FC2ブログ

桜とコロナ戦禍

今や国内各県の牙城は崩され、新型コロナのウイルスに壊滅的な被害を受けております。前回記事で取り上げた感染者ゼロの県も僅か4~5日でコロナ疎開に汚染されてしまいました。残る我が県は1日でも長く牙城を守り抜きたいですね。それには手洗いの励行と咳エチケット、不要不急の外出自粛、緊急事態宣言都府県への移動規制でしょうかね。
地道な新型コロナウイルスの感染防止対策ですが、基礎疾患の持病を持つ高齢者にとって長期にわたる自粛規制は限界があります。1日も早いワクチンの開発を期待したいところです。マスクの店頭不足のためネットで購入するなど入手に四苦八苦してはおりますが、今は何億円もかけてマスクを支給するよりは、その費用や国会議員の歳費の一部を治療薬開発に割いて欲しいと思いますけどね。新薬開発には臨床試験など長期の研究期間が必要かもしれませんが…。

コロナウイルスに翻弄されている人間社会ですが、自然界ではウイルスをものともせず、春の兆しと共に美しい花を咲かせてきましたね。ピークを過ぎ去った地域とは2~3週間遅れですが、北国にもが花開き、沈んだ気持ちを包み込んでくれています。
とはいえ、近くのの見どころは先日の休日にもかかわらず、人影はまばら。例年ならBBQを持ち込み宴会があちこちで見られたんですけどね。コロナ自粛はここまで浸透してるようです。
桜満開①DSC_1031


はやる気持ちを抑えつつ1年振りに再会できたさんでしたが、今年は愛でてくれる人も少なく思うように歓迎できませんでした。来年こそは各地で中止になったまつりを復活させ、人々の気持ちを自然回帰させてあげたいものです。
桜満開②DSC_1062


ただ今の二十四節気は「清明」です。詳しくは4月3日付の「二十四節気・清明」をご覧ください。次の二十四節気は4月19日の「穀雨」です。前日までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

新型コロナで緊急事態宣言

イーストピアみやこ
宮古市役所庁舎「イーストピアみやこ」

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発令されましたね。首都圏、関西、九州の7都府県が対象で5月6日までの約1か月間ということですが、今や日本国中コロナウイルスで泥沼化してますね。感染者の激増ぶりは目を覆うような勢いですし、死亡者も日増しに増えてます。
緊急事態宣言によってどれだけその効果が発揮されるか分かりませんが、お勤めの方も大変ですし、日本の屋台骨を構築されておられる企業の皆さんは経営維持するだけでも頭が痛いと思います。お籠りの生活を継続しなければならない高齢者にも限界があります。

今コロナが発生してない県は岩手県をはじめ鳥取県、島根県の3県だけ(4月9日現在)です。発生してないからといって安心しているわけではなく、大型台風の進路を予測するように、感染者の発生を毎日戦々恐々としております。
我が県での感染者ゼロの現状は広大な県土に低い人口密度が、感染拡大を防いでいる可能性を指摘しています。加えて手洗いや外出自粛を励行する「真面目な県民性」があると、医療関係者からの見方もあるようです。真面目かどうかは分かりませんが、それが直ちに感染者ゼロに繋がっているとは思えませんけどね。

先月中旬、関東の他県から訪れた男性が県内で約1週間滞在し、北海道に旅立ちました。小樽でコロナの症状が発症し、感染が判明したそうです。県内で濃厚接触した2名とその家族はPCR検査の結果、陰性でした。瀬戸際で防衛できたようです。
岩手県と同様、感染者ゼロの鳥取県、島根県では、緊急事態宣言のあった7都府県からのコロナ疎開による感染流入への警戒を強めているようです。来るなとは言えません。7都府県からの転入者には14日間の外出自粛を求めるなど、来県者には冷淡な措置かもしれませんが、県民と転入者双方を守るためにはこれしかないのでしょうね。難しい判断ですね。

ビジネスの社会ではテレワークなどという情報通信技術を活用した自宅での仕事もあるでしょう。場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が見直されているようです。自分も以前経験したことがありますが、自己管理は非常に厳しいです。いわゆる「報連相」を怠ると1つのビジネスが滞ってしまいますからね。
緊急事態宣言にもある外出自粛を無視しても罰則はありませんが、巣ごもりにも限界があります。「密接」「密集」「密閉」の3密を避けるなら、ウォーキング、ジョギングは宣言にも容認されているようなので、近くの公園まで行ってストレスを解消してきます。


ただ今の二十四節気は「清明」です。詳しくは4月3日付の「二十四節気・清明」をご覧ください。次の二十四節気は4月19日の「穀雨」です。前日までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

お釈迦さまの誕生を祝う花まつり

先日4月4日、三陸沿岸のこの地域も桜の開花宣言がありました。1953年の観測開始以降、最も早かった2016年4月5日を更新したということです。標準木はまだ見に行ってませんが、これを機に他の桜名所も開花してくるでしょうね。とはいえ、今年は花見宴会も自粛ムードで、楽しさ半減です。

時を同じ頃にした4月8日はお釈迦さまの誕生をお祝いする降誕会(花まつり)です。詳しくは過去記事「花まつりおもしろ雑学」をご覧ください。
右手で天を、左手で地を指した誕生仏に甘茶を注ぐことから灌仏会(かんぶつえ)や浴仏会(よくぶつえ)ともいうそうです。一般的には誕生仏を安置したお堂をきれいな花で飾っておまつりするところから、「花まつり」という方が親しまれています。
花御堂
(この画像は写真ACからお借りしました)


お釈迦さまは、生まれるとすぐに7歩歩まれ、右手は天を、左手は地を指して、「天にも地にもただ独り私として尊いのである(天上天下唯我独尊)」と宣言されました。花まつりはこのお釈迦さまが言われたという伝説から来ており、この宣言を天に住む龍が感激して甘露の雨を降らしたといいます。
日本で最初に花まつりを行ったのは推古14(606)年の元興寺です。初めは香りのよい湯を注いで誕生仏を清めていましたが、江戸時代になって甘草という薬草の葉を煎じた甘茶を用いるようになりました。これは龍が降らした甘露の雨を表わしているのです。
お釈迦様

今年は事情により中止するところもあります。以前お寺の境内でお花を飾った花御堂で誕生仏に甘茶をかけてお詣りしたことがありました。気が引き締まるような思いがした記憶があります。
私の苦しみをお救いくださいませ……? お釈迦さまはキリスト教か(笑)。


ただ今の二十四節気は「清明」です。詳しくは4月3日付の「二十四節気・清明」をご覧ください。次の二十四節気は4月19日の「穀雨」です。前日までにご案内いたします。

テーマ:岩手をつぶやく
ジャンル:地域情報

プロフィール

matsuyama

Author:matsuyama
自悠気儘なド田舎の北国生活に染まり、素朴な風情を探索しながら純真に融け込もうとしています。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近の記事

リンク

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
45位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

QRコード

QRコード

CREDIT

top