日本の四季 寒露

二十四節気(寒露)






わが家のミニ紅葉です
吊りしのぶ
夏の間、軒下に吊り下げていた「吊りしのぶ」。グーンと気温が下がってきた寒露、シダの葉が赤く色づいてきました。わが家の紅葉です。
しのぶ草や苔を丸く玉にした吊りしのぶ。夏の風情が漂うインテリアです。さらに風鈴などを下げると暑い夏の夕方、涼風にチリーンと澄んだ音色が目と耳から同時に涼しさを感じたものです。現代は隣近所から鈴の音がうるさいと苦情が入る、世知辛い世の中ですけどね。
この時季になると落葉するしのぶは紅葉の風情をも楽しめます。来春まで新聞紙にくるんで保存する前の吊りしのぶはわが家の秋のひとときです。
それにしても育てて7年目。シダの葉の密集度が減ってきました。育ての親に似るんでしょうか、ちょっと寂しいですね。
(平成29年10月15日:追記)




枝にたわわにまとわる赤や黄のりんご
りんご(こうこう)
これからの季節、北国はりんご天国です。りんご畑に足を踏み入れると、甘酸っぱいりんごの香りが漂ってきます。
全国でダントツに多い青森県にはかないませんが、長野、山形に次いで全国4番目のりんごの収穫量を誇る岩手。生産地付近を車で通過すると両側にりんご畑が続きます。
この日訪ねたりんご園は盛岡市の郊外にある観光りんご園。朝島山の中腹に広がり盛岡市街を見下ろす見晴らしのいい高原のりんご畑で真赤に実ったジョナゴールドがお出迎えです。標高が高いため酸味と甘みが豊かなんだそうで、口元に広がる芳醇な風味が漂ってきます。赤いりんごに混じって「きたろう」や「金星」「こうこう」などの黄色いりんごもいい香りを放っていました。
誰も獲る人がいないんでしょうか、木の下には数個のりんごが落ちています。パトロール中(?)の子猫ちゃんも落ちたりんごには目もくれないようでした。
(平成29年10月11日:追記)




五穀豊穣ならぬ根菜豊穣です ありがたやありがたや
産業まつり
9月30日、10月1日の両日行われた「産業まつり」。地元農家で栽培された野菜が山積みされていました。
昨年は台風の影響で野菜が不作でしたが、今年は順調に収穫できたようです。
会場には買い物かごを持った主婦が店先に並び、買いあさって!ました。まるでスーパーマーケットのバーゲンセールのようです。
姉妹都市、友好都市の9都市も参加。青森県黒石市のりんごや新米、来年6月フェリー就航が決まった北海道室蘭市のじゃがいもや玉ねぎの詰め合わせなど、この時季の野菜や果物が所狭しと展示販売されていました。
また日本の花火の粋を集めた「大曲の花火」の大仙市からは昼花火の打ち上げです。夜の花火の華やかさにはかないませんが、青空に咲き乱れる色のついた花火は思った以上にその気になるもんですね。
(平成29年10月5日記載)





二十四節気
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第十七節気 寒露 かんろ           10月8日~10月22日

肌に涼しい風を感じる季節です。寒露は露がひんやりと冷たくなる頃で、露が凍って霜になります。台風の多い今年は特に、標高の高い山々の木々が黄色や赤く色づき始め、自然のキャンバスも秋色に染まりだしました。
稲刈りも終わり、北の方からは紅葉の便りが届きはじめています。

「秋の日はつるべ落とし」です。夕暮れから急激に日没を迎えるようになり、薄暗い夕刻には車のヘッドライトが周りの町並みを照らしはじめました。
朝夕の冷気が増し、白露の頃、草木の葉先に結んでいた露も、この頃には冷たく感じられるようになります。それが霜のように凍ると露霜(つゆじも)となります。
例年ですとたわわに実った農作物の収穫もほぼ終わり、大忙しだった農家もホッと一息つく頃ですが、台風の強襲を受けた今年は今だ後片付けに呆然と過ごしているかもしれません。

日脚がすっかり短くなった寒露。夜は冷え込みを増してきます。日中との寒暖の差が著しいこの時季、深夜のデスクワークには冷たくなった手足のしびれが気にかかります。暖かいストーブの温もり、炬燵の暖房が晩秋の寒さを凌いでくれます。
秋の夜長、虫たちの合唱に酔いしれ、風邪をもらわぬよう皆様も十分お気を付けください。



※次の二十四節気は10月23日の「霜降」です。10月20日頃更新を予定しております。



七十二候
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。



第四十九候 鴻雁来 こうがんきたる        10月8日~10月12日

ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくる頃です。雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になるとシベリアの方へ帰っていきます。毎年、初めに訪れる雁を「初雁(はつかり)」と呼びます。
冬鳥が天を渡って飛んでくる時季、青森県には雁風呂(がんぶろ)という珍しい風習があります。
海上での休息用に木片をくわえて飛来した雁は、春になると再び木片をくわえて旅立つと信じられていました。雁が飛び立った後に残っていた木片は、日本で死んだ雁のものだと考えられていたようです。
その雁の供養のため、流木で焚いたお風呂を旅人などに勧めていたという、雁風呂の由来があるそうです。


第五十候 菊花開 きくばなひらく          10月13日~10月17日

秋の花の代表である菊が咲き始める頃です。
栽培用の菊は奈良時代末期から平安時代頃に中国から渡ってきたとされています。日本で古くから楽しまれるようになったのは、春に植え、夏に育て、秋に花が咲くというサイクルが稲の栽培に似ているためといわれております。
当初薬草や観賞用植物として用いられていた菊の花。正式には明治2年、皇室の御紋として定められましたが、菊をこよなく愛した後鳥羽上皇(1198年~)の頃から皇室の家紋として使っていました。


第五十一候 蟋蟀在戸 きりぎりすとにあり    10月18日~10月22日

秋の虫が戸口で鳴き始める頃です。
テレビもラジオもない時代、秋の夜長は鈴のような虫たちの声を楽しんだに違いありません。
キリギリスは、別名機織(はたおり)虫といいますが、この候のキリギリスは、夏から冬にかけて見られ、鈴のような音色を響かせるツヅレサセコウロギだと言われています。ギーッと鳴いて、一息ついてチョンと鳴きます。
キリギリスとバッタとコウロギはなかなか見分けがつきません。イナゴやバッタは食用として茹でて食べる人もいるようです。
ちなみにキリギリスは漢字で「蟋蟀」と書きますが、難しくて読めませんし、書けません。



下の<続きを読む>をクリックすると、秋分前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご関心のある方はごゆっくりご覧ください。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2016
  • 10/15
  • Sat

精霊「座敷童子」の棲む緑風荘

161015座敷童子①

座敷または蔵に住む神と言われ、精霊的な存在の座敷童子(ざしきわらし)。
東北地方、主に岩手県に伝わる座敷童子は、家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどと言い伝えられております。
5、6歳くらいのおかっぱ頭で、男の子は絣か縞の黒っぽい着物を、女の子は赤いちゃんちゃんこや小袖、ときには振袖を着て旧家に棲み付いているんだとか。
悪戯好きで、夜中に糸車を回す音を立てたり、奥座敷でお神楽のような音を立てて遊んでいるとか、夜になると客人の布団の上にまたがり、悪戯をして眠らせまいとするそうです。

161015座敷童子②
精霊なる座敷童子の里といわれる岩手県北部の金田一温泉郷。その中に座敷童子の棲む旅館として知られる緑風荘があり、そこにはこんな言い伝えがありました。
1342年の南北朝時代、南朝の後醍醐天皇に仕える藤原朝臣藤房が足利軍の討伐を逃れる道中、当時6歳の亀麿(かめまろ)が病気で幼き生涯を閉じました。その時「末代まで家を守り続ける」と言い残したそうです。
その後守り神として奥座敷「槐(えんじゅ)の間」に現れるようになったのです。その姿を見たり不思議な体験をした人は幸運に恵まれ、男性は出世し、女性は玉の輿に乗ると言われています。
緑風荘は2009年10月4日に起きた火事で、座敷童子を祀る中庭の亀麿神社を残し全焼。資金難を乗り越え、2016年5月14日より営業を再開しました。外から見た限り、看板がなければ歴代の大きな旧家のようでもあります。

161015座敷童子③
槐の間の床の間には火災で焼け残った木で彫られた亀麿の木造が鎮座しておりました。それまで館内は芸能人との記念写真やゆかりの品、ぬいぐるみなどであふれていましたが、今日では奉納を禁止し、お帰りにお持ち帰りいただいているそうです。
私が槐の間を撮影中、若い女性の泊り客がチェックインしていました。彼女もこの槐の間で座敷童子の姿を見て、玉の輿の幸運に期待しているのでしょうか(笑)。

161015座敷童子⑤ 161015座敷童子⑥
敷地内には今でも当時のままの座敷童子を祀った亀麿神社があり、参拝もできるパワースポットなんだそうです。隣には座敷童子を守ってくれている稲荷神社も肩を並べて建っておりました。
同じ敷地内には言語学者の金田一京助の「なつかしき故郷の丘のおも我が名を刻むとはのあかしに」の歌碑が建っています。金田一家は南部藩の氏族であり、祖先は金田一を領地として与えられたのだそうです。

161015座敷童子④
館内には源泉かけ流し浴場もあり、日帰り入浴を楽しんできました。弱アルカリ性の泉質で美肌効果もあるそうです。ほとんど貸切り状態でしたから、入浴中窓から座敷童子が入ってきて、何か悪戯するのではないかと、気が気ではありませんでした。出世を望むなら、悪戯された方が良かったかもしれませんけどね(笑)。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気寒露七十二候の第四十九候から第五十一候まで及び寒露前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。




人気ブログランキングへ


テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

  • 2016
  • 10/10
  • Mon

スポーツの秋、希望郷いわて国体開催

スポーツの秋の10月1日、岩手県で開かれている「第71回国民体育大会(希望郷いわて国体)」。
46年振りに本県を舞台にした国民スポーツの祭典は天皇皇后両陛下をお招きし、北上市の北上総合運動公園陸上競技場で総合開会式が行われました。
全国から47都道府県の選手団約2万2900人が参加。本県の選手団は933人で全競技に参加し、11日まで熱線を繰り広げております。

希望郷国体①
県内24市町村で36正式競技が行われていますが、ここ宮古でもレスリングセーリングの2競技が行われています。

希望郷国体②
宮古会場となったレスリングは宮古市民総合体育館(シーアリーナ)で10月7日から4日間、熱い戦いが繰り広げられました。

希望郷国体④
本県からは14名の選手が参加。少年男子のグレコローマンスタイル96㎏級には地元高校の後輩も出場しましたが、2回戦で敗退。96㎏級の上のクラスは最重量級の120㎏級ですから重量クラスですよね。間近で見ると威圧感があります。圧倒されますよ。重量級で全国の選手を相手によく頑張りました。
私の高校時代もレスリングをしていた同級生がおりまして、国体にも出たことがあったんですよ。昔からレスリングは強い高校でしたね。今の強豪は他校に移ったんでしょうか。今大会出場の少年男子(高校生)には7名のうち4名が県ナンバー1の高校から出場しているようです。

希望郷国体③
しかもこの高校からは、今大会から参加種目となった女子フリースタイルで準優勝した教諭がおります。この選手、リオ五輪銀メダリストの吉田沙保里選手の練習相手も務めたそうです。やはり優秀な指導者がいるところに実力のある選手が集まるんですかね。

そういえばその吉田沙保里選手も会場に駆けつけ、声援していたようです。私は残念ながらこの日は会場に行けませんでした。しかも同じ8日には秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまもレスリングを観戦されたようです。会場に行っていればそのお美しいお姿を拝見できたのに、返す返すも残念です。~何を言ってるかこの爺(笑)~。

もう1つの会場で行われたセーリング競技会。リアスハーバー宮古で10月2日から4日間行われました。
セーリング競技にはヨットとサ-フィンの2種類あるそうですが、ルールはよくわかりません。しかもレースは遠く沖合で繰り広げられるので、望遠レンズを使ってもよく見えません。観戦は断念しました。スマホでリアルタイムに見れるんですよね。

希望郷国体⑥
レースを遠巻きに見るとこんな感じです。写真手前のボケは先日の台風で海に流れ着き、岸壁に打ち上げられた流木です。まだ完全には整備されない状態での開催でした。

東日本大震災復興の架け橋となる「2016希望郷いわて国体」ですが、ほとんどの競技は10日で終了。盛り上りにかけたような大会でしたが、今は11日の閉会式を待つのみです。
気になる天皇杯は東京が3年振りに奪還しそうです。9日現在で岩手は第3位。開催県が優勝しないのは14年振りだそうです。地元優勝が慣例化されているような国体ですが、やはり被災県で選手強化に注ぐ予算が取れなかったせいでしょうか。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気寒露七十二候の第四十九候から第五十一候まで及び寒露前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。




人気ブログランキングへ

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top