日本の四季 大雪

大雪
12月21日までは大雪です。冬至を先行してご案内してしまったことをお詫び申し上げます。汗顔の至りです。



平成29年12月15日。追加記事をアップしました。
お寺の本堂で大菩薩マーケット
大菩薩マーケット
日本の道100選の1つでもある盛岡市の寺町通り。京都のように由緒あるお寺が軒を連ねているわけではないですが、通りの両脇には十数ヶ寺が立ち並び風情のある古都を感じさせてくれます。
南部藩の時代、領内の由緒ある寺をこの地に移し、寺町として藩の権威と城下の繁栄を願ったんだそうです。少年時代の石川啄木が住職に詩歌の手ほどきを受けたという龍谷寺や、宮沢賢治が盛岡中学校卒業までの1年間下宿していたといわれる清養院などの重厚な佇まいもみられます。
ケヤキの大木や石畳風の歩道、そして木造建築美の風情がある寺町通りをたまたま歩いていたその前方に、「大菩薩マーケット」なるポスターが貼ってある専立寺(せんりゅうじ)が見えてきました。「大菩薩」、いったい何事かと境内を覗いてみますと、近隣の方々でしょうか、お子さま連れでお寺に出入りしてます。本堂には古着屋や飲食店、CDやDVDなどの雑貨店などが出店し、忙しそうに来場者の対応をしております。
いわゆるフリーマーケットですね。お寺でのフリーマーケット、普通では考えられないですけどね。私は見れませんでしたが、この日は音楽ライブの他に柩に入れる「入棺体験」などもあったそうです。会場内の顔ぶれを見ていますと若手が多かっただけに入棺体験も抵抗ないんですかね。ご住職の世代も変わると開かれた寺院が見られるようになるんですね。

岩手県には日本の道100選にもう1つ選ばれている道があります。機会がありましたら後日紹介いたします。



平成29年12月10日。追加記事をアップしました。
暮れの風物詩 新巻鮭は三陸沿岸の食文化です
新巻鮭
南部鼻曲り鮭の産地三陸海岸で、不漁が続くなか今年も鮭まつりが行われました。地元の川で誕生し、太平洋の荒波で育った鮭は郷里の川に戻ってきます。
産卵が近づくと鼻が鍵のように曲がる特徴のある鼻曲り鮭。南部藩が江戸幕府へ届ける海産物の中に鮭が含まれていたところから、「南部鼻曲り鮭」といわれるようになったそうです。北海道に次ぎ本州一の漁獲高を誇る三陸海岸の鮭を遠い江戸まで運ぶための保存製法が編み出されました。塩漬けにし寒風に晒す独特の製法が、現在の新巻鮭として受け継がれているようです。
今でこそ減っては来てるようですが、東京上野のアメ横では年末セールの一環として店頭を賑わしていました。最近アメ横には行ってないのでわかりませんが、今でも新巻鮭、東京都民の台所にその味覚を添えていますでしょうかね。
地元の家の軒下には新巻鮭が隙間なく吊るされ数日間天日干されています。お歳暮やお年賀で配ったり、少ない家でも2~3尾はあり、寒い冬を乗り越えるには十分な蓄えです。干した鮭は硬直し、包丁で切り身にするには硬すぎて大変な作業でしたね。1度、新巻加工に挑戦してみましたが、なかなか職人技になるまでは経験が必要でしたね。
新巻鮭はこの時季の風物詩であり、伝統的な地元の食文化です。とはいえ、人にはいろいろ味覚の違いがありますから、好き嫌いはあるかもしれませんね。



前途有望! 三姉妹の民謡デビュー
三姉妹
先日地元のイベント「ふるさと収穫祭」に行ってきました。
農家の方々が丹精込めて収穫した秋の味覚、米、山ブドウの原液、りんご、梨がところ狭しと展示販売されています。
農家の方々もこの収穫祭が1年の締めくくりになるのかもしれませんね。あとはのんびり正月を迎えるだけ、かな。展示ブースの中には、多忙だったお母さん方の慰労を兼ね、ワッフルサンドやレギュラーコーヒーなどの販売も異色のメニューです。
異色といえば収穫祭会場のステージでは歌い手さんによる歌謡ショーがあります。5~6人の歌手が自慢の喉を披露してくれました。際立っていたのが小学生3姉妹による民謡ショーでした。上のお姉ちゃんは三味線を演奏したり姉妹で唄ったり、大活躍です。下の子はこの日が初舞台でしょうか、緊張しながらも伸びやかに唄う初々しい姿が目を惹きます。
ステージでは締太鼓をたたきながら、後ろで三姉妹を心配そうに見つめている人がおります。お母さんでしょうか、お祖母ちゃんでしょうか。おそらくお師匠さんだと思いますが、時には厳しく注意しているようでもありました。
こういうステ-ジを何度か積んでプロに育っていくんですね。がんばれ前途有望な三姉妹。
(平成29年12月5日:記載)




二十四節気
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第二十一節気 大雪 たいせつ            12月7日~12月21日

師走を迎えた12月初頭には雪国の山々はほぼ冬化粧を終える頃。大雪とは、山岳ばかりでなく平地にも雪が降り積もる季節ということからついた呼び名です。本格的な冬の到来となり、動物たちも慌ただしく冬ごもりに入ります。

今年は11月に関東でも積雪を見るなど、異常気象が見られましたが、地元の方々にとってこの時季の初雪には戸惑ったことでしょう。関東では紅葉の脇で白い雪が降り積もるのも珍しいことです。
この頃はまだ旧暦11月とはいえ、大雪を迎えるとシベリア寒気団、いわゆる冬将軍がやってきて完全な冬型の気圧配置となり、さらに朝晩の冷え込みが一層厳しくなります。真冬の象徴として使われる「冬将軍」は1812年、ロシアに攻め入ったナポレオン率いるフランス軍が、極寒の気候に退却を余儀なくされたことを、イギリスの新聞が「冬将軍に敗れた」と報道したことに由来しています。

海洋では鰤(ぶり)などの漁も盛んで、熊は冬眠(疑似冬眠)に入り、南天の実は赤く色付いてきます。地方によってはすでに深雪に埋れたり、厚い氷に閉ざされます。スキー場開きのニュースもちらほらと聞かれるようになり、街はクリスマスのイルミネーションで賑やかになる頃です。

大雪は冬至の前でもあり、日の暮れるのが1年で1番早い頃。日本の大部分ではまれに風花(かざはな)が舞う程度ですが、意外と寒さを強く感じる時でもあります。寒い地方では根雪になる雪が降り始め、本格的な冬の到来となります。



次の二十四節気は12月22日の「冬至」です。12月20日頃更新を予定しております。



七十二候
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第六十一候 閉塞成冬 そらさむくふゆとなる      12月7日~11日頃

天地の気が塞がれ、冬がおとずれる頃。字面からも分かるように「閉塞」には、すべての生き物が活動を控える様子が表れています。
空を塞ぐかのように重苦しい真冬の空の下、生き物はじっと気をひそめています。塞ぐとは、寒さから生き物を守るという意味にもとらえられますし、また寒さを塞ぐことにより人々を守るという意味でもとらえることができます。そのため、家庭ではエアコンやストーブが威力を発揮することになります。同時に暖房費がかさむ時季にもなります。


第六十二候 熊蟄穴 くまあなにこもる          12月12日~16日頃

熊が冬眠のため自分の穴に隠れる時季。熊は秋になると冬ごもりのため、旺盛な食欲を発揮しますが、近年では立木の伐採やら山林の開拓で、熊の餌となるブナやどんぐりなどの木の芽が減少しており、餌を求めて住宅地に降りることもしばしば見受けられます。そのため、東北では茸狩りの人々に熊の急襲を受けたという事故が多発しました。
冬眠直前の熊は松の木の皮も食べますが、これは空腹のためではなく、松の木に含まれる松脂で腸内の糞を固め、いわば腸内を無理矢理便秘状態にし、排泄のできない長い冬眠を乗り切るためなのです。


第六十三候 鮭魚群 さけのうおむらがる         12月17日~21日頃

鮭が群がり、河川をさかのぼって行く時季。海で育った鮭は、産卵のために自分の生まれた川へと里帰りをします。産卵で一生を終える鮭。遡上は鮭の習性でもありますが、文字通りその姿は冬を代表する光景のひとつです。
北国ではこの時季、鮭の遡上が近くの小さな川でもよく見られます。上流を求めて遡上する5~10匹集団の鮭は急流をものともせず、力強いその姿は感動的であります。時には力尽き川のほとりにその死にがらを晒すこともあります。現在は暦より早く、10月から11月が遡上期にあたるようです。




下の<続きを読む>をクリックすると、大雪前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。





テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2016
  • 12/10
  • Sat

弁士の語りに甦る無声映画

昔懐かしい無声映画。先日5日、見に行ってきました。
映画の作品は「大人の見る繪本 生まれてはみたけれど」。昭和7年、名将小津安二郎監督の作品。
昔懐かしいと言っても、私がまだ生まれる前の映画です。当然ストーリーも無声映画そのものも知りません。

161210無声映画

サイレント映画を代表するこの作品は東京郊外に引っ越してきたサラリーマン一家を描いております。
引越し後早速近所のガキ大将に兄弟2人で敢然と立ち向かい渡り合います。さらに、上司の息子をも子分にしていました。
ある日上司の家で行われた映画の試写会の席で、2人の兄弟は上司にゴマをする父親の卑屈な姿を見てしまいます。
上司の息子を手下にし優越感に浸っていたのに、2人は父親の態度に我慢出来ず、親へ反抗します。
ご飯を食べないハンストを敢行しながらも、母親の愛情によって家族の絆が結ばれるという展開でした。

子どもが成長する過程で一度は通る親への不信感を、ユーモアを織り交ぜ、子どもの視点からサラリーマン社会の深層心理を巧みに描いた映像でした。
現代のサラリーマン社会にも通じるところがあります。昔サラリーマン勤務をしていた頃の自分の姿が沸々と思い出されました。ゴマを擦った記憶はないですけどね(笑)。

無声映画といえば活動弁士です。全盛期の昭和5~6年頃には、全国に8000人もの弁士がいたそうです。無声映画の良し悪しはこの弁士の語り口調で大きく影響されるといいます。
この日の弁士は東京方面で活躍する若い女性で、以前はTV局のアナウンサーをしていた方でした。彼女はある日無声映画に惹かれ弁士の道に踏み込むことになりました。親の強い反対に合いながらも自分の意思を押し通してのデビューだったようです。

弁士のシナリオはその映像に合わせ、自分で脚本を作るのだそうです。漫画映画の声優さんや外国映画の吹き替えを思いつきますが、弁士の場合その話術によって映像世界をナビゲートする役目でもありますから、同じ作品でも弁士の語りによって、その作品が引き立ってきます。面白くするも、つまらなくするも、わかりやすくも、嬉しくも悲しくするも弁士の語り一つだったのですね。
この日90分に渡る無声映画には、弁士による出演者の心をとらえた語りに引き込まれ、最後深くにも落涙してしまいました。それだけに弁士さんの語りが上手だったのかもしれません。
今の時代の3D映画など音響効果の迫力あるスクリーンと違って、窓から日が漏れた簡易スクリーンに映る無声映画って、新鮮でいいものですね。

161210鍬ケ崎公民館

161210鍬ケ崎公民館玄関 161210復興工事
大震災の被災者を慰労するために開催された無声映画。周辺はまだ復興工事が進められておりますが、会場となった鍬ケ崎(くわがさき)公民館はいち早く復興オープン。
定員30名ながらこの日は平日ということもあって集まったのは高齢のおばあちゃんたち20名ほど。それでも今回が3度目の公演でした。地元の皆さんには馴染みの無声映画だったようです。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気大雪七十二候の第六十一候から第六十三候までと大雪前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。




人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
お忘れもののないようお気を付けください。

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

  • 2016
  • 12/05
  • Mon

大雪に飛来し始めた冬鳥

161205オオハクチョウ

オオハクチョウが飛来し始める季節。
河口に羽を休める光景は師走の風物詩でもあります。
陰暦12月の別称が師走。
1年の罪を消し去る仏名会に走り回ったのが僧侶、いわゆる法師と言われております。
英語での月名、Decemberは、「10番目の月」の意味です。
ラテン語で「第10の」という意味の「decem」の語に由来しております。
実際の月の番号とずれているのは、
紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で10番目という意味があるからです。
日本では「極月」などとも呼びますが、晩冬、氷月、春待月などという異名もあります。
春待月、風情がある和風月名です。
3か月後の春を待ちましょう。

12月7日からは二十四節気の「大雪」です。



二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第二十一節気 大雪 たいせつ            12月7日~12月20日

師走を迎えた12月初頭には雪国の山々はほぼ冬化粧を終える頃。大雪とは、山岳ばかりでなく平地にも雪が降り積もる季節ということからついた呼び名です。本格的な冬の到来となり、動物たちも慌ただしく冬ごもりに入ります。

今年は11月に関東でも積雪を見るなど、異常気象が見られましたが、地元の方々にとってこの時季の初雪には戸惑ったことでしょう。関東では紅葉の脇で白い雪が降り積もるのも珍しいことです。
この頃はまだ旧暦11月とはいえ、大雪を迎えるとシベリア寒気団、いわゆる冬将軍がやってきて完全な冬型の気圧配置となり、さらに朝晩の冷え込みが一層厳しくなります。真冬の象徴として使われる「冬将軍」は1812年、ロシアに攻め入ったナポレオン率いるフランス軍が、極寒の気候に退却を余儀なくされたことを、イギリスの新聞が「冬将軍に敗れた」と報道したことに由来しています。

海洋では鰤(ぶり)などの漁も盛んで、熊は冬眠(疑似冬眠)に入り、南天の実は赤く色付いてきます。地方によってはすでに深雪に埋れたり、厚い氷に閉ざされます。スキー場開きのニュースもちらほらと聞かれるようになり、街はクリスマスのイルミネーションで賑やかになる頃です。

大雪は冬至の前でもあり、日の暮れるのが1年で1番早い頃。日本の大部分ではまれに風花(かざはな)が舞う程度ですが、意外と寒さを強く感じる時でもあります。寒い地方では根雪になる雪が降り始め、本格的な冬の到来となります。



下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第六十一候から第六十三候までと大雪前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。




人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
お忘れのないようお気を付けください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top