雷は雷神菅原道真の怒り爆発か

入梅して梅雨も半ばに入ってきました。今年は空梅雨かと思われた前半ですが、ここに来て梅雨前線が活発化。雨の地域が九州から日本海に拡大し、各地に大雨の被害が出始めているようです。前線付近の方々は十分ご注意ください。
写真素材 PIXTA

これからが雷の季節です
さて雨にともなって被害が出るのが落雷ですね。主に雷は積乱雲から発生しますが、雲の摩擦によって溜まったエネルギーが放出されるのが稲妻で、この稲妻が地上に到達するのが落雷です。
日本神話では雷鳴を「神鳴り」ともいわれ、雷を神々のなせるわざと見なされていました。また、雷が起きると、落雷よけに「くわばら、くわばら」と呪文を唱える風習もあります。これは、菅原道真の土地の地名であった「桑原」にだけ雷が落ちなかったという話に由来しているようです。

6月26日は雷記念日、1月25日は左遷の日
菅原道真といえば学問の神様といわれ、太宰府天満宮に祀られておりますよね。実はこの菅原道真、雷の神様でもあったんですね。6月26日は雷の記念日だそうです。
菅原道真は学者でありかつ政治家であります。55歳で右大臣、そして延喜元年1月7日、藤原時平とともに従二位に叙せられました。しかし菅原道真の才能を妬む左大臣 藤原時平の策略により無実の罪を着せられ、九州、福岡の大宰府に左遷されたのです。それが1月25日で、この日を左遷の日というそうです。
東風吹かば 匂ひ送来せよ 梅の花  主無しとて 春を忘るな
道真が左遷され、都を離れるとき詠んだ句です。

道真の怒りを鎮める天満宮
その後道真は無実の罪を背負ったまま大宰府で無念の死を遂げました。京の都では天皇の子どもが次々と病死、都での会議中に清涼殿に落雷し、道真を陥れた大納言の藤原清貴が落雷で死亡するという多くの異変が起きたのです。
菅原道真は天才といわれておりました。天才とは本来「天下の鬼才」の略語だそうです。優れた人材であった道真には強い霊力もあったのでしょう。ことに今回の落雷による災害は「雷=神鳴り」であり、天の神が発てる音や光だと考えられるところから、道真の霊力による祟りだと考えるようになりました。このため朝廷は、火雷天神と呼ばれる道真の怒りを鎮めるために京都に北野天満宮を大宰府にも大宰府天満宮を建立し、祟りを鎮めようとしたんですね。

道真は雷と学問の神様
その後道真は雷の神様(雷神)として崇められました。雷神は雨を呼ぶ神様、豊作の神様でもあります。世の中が落ち着くと、道真の優れた学者が学問の神様として有名になり、入学試験や就職試験の成功を願う神様となったのです。
こうして元々は道真の祟りを鎮めるための天神様だったのが、今では学問の神様として、また豊作を約束してくれる神様として信仰され、全国に分社が出来ました。この神社は古くから童謡(とおりゃんせ)にも歌われるなど、多くの人に親しまれており、菅原道真の命日に当たる毎月25日には天神祭が行われております。

これからの夏場が雷のシーズン。これからの天神様はどの位ご活躍なさるんでしょうね。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、暦のページ、WANOA
写真提供:(c) monjiro写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

カエルが鳴くから帰~えろ

6月も半ばにさしかかり、いよいよ遅れていた梅雨も日本の空を覆い尽くしてきましたね。先日九州地域に梅雨入りが発表されましたが、これからどんどん北上して来るんでしょう。
ところで梅雨といえば花は紫陽花、動物はアマガエルといわれてます? そうかな~!(笑)。
アマガエルは雨蛙と書くように、昔からアマガエルが鳴くと雨が降るといわれてます。皆さん子供の頃言ってた記憶ありませんか。「カエルが鳴くから帰~えろ」って。天気予報が発達していなかった昔の人は、雨とアマガエルの因果関係知っていたんでしょうかね。
写真素材 PIXTA

畦道でのシャワーコールは夏の風物詩
かえるのうたが きこえてくるよ
  クヮ クヮ クヮ クヮ ゲコゲコ ゲコゲコ
  クヮ クヮ クヮ 
と文科省唱歌の「かえるの合唱」でも歌われてるように、田植えの済んだ水田からはカエルの鳴き声が聞こえてきます。昔の農家は農作業の目安にしていたんですね。ちなみに鳴くのはオスだそうです。
鳴き方にもいろいろあるそうなんですよ。雨などの天候の変化によって鳴くそうですが、アマガエルは雨がわかるんでしょうか。それはアマガエルは皮膚が薄いため湿気や気圧の変化に敏感だからなんだそうです。この時の鳴き方を「レインコール」といって、昼までも鳴くのが特徴です。他にも繁殖期(春)にオスがメスに自分の存在を知らせる「メイディングコール」は「広告音」とも呼ばれ、一般的には夜に鳴きます。また、繁殖期以外の賑やかな鳴き方を「シャワーコール」といい、夕方の畦道などで聞こえるシャワーコールは、夏の風物詩のひとつとなっております。

保護色のアマガエルはじっとしています
ところで最近都会ではあまり見かけないかもしれませんが、アマガエル、近づいてもあまり逃げませんよね。
いったいなぜだと思いますか?それはアマガエルが周囲の色に体の色を変化させるからです。いわゆる保護色になっているため葉の上では緑に、枝の上では灰色に変化します。だから人が近づいてもあまり逃げないんですね。
ということは、観察しやすいわけですから、写真も撮りやすいかもしれません。田植えの済んだ田圃を背景にしたり、紫陽花などと一緒に撮ると季節感の漂う写真が撮れるかもよ。だからといってアマガエルをもてあそんじゃいけませんよ(笑)。

雨の確率高いアマガエルの雨鳴き
アマガエルは天気の変化によって鳴くと言いますけど、どの位の確率で的中するんでしょうかね。
アマガエルの適中率を知るデータがありました。
蛙が鳴いて30時間以内に雨が降り出した割合は、50%から70%
気象庁の「降水あり」の適中率は、全国平均で80%前後
したがって人間の予報した的中率と比べるとかないませんが、アマガエルの予報精度は意外にも高いんですね。

アマガエルは雨が近づくと空中の湿度に反応して、植物の上の方に移動する習性もあるそうです。アマガエルが草木の上で見かけたら雨になるかもしれませんよ。雨傘はお忘れずに(笑)。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:Wikipedia、All About、こども歳時記
写真提供:(c) べーやん写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑ポチッと、お願い。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

ほのかな香りを贈る文香

皆さん、最近手紙とかはがきを書いたことがありますか。年賀状や暑中見舞いは別にして、個人的に手紙ってなかなか出す機会がないですよね。今やパソコンとか携帯のメールでことが済んじゃいますものね。
でも手紙にすがすがしい香りが同封されてきたらどうお感じになりますか。封筒を開けた瞬間、ほのかな香りが漂ってきたらきっと嬉しくなると思いますよ。それが古来から伝わる文香(ふみこう)なんですね。
文香

焚きしめた香を文(ふみ)に添えていた
文香とは、平安時代の貴族が文(手紙)を渡すときに香を焚きしめていた習慣を、現代に蘇らせた小さな匂い袋のことです。基本的には匂いのもととなるお香を袋に忍ばせ、手紙に添えて大切な人に贈ります。
今でこそパソコンや携帯電話が普及し、メールも早くて便利ですが、手書きの手紙はゆっくり時間をかけ、心をこめ、そして爽やかな香りを入れて、大切な人に届けてくれます。受け取る側は「何だろう」「何が書いてあるんだろう」と、封筒を開いてみるまではワクワクしちゃいます。そんな手紙が届いたら、一層嬉しくなってしまいます。
「誕生日おめでとう」「私達結婚しました」「無事定年退職しました」。
そんなありふれた一言にはぬくもりがあります。文字だけではなく、カードや便箋にしたためられた言葉に香りが添えられていると、送った人の気持ちを温かく伝えてくれます。

名刺入れや本のしおりにも文香
封筒に忍ばせたり、はがきや便箋に貼り付けたり、透明感のあるシールにしたり、その使い方はいろいろあります。もちろん手紙だけでなく、グリーティングカードに添えたり、名刺入れに入れたり、ハンカチや服と一緒に引き出しにしまったり。アイディア次第で、いろいろなところでお楽しみいただけます。
文香はアイデア次第で、こんな楽しみ方もありますよ。
手紙に忍ばせて…パソコンの冷淡な文字も、手書きに負けない手紙に変身しますよ。
プレゼントと一緒に…相手の好みや、イメージに合わせて香りも贈ることができます。
お祝いやのし袋に…出産祝いや結婚祝いののし袋に慶びをプラスしましょう。
手帳や本のしおりに…しおりタイプの文香で好きな香りを楽しめますよ。
バッグや財布の中に…ほのかな香りを楽しみましょう。
名刺入れに…名刺に貼って個性をアピールできますよ。
自分で香りを楽しみたいときはそのまま使うこともできますし、いただいた方も捨てずに楽しむことができ、楽しさが一層増すかもしれませんね。

お香の種類でオリジナルな文香
文香は紙屋さんで市販していますが、オリジナルの文香を楽しみたいという方はお手持ちのお香をすり潰し、小さくカットしたティシュペーパーに包み、ぽち袋に入れてお使いくださいね。
お香は種類(こちらを参照)によって香りが違いますが、文香でご利用の場合、スティックタイプが便利です。またオリジナルのぽち袋を制作される場合の折り方は、こちら(ぽち袋の折り方)をご参照ください。

文香の香りは約2週間持続するそうです。梅、新茶、ラベンダー、柚子などの季節の花の香りを選べば、日本の四季をお届けすることもできます。ぜひ、文香を使ってふわっといい香りを楽しんでみてくださいね。

色の文字をクリックすると詳しく解説されています。
参考サイト:All About、ペガサスキャンドル、詩仙香房、京都吉兆
写真提供:文香 posted by (C)Burnet

FC2ブログランキング(趣味・実用のその他)参加中!
 
↑気が向いたらでいいからね。ポチッと。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top