• 2016
  • 09/30
  • Fri

秋風にたなびく彼岸花

お彼岸の頃に咲く、彼岸花。自生の北限といわれているこちらでもお彼岸を過ぎたこの時季、あの独特の真赤な花が群生しているところがありました。
近隣ではあまり見ることができません。いつかは撮ってみたいと思っていたところに、「彼岸花が咲いているよ」の情報が。

160930彼岸花①
車で約3時間、県央部北上市の、とある寺院。たかが彼岸花、されど曼珠沙華です。
参道の両脇には美しく咲き誇る彼岸花を撮ろうと、カメラマンがレンズの放列。
墓地や田んぼのあぜ道、土手等、人里に自生しているといわれておりますが、まさにその雰囲気です。

160930彼岸花②
毒を持つ彼岸花には、別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、死人花(しびとばな)、天蓋花(てんがいばな)など、数多くの名前が付いており、ついつい不吉な印象を抱いてしまいます。
その鮮烈な赤い色からは想像もできません。やはり美しい花にはトゲがあるんですね。

160930彼岸花③
とはいえ、深紅の美しい彼岸花を目の当たりにすると我が目も惹きつけられ、どのようにしてこの美しい媚びを写真に撮り込んだらいいのか、暫し放心してしまいました。
見れば見るほど、その花芯が放つ妖艶な雰囲気に惹き込まれてしまいます。

球根に猛毒を持ち、墓地などを荒らす小動物除けに植えられた彼岸花。昔の飢饉のときは水にさらして毒を抜き、非常食として重宝していた頃もありました。中国では漢方薬の原料として使われていたようです。

周りにはコスモスも可憐な花を風に揺らし、競い合うように秋の香りを放っていました。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気秋分七十二候の第四十六候から第四十八候まで、秋分前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。



人気ブログランキングへ

テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

お見送りの豪華クルーズの旅

川徳百貨店、岩手の老舗です。
創業、慶応2年(1866年)といいますから、今年が150年になるんですね。
県庁の盛岡に行ったときのお土産といえば、川徳デパートで買うことが定番でした。
子供の頃は包装紙にカワトクと明記されていると「ヤッター」とか言って誇らしかったもんです。

その川徳が創業150年を記念して、初の「にっぽん丸」でのチャータークルーズを企画したんですね。
宮古港発着で「世界遺産富士山」のお膝元「清水」の観光と、芸術の拠点「熱海」に寄航する4日間の旅です。
優雅さ満載のクルーズは地元幼稚園の鼓笛隊に見送られ9月14日午前10時に出港。
顔が隠れてしまうほどの大きな花束を贈られた350名ほどの参加者は、かわいい子供たちの見送りに、心が和んでいたようでした。
160925にっぽん丸寄港①

160925にっぽん丸寄港②

160925にっぽん丸寄港③
潮風を受けながらゆっくりと清水港を目指す22500トンの「にっぽん丸」は宮古港でもお馴染みになりました。
見送りだけじゃなく、旅心をくすぐられる贅沢なクルーズにも参加してみたいものですね。



下の<続きを読む>をクリックすると、二十四節気秋分七十二候の第四十六候から第四十八候まで、秋分前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。





テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報

先祖を尊び故人をしのぶ彼岸

160920お彼岸お膳

先祖を尊び故人をしのぶ秋分の日。
秋分の日を中心に前後3日間を合わせた7日間が秋のお彼岸です。
彼岸の向こう岸は阿弥陀如来が住み、先祖の魂が安住する極楽浄土の世界。
私たちの住むこちら岸の「此岸」は煩悩と迷いの世界です。
お彼岸中、仏壇には野菜や果物、お菓子、そして彼岸膳を供え
朝晩先祖の礼拝供養をすることで、「此岸」から悟りの世界「彼岸」に到達できるといわれます。
そのための修行が布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧の六波羅蜜。
彼岸はその修行をするための期間でもあります。
お彼岸にはお墓参りをし、お花や線香を供え、真心の合掌を捧げる修行が大切です

9月22日は二十四節気の「秋分」です。



二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



第十六節気 秋分 しゅうぶん             9月22日~10月7日

9月22日には二十四節気の「秋分」を迎えます。
太陽が真東から真西に沈み昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。

秋分の日は彼岸の中日で、前後3日間が秋彼岸。19日は彼岸の入りで、25日を彼岸明けといいます。
仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。彼岸は西に、此岸は東にあるとされ、秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられていました。
お彼岸は「日願」でもあり、太陽の神を信仰する神道と結びつきやすかったのかもしれません。
春には豊作を祈り、秋には豊作を祝う自然信仰と仏教の浸透による先祖崇拝が結び付き、祖先を供養する意味を持ち始めたのです。やがて祖先の霊を供養するため、「お墓参り」する慣習が出来上がりました。
お墓参りをする習慣があるお彼岸は、他の仏教国にはない日本だけの行事です。

秋の日は釣瓶落としといわれるこの時季。「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあるように、この時季を境として、暑さが和らぎ、少しずつ涼しい季節へと移っていきます。
油断をすると体調を崩すことにもなりかねません。お気を付けてお過ごしください。

彼岸については過去何度か触れてきました。
詳しくお知りになりたい方は左のカテゴリー「秋分」からご覧ください。秋分やお彼岸にまつわるいろいろなことに触れております。



下の<続きを読む>をクリックすると、七十二候の第四十六候から第四十八候まで、秋分前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top