しています。うがいや手洗いを忘れずに風邪を予防してくださいね。

大寒①

そんな厳冬の中、剣道、柔道などの武道においては精神力を鍛えるという意味で、この期間に早朝練習として寒稽古を行ったり、北海道木古内町では厳寒の津軽海峡に飛込み、その年の豊漁豊作を祈る「寒中みそぎ祭」なども行われました。その事前準備も大変でしょうね。我々経験のない者がいきなり凍えるような海に飛び込んだら一発で心臓麻痺を起してしまいますよ。

このような荒療治で大寒を克服するのもいいですが、大寒を機に美味しい健康食で風邪を予防したり、滋養を強壮する方法もあります。それが先達から古来承継されてきた日本伝統の食文化です。

大寒②
大寒の日に産まれた「大寒たまご」。寒さが厳しいこの時季、鶏の産卵数も本能的に少なくなるそうです。寒さに負けず産み落とされた卵は滋養に富んでおり、食べると1年を健康に過ごせたり、金運が上がり、お金に困らないといわれているようです。割った卵は黄身の部分が盛り上がり、箸でつまんでも破れにくいようです。飲み込んだ濃縮の黄身は、いかにも元気もりもりになってしまいそうですね。

寒たまごを使ったバウムクーヘン。3年程前買って食べたことがあります。何だか濃縮の黄身による粘りの強いバウムクーヘンのようで、ひと際美味しさが際立っていましたよ。

大寒③
大寒は最も寒さが厳しいことから、空気中の雑菌が少なく、水質も良いとされています。このことから様々な食べ物を仕込む時期で、大寒仕込みというそうです。家庭の食卓を潤す味噌もこの頃に仕込まれるんですね。発酵食品の味噌は生きている酵素や菌を頂くことで、自然と体調を整えることができます。

昔は各家庭でも味噌を作っていました。いわゆる「マイ味噌」ですよね。今の小家族と違って昔は大家族。作るのも大量生産でした。子供の背丈ぐらいの大きな桶に柔らかく茹でた大豆を入れ、きれいに洗った足で踏み潰します。今考えると不衛生だったようにも思えますけど、足に伝わる大豆の感触を楽しんでいました。子供の頃だったので詳しくは分かりませんが、この時糀と塩を混ぜていたんだと思います。
仕上がった味噌は立方体の味噌玉にし、軒下に吊るして数か月乾燥させます。後は勝手に発酵し味噌の出来上がりということになるんですよね。自分で作ったマイ味噌、格別に美味しいですよ。

大寒④
寒仕込みで語られるべきものに酒の寒仕込みがあります。水は酒にとっての命です。大寒の頃の水が一番安定していて腐りにくく、雑菌が少ないこの時期に酒造りが始まります。酒造りの技術に熟達した杜氏たちが、それぞれ伝統を誇る技術を今日まで伝えてきました。
この時期仕込んだお酒は3月頃、新酒の利き酒として蔵出しされます。水、米、麹、酵母などの組み合わせで出来上がるお酒はまさに十人十色。その組み合わせの一つ一つが全国の蔵元の味となるわけですね。

岩手県花巻市の国道4号線に道の駅「石鳥谷」があります。そこに併設されている「南部杜氏伝承館」は、酒造りの伝統文化を保存・伝承する施設。南部杜氏は越後杜氏、丹波杜氏とならび、日本三大杜氏の筆頭に数えられ、洗練された酒造りの技には定評があります。現在232人が登録されており、越後杜氏の331人に次ぐ規模を誇っています。
一昨年ここ「南部杜氏伝承館」を訪ねてみましたが、全国の清酒の一斗樽が積み重ねて展示され、直径2メートル、大人の身の丈以上もある酒仕込み用桶は壮観でしたよ(詳しくは過去記事2013年10月10日「食欲の秋、飲物の秋 南部杜氏を往く」を参照)。
お時間のある方はぜひ一度訪ねてみてください。


二十四節気 大寒(だいかん)◇
二十四節気二十四番目最後の節気。1月20日および立春(2月4日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
最も寒い頃。大雪が降り、氷がはりつめる。
◆大寒の七十二候は次の通り。
第七十候(大寒初候)1/20~1/24 款冬花(ふきのはな、さく)
凍てついた地面に蕗の花が咲き始める頃。地面には雪が積もり、強い寒さが襲ってくる時期ですが、草花は春に向けて着実に動き出しています。


今日の独りごと

今日の独りごと01201月15日は小正月、どんど焼きの日でもありましたね。青竹や藁、杉の葉などでやぐらを組み、持ち寄った古神札や松飾り、書初めなどを燃やす正月最後の行事。近くの氏神神社では16日行われました。宮司さんの祈祷した後、火が点けられ炎が空高く舞い上がっていきます。年神様が煙に乗って天上の地にお帰りになりました。
昨今では火災の恐れがあるということで民家の密集地では禁止されているようですが、この日は風も穏やかで絶好のどんど焼き日和でした。それでも消防署員は付きっきりで監視です。
無事焼き終わった後には燃えない土器や金物の山。神具の一部とはいえ、どうして燃えない土器まで一緒に出すんですかね。そうでなくとも塩化ビニール(ビニール袋)などでダイオキシン発生問題が一時話題になりました。塩化ビニールの焼却がダイオキシン発生の直接原因ではないにしろ、どんど焼きへの荷物の持ち込みには紙袋を用意した方が良さそうですね。


参考サイト:暦生活ちょっとした工夫で心豊かな生活をgreenz.jp酒匠館宇和島市カルチャーセンター


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top