日本の四季 穀雨

穀雨バナー






カモシカにジーっと見つめられました
ニホンカモシカ
先日海の近くの森林公園を散策していたら林の中でニホンカモシカと遭遇。
野生動物ですから、見たくなったからと言って動物園に行って見るわけにもいきません。
最近は出没回数も増え、近隣の苗木や農作物を食い荒らす問題も発生しているようです。
物珍しさに思わずシャッターを切ってしまいましたが、自然が残る野生の宝庫なんですね。
周囲には民家もあります。観光地でホテルもあり、観光客も近くを歩いています。
熊ほど危険性はないにしても突然の出会い頭は怖いですね。
出没は特別天然記念物として保護されたり、自然林伐採による餌不足が要因なのかも。
これ以上増え続けるなら保護区を設定し、保護区外のカモシカを見かけたら駆除する対策が必要かもしれませんね。
(平成29年4月25日:追記)




今年も花筏が浮かんでます
花筏
この1週間で急激に春めいてきた北国地方、今が花時です。
5日前の開花宣言から桜は一気に咲き綻び、満開の桜吹雪は桜人の心を魅了しました。
花筵(はなむしろ)を敷いてお花見弁当を広げる先に、舞い散る零(こぼ)れ桜。
この日花冷えで散った花吹雪が、さらさらと流れる小さなせせらぎに花筏(はないかだ)を浮かべます。
水面に敷き詰められた桜色の浮き橋は薄暗くなると、
焚く花篝(はなかがり)によってぼんやり明るく見えはじめます。
花あかりは桜を愛でる人に風情を感じさせてくれます。
今年も夜桜は幽玄の世界に誘なってくれそうでした。
(平成29年4月20日:追記)




大きくなって戻ってきてね~!
さけ稚魚壮行会
先日4月13日、地元の津軽石川で漁業協同組合主催による鮭の稚魚壮行会が行われました。
幼稚園、保育園など大勢の園児たちが、「元気に戻ってきてね」と今年1月に誕生した鮭の稚魚5万尾を放流。園児たちに見守られ、6センチ程に成長した稚魚たちは太平洋の大海原目指して元気よく旅立ちました。
本州で一番多くの遡上が見られるといわれている地元の河川。東日本大震災の影響で危惧されていた回帰問題も杞憂であって欲しいと願いつつ、今年で36回を迎える壮行会は、サーモンの町宮古ならではの風物詩です。
楽しみな4年後、故郷を忘れない鮭ですが、園児たちも今日の壮行会を覚えている、カナ!
(平成29年4月15日:記)




二十四節気バナー
二十四節気全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第六節気 穀雨 こくう      4月20日~5月4日

二十四節気は4月20日から「穀雨(こくう)」を迎え、5月4日頃まで続きます。
穀雨は「雨が降って百穀を潤す」といわれ、田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る頃でもあります。稲作を農業の中心としている日本では、発芽したばかりの稲を育てる雨として重視されてきました。

この頃から天気も安定し、日差しも強まり始める一方で、穀物の成長を助ける春雨が降る頃となります。この時期に降る雨は「百穀春雨」ともいわれ、百穀を潤し発芽させます。これが連続して降り続くことを「菜種梅雨(なたねつゆ)」といい、菜の花に潤いを与える長雨となります。これを春霖(しゅんりん)ともいいます。

雨の日が続くと憂鬱な気分になりますが、植物にとっては大切な恵みの雨ともいえます。
大地の草原には緑が甦り、春が一層色濃くなってきました。シャツを1枚脱ぎ捨て桜花爛漫の季節を満喫しましょう。
夏野菜を植えるにも最適な時季、晩春の穀雨です。夏を迎える前の八十八夜は茶摘みを始める目安の日でもあります。



※次の二十四節気は5月5日の「立夏」です。5月1日頃更新予定です。



七十二候バナー
七十二候全体の概要はこちらからご覧いただけます。


第十六候 葭始生 あし、はじめてしょうず   4月20日~4月24日頃

水辺に葭(あし)が芽を吹き出しはじめ、山の植物、野の植物が緑一色に輝きだす春爛漫の時季です。
「葭」とも、「蘆」とも書く葦。日本はかつて「葦原の国」と呼ばれたほど葦は古くから親しまれていた植物であり、すだれや屋根、紙や楽器などに用いられ、人々の生活に欠かせませんでした。大地が緑色に輝くこの時季、それまで枯れていたように見えていた葦の成長が見られます。
パスカルは「人間は考える葦である」と言いました。葦は強い風が吹いてもしなって倒れることはありません。人間は考えることができるということは、葦のように精神のしなやかさを持っているということなのかもしれません。


第十七候 霜止出苗 しもやみてなえいずる  4月25日~4月29日頃

霜が発生することをよく「霜が降りる」と言い、乾燥した地域の冬の朝によくみられます。朝早く散歩のために家を出て、寒さに襲われる日、植物の葉や茎、地面、建物や車の窓などに霜が降りていることがあります。
遅霜は、農業に大きく影響することがあります。霜が消える頃を迎えると、稲作農家は田植えの準備に入ります。水を張った田に初夏の太陽が降り注ぐと、田が生き返ったように輝いてきます。
稲が順調に育った苗床は若芽がまるで絨毯のように見えます。この時季を迎えると、農家では田植えが近づいたことを知り、人々の間には活気が満ち溢れてきます。


第十八候 牡丹華 ぼたんはなさく       4月30日~5月4日頃

牡丹が大きな花を咲かせる時季であります。中国では花の王といわれ、華やかさの象徴とされています。「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」など、たくさんの呼び名を持っています。
完全無欠の女性美を謳った言葉に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」があります。
優美なだけでなく端正で、しなやかさと謙虚さも兼ね備えた女性像でもあります。条件の揃った女性など、現代ではなかなかお目にかかれないかもしれません。



下の<続きを読む>をクリックすると、穀雨前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

穀雨で締めくくる二十四節気の春

平成28年4月14日に発生した熊本地震。激甚だった本震後にも続く恐怖の余震。
かつてない揺れに戸惑いを隠しきれなかったことと思います。
まだ終焉を見ることもならず、瓦礫の山と相対し悲嘆の日々を送られている被災者の皆様、
どうぞ元気を取り戻してください。
幸せだった日々を奪われた皆様の背後には、全国の皆様が心強いエールを贈っております。
犠牲になられた方への哀悼と被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。



160418さくら
強風で折れた桜の小枝を寄せ集め、ブーケにしてみました。

立春に始まり、穀雨で終わる春。
この時期、田植えの準備に取り掛かってきた私たち農耕民族の祖。
雪が解け、様々な命が吹き返り、草花が咲き、鳥が渡ります。
山野(さんや)だけでなく、水辺の葦も太陽に届けとばかりの成長を見せ、
稲の苗も霜の覆いから元気な姿を現します。
そして艶やかな姿にまとった牡丹の花は人々の目を引き付けてくれるでしょう。
この時季穀雨はすっかりさまざまな命を育んでくれます。
桜が散ったその後に、巡るように咲き誇る春の花はその空しさを埋め尽くしてくれます。
4月20日からは二十四節気の穀雨(こくう)です。


二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第6節 穀雨 こくう      4月20日~5月4日

日本の季節、二十四節気は4月20日から「穀雨(こくう)」を迎え、5月4日まで続きます。
穀雨は「雨がふって百穀を潤す」といわれ、田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る頃のことをいいます。雨で潤った田畑は種まきの好機を迎えます。稲作を農業の中心としている日本では、発芽したばかりの稲を育てる雨として重視されてきました。この頃から天気も安定し、日差しも強まり始める一方で、穀物の成長を助ける春雨が降る頃となります。この時期に降る雨は「百穀春雨」ともいわれ、百穀を潤し発芽させます。これが連続して降り続くことを「菜種梅雨(なたねつゆ)」といい、菜の花に潤いを与える長雨となります。これを春霖(しゅんりん)ともいいます。
雨の日が続くと少し憂鬱な気分になりますが、植物にとっては大切な恵みの雨といえます。夏野菜を植えるにも最適な時季です。穀雨は晩春。夏を迎える前に八十八夜がやってきます。


七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。


第十六候 葭始生 あし、はじめてしょうず   4月20日~4月24日頃

水辺に葭(あし)が芽を吹き出しはじめ、山の植物、野の植物が緑一色に輝きだす春爛漫の時季です。
「葭」とも、「蘆」とも書く葦。日本はかつて「葦原の国」と呼ばれたほど葦は古くから親しまれていた植物であり、すだれや屋根、紙や楽器などに用いられ、人々の生活に欠かせませんでした。大地が緑色に輝くこの時季、それまで枯れていたように見えていた葦の成長が見られます。
パスカルは「人間は考える葦である」と言いました。葦は強い風が吹いてもしなって倒れることはありません。人間は考えることができるということは、葦のように精神のしなやかさを持っているということなのかもしれません。


第十七候 霜止出苗 しもやみてなえいずる  4月25日~4月29日頃

霜が発生することをよく「霜が降りる」と言い、乾燥した地域の冬の朝によくみられます。朝早く散歩のために家を出て、寒さに襲われる日、植物の葉や茎、地面、建物や車の窓などに霜が降りていることがあります。
遅霜は、農業に大きく影響することがあります。霜が消える頃を迎えると、稲作農家は田植えの準備に入ります。水を張った田に初夏の太陽が降り注ぐと、田が生き返ったように輝いてきます。
稲が順調に育った苗床は若芽がまるで絨毯のように見えます。この時季を迎えると、農家では田植えが近づいたことを知り、人々の間には活気が満ち溢れてきます。


第十八候 牡丹華 ぼたんはなさく       4月30日~5月4日頃

牡丹が大きな花を咲かせる時季であります。中国では花の王といわれ、華やかさの象徴とされています。「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」など、たくさんの呼び名を持っています。
完全無欠の女性美を謳った言葉に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」があります。
優美なだけでなく端正で、しなやかさと謙虚さも兼ね備えた女性像でもあります。条件の揃った女性など、現代ではなかなかお目にかかれないかもしれません。


下の<続きを読む>をクリックすると、穀雨前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

桜前線、みちのくを北上中!

やっと前線も、みちのく北国にやってきました。
日本で一番広い岩手県を通過するのに、手間取っているのでしょう。4月の中旬頃に開花したはところによって5月の上旬まで堪能できます。
前線通過県からその都度情報が流れており、の話題には食傷気味だったと思いますが、北国ではその分多くの美しいを観賞することができます。

15420桜まつり(展勝地A)

今年は例年より早い前線。開花宣言があった県内各地の桜を駆けずり回ってカメラに収めてきました。

15420桜まつり(盛岡城址A)15420桜まつり(盛岡城址B)
まずは盛岡城跡公園(岩手公園)の桜。観測史上最も早い4月8日の開花でしたが、この日4月14日はまだまだほとんど蕾。傍らに咲いている紅梅とのコラボレーションを楽しむことができました。

15420桜まつり(石割桜)
その近くの盛岡地方裁判所構内にある石割桜。巨大な花崗岩の岩の割れ目から成長した珍しい桜です。樹高10.6メートル,樹齢360年ともいわれるエドヒガンザクラで,国の天然記念物に指定されています。この日は七分咲きくらいかな。訪れる人々は立ち止まってカメラの放列でした。

15420桜まつり(厳美渓A)15420桜まつり(厳美渓B)
巨岩、深淵の迫力ある渓谷を流れるエメラルドグリーンの川岸に咲き綻ぶエドヒガン。16日には一関の厳美渓でダイナミックな桜を見ることができました。天然記念物に指定された渓谷美には名物「空飛ぶだんご」。岩場の東屋で小槌を鳴らすと対岸からロープ伝いに団子が届きます。一皿3本の団子が400円。旨い!

15420桜まつり(展勝地B)
15420桜まつり(展勝地C)15420桜まつり(展勝地D)
「さくらの名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられている北上展勝地。北上川河畔約2キロに渡る展勝地には約150種、1万本の桜がそのスケールを物語っていました。15日から始まった「さくらまつり」には平日にもかかわらず大勢の花見客がつめかけていました。遊覧船による舟下りや桜並木を走るノスタルジックな観光馬車(冒頭の写真)、そして北上川の両岸をまたいで泳ぐ鯉のぼりは、七分咲きのソメイヨシノを一層盛り立てているようでした。

15420桜まつり(長沢川A)15420桜まつり(長沢川B)15420桜まつり(長沢川C)
18日は地元宮古の長沢川畔を彩るソメイヨシノです。昨年より10日早く開花。花曇りのこの日、約300本の桜の下で、休日を楽しむ親子の桜人。前夜の雨が花の上に宿る花の露を見ながら、思い思いに花見弁当をひろげていました。

桜雨の降る今日もみちのく岩手には桜前線が停滞中です。桜のオンパレードで食傷だった皆さんのお目を煩わせてしまいました。これから満開を迎える北国の桜は、しばし自然が彩る美しい日本の春を堪能できそうです。

4月20日は二十四節気の「穀雨(こくう)」です。
春の雨が全ての穀物を潤す穀雨。農家にとってこの時期に種まきをすると植物の成長に欠かせない恵みの雨です。短い命の桜にとって花冷えの桜雨にならないよう願うだけです。


二十四節気 穀雨(こくう)◇二十四節気6番目の節気。4月20日および立夏(5月6日)の前日まで。
暦便覧は「春雨降りて百穀を生化すればなり」
稲や麦などの穀物の生長を助ける雨が降るころ。
穀雨七十二候は次の通り。
第十六候(穀雨初候)4/20~4/24 葭始生(あし、はじめてしょうず)
水辺の葭が芽吹き始め、山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃。葭は、最終的にすだれや屋根などに形を変え、人々の生活を手助けしてくれます。


今日の独りごと

今日の独りごと0420栗駒山を水源とする磐井川(いわいがわ)の浸食によって造られた厳美渓。仙台藩主伊達政宗公が自ら植えたと伝えられる貞山桜がひと際目を惹きます。桜に団子、風情がありますね。
テレビでたびたび紹介されている「空飛ぶ・かっこう(郭公)だんご」。記事でも書きましたが、岩場の東屋に備え付けられた竹籠にお金を入れ木槌で板をたたくと、ロープで川向うの茶屋に引き上げられ、団子とお茶を入れた竹籠が戻ってきます。
郭公だんごは「あんこ」「ごま」「みたらし」の3本で1セット。つき立ての餅のようにふんわり柔らかく、甘いものが苦手な私でも結構いけそうです。
味もさることながら、ロープを使って差し出される厳美渓名物「空飛ぶだんご」。見ているだけで楽しいですね。風情があります。旅の楽しみの一つですね。


参考サイト:暦生活北上観光コンベンション協会いちのせき観光NAVI盛岡市



テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top