• 2017
  • 04/01
  • Sat

日本の四季 清明

一本桜(4/4)






災害防止優先か自然景観優先か
宮古湾防潮堤
東日本大震災で壊滅的な被害を受けたわが町の港湾周辺は、今新たな防潮堤作りが進められています。幅約2m、高さ10m程の巨大な防潮堤で湾内を覆い尽くす計画です。完成後は沿岸一帯が水難から守られることになるでしょう。
しかし、災害防止のためとはいえ、堅牢な防潮堤はどこか冷え冷えとした安全策に見えてしまいます。巨大な防潮堤のために陸中の美しいリアス式海岸が見られなくなり、自然景観を破壊してもいいものかという思いもあります。だが海岸沿線に住み、常に津波の恐怖と暮らす人々にとって、美観より災害防止が優先なのかもしれませんね。
(平成29年4月10日:記)



JR線の運営移管で観光客増加が期待される三陸鉄道
十府ヶ浦駅開業
3月25日三陸鉄道北リアス線に十府ヶ浦駅開業。新駅誕生は東日本大震災後初めて。大震災直後は津波により不通。が、スタッフの熱意と努力で5日後には運転を再開。一方同じ不通だったJR山田線(宮古―釜石間)は再開を断念。同線の三陸鉄道運営移管により、北リアス線(久慈―宮古間)と南リアス線(釜石―盛間)の直結が図られました。
陸中海岸沿線住民の足となり、観光客誘致の原動力となる三陸鉄道の完全復興が、今後ますます期待されます。4月3日の三陸鉄道入社式では業容拡大のための新スタッフ6名を採用。人材を確保して、平成19年春のJR山田線運営移管に備えています。頑張れ、三鉄!!
(平成29年4月5日:記)



災害公営住宅 安定生活 6年目の復興
災害公営住宅
平成29年1月、最後の災害公営住宅完成。25団地766戸、当初の建設計画が達成された。
6年目の復興で被災者は長かった仮設住宅暮らしと惜別し、
人並みの生活ができるようになった。が、遺影に残る心の傷跡はまだ癒えない。
(平成29年3月31日:記)






二十四節気(清明バナー)
歳時記の概要はこちらからご覧いただけます。


第五節気  清明 せいめい  4月4日~4月19日頃

清明とは万物が「清浄明潔」の略で、この頃になると春気玲瓏として、草木の花が咲き初め、 万物が清々しく明るく美しくなるといわれております。春分後の15日目にあたる清明は旧暦3月辰の月の正節であり、新暦では4月5日前後となります。

雪融けも進んだ庭畑には草花の芽が元気に伸びてきました。確実に春を迎え入れているようです。
清明はお花見のシーズンでもあり、山吹、ひなげし、蓮華草、チューリップ、芝桜、花梨など寒さにジッと耐え忍んだ花々がその姿を漂わせ、可憐な姿を次から次へと私たちに魅せてくれます。水墨画から水彩画へ。自然の色彩は私たちの気持ちを、一年中で最も浮き立たせてくれます。百花の咲き競うのがこの季節でもあるのですね。

この時季、桜前線は北陸地方や東北地方の一部にまで到達し、その鮮やかな花を開花させてくれます。下北半島を渡り北海道に開花の報が伝わる4月下旬から5月の連休明け頃、北国のお花見が最盛期を迎えます。


※次の二十四節気は4月20日の「穀雨」です。4月15日頃更新予定です。



七十二候バナー(4/4)
歳時記の概要はこちらからご覧いただけます。



第十三候 玄鳥至 つばめきたる   4月4日~4月8日頃

冬の間、暖かい東南アジアの島々で過ごしていたツバメが海を渡って、日本にやってくる頃。つばめの飛来は、本格的な春と農耕シーズンを表しています。4月上旬に飛来した燕(つばめ)は、卵を産み、ヒナを育て、冬を迎える前に東南アジア方面へと羽ばたいていきます。
つばめがやってき、代わって雁が群れをなし北に飛び去っていきます。空の主役が交代することになる季節でもあります。


第十四侯 鴻雁北 がんきたへかえる   4月9日~4月13日頃

前年の寒露の初侯にやってきた雁は、清明の次侯に帰っていきます。またこの時季は初侯の玄鳥至(つばめきたる)でつばめがやってき、代わって雁が群れをなし北に飛び去っていきます。
春に飛来するつばめとともに、昔から季節をあらわす鳥として文学の上で親しまれ、多くの詩歌に詠まれています。雁は「がん」とも「かり」ともいいます。がんは、森鴎外の小説に、かりは新国劇の「国定忠治」の「あゝ、雁(かり)が鳴いて南の空へ飛んで往(い)かあ」というセリフでも印象に残っています。


第十五侯 虹始見 にじはじめてあらわる     4月14日~4月19日頃

春雷をともなうにわか雨が止み、雲間からさす柔らかな光に、不意に虹が浮かび上がることがあります。夏の虹と違って、淡くたちまち消えてなくなりますが、その淡さが妙に心に残ります。
春が深くなるとともに空気が潤うこの時季、雨上がりにきれいな虹を見ることが多くなります。若葉茂る野山を背景にかかる虹は幻想的です。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

小岩井農場を再生した「生乳100%ヨーグルト」

160413石割桜

既に見頃を終えた地方もあるでしょうが、こちらおらほの田舎では先日11日、雪が舞い散る寒々した中でソメイヨシノの開花が宣言されました。いよいよ東北にも春が訪れてきました。
盛岡裁判所前の巨大な花崗岩の割れ目から育った国指定天然記念物である石割桜も、昨年より1日遅い8日に開花したようです。樹齢360年を越える石割桜は根回り4.3m、高さ10mあるエドヒガンザクラが、落雷により割れた花崗岩から吹きだしたように咲き誇る姿から、スケールの大きさを感じ、圧倒されます。その壮大な桜を見ようと観光客が後を絶ちません。

160413まきば園
そんな盛岡の中心部から岩手山南麓の雫石へ車で30分も走ると小岩井農場が見えてきます。
もうご存知の方もおられるでしょうが、小岩井農場は120余年前の1891(明治24)年に創業した約3,000haの広さを有する民間の総合農場です。アカマツやカラマツに囲まれ、森閑と生い茂る緑豊かな大地には長閑な草原が広がり、清浄な空気が心地よさを与えてくれます。

小野義眞、岩崎彌之助、井上勝、3氏の頭文字をとって名付けられた小岩井農場。
3氏は一面に広がる荒れ地を開墾し、ヨーロッパ農法による本格的な農場を造り上げたのです。 それから1世紀以上に及ぶ長い歳月が流れ、農場には創始者の熱意と希望、夢とロマンが託されています。
広い芝生に覆われた小岩井農場まきば園からは遠く岩手山が望め、園内には乗馬、トロ馬車をはじめアーチェリー、トランポリンなど遊びがいっぱい。牧場館ではジンギスカンも賞味でき、家族で1日楽しめます。

160413ヨーグルト 160413乳牛
しかしながら三菱財閥による酪農事業には、赤字体質が染み付いた問題児でもありました。1976(昭和51)年、キリンビールとの折半出資で小岩井乳業(株)を設置してからは、小岩井の復活劇が始まったのです。
キリンビールから迎えた社長就任により、それまでの高級路線から乳製品を増やした低価格路線を打ち出したことで経営は安定してきたようです。
難局を乗り越えるにはヨーグルトしかないと、「生乳100%ヨーグルト」に主力を置き、小岩井ブランドの評価を高めました。今や乳業部門の採算製品でもあります。

とはいえ、既に各社からはプレーンヨーグルトとして発売されており、業界内では最後発だったそうです。
市場拡大が期待されながらも価格競争が激しい製品でもあり、他社との差別化を図るために原料、味覚、パッケージなど徹底管理したようです。
召し上がった方もおられると思いますが、生乳のみを長時間発酵したといわれる「生乳100%ヨーグルト」は、酸味を抑え食べやすくなっております。各社のヨーグルトを食べ比べてみましたが、小岩井のヨーグルトは濃厚でコクがある感じです。
加えてBb-12菌が腸の善玉菌の増加により、免疫機能を高め、腸内の環境改善など整腸作用が期待できる特定保健用食品でもあります。食べ始めてからもう半年ほど経ちますが、便秘とは縁遠くなっております(笑)。

三角柱のパッケージは小岩井の特徴でもあり、数多くのヨーグルトが並ぶ商品棚の中でもひと際目を惹きます。スーパーでのお買い物の際、手に取ってご覧なってみてください。






下の<続きを読む>をクリックすると二十四節気「清明」、七十二候「第十三候~第十五候」、清明前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。


テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

ソニーの社会貢献「ランドセル贈呈式」

160408入学式

4月は新しい出会いの時季。街にはフレッシュなスーツ姿や制服が目につきます。
大震災前に生まれた子供も今年は小学校入学。新しい世界への期待と不安が交錯しながらの晴れ姿。
4月1日には大船渡市三陸町の綾里小学校で伝統の和装による入学式が行なわれました。在校生による校歌の合唱で歓迎され、紋付き袴や振り袖姿にランドセルを背負った新入生12人は、緊張した中にも希望に胸を膨らませ、小学校生活をスタートしたようです。
この小学校では自粛された震災の年を除いて、1970年代から始まった伝統の和装による入学式が続いているそうです。
七五三の晴れ姿みたいな紋付き袴の男の子や、女子大生の卒業式並みに振袖に袴を履いた女の子のファッションは可愛らしいですよね。
おらほの田舎の小学校でも2年程前、和装の入学式に臨んだ1人の新入生がおりました。ご両親に見守られ門出を迎えていましたが、今年は新入生がいたのでしょうか。就学児の減少による小学校の統廃合が心配されますが、将来に向ってしっかり勉強し、自分の住む町の復興に貢献してほしいですね。

160408ランドセル小学校の入学式といえば伝統的なランドセル。これも年々高価になってきています。教育費が予想以上にかかる若いご夫婦には負担の大きいもの。

ソニーの社会貢献活動の1つに「ランドセル贈呈式」があるそうです。ご存知でしたか。
1959年、ソニーの創業者井深大さんが発案したもので、戦後間もない頃ソニーの社員といえども生活はそれほど楽とはいえず、新しいランドセルを買ってやれる余裕はありませんでした。見かねた井深さんは少しでも社員の負担を軽くし、祝ってやろうと社員の家族で小学校へ入学する子どもを対象に「ランドセル贈呈式」を提案しました。
恩恵に預かった当時の社員は現在も井深大魂を引継ぎ、第一回から50年以上経った今でも「ランドセル贈呈式」は継続されているそうです。

8ido18000002wgxa2009年からは、「世の中の役に立ちたい」という社員の声により、途上国の教育支援、社会貢献の一環として、「Re-ランドセルプロジェクト」を開始しました。使用済みとなったランドセルを回収し、青空教室でランドセルのニーズがあるアフガニスタンの子どもたちに届けられています。
アフガニスタンは長い内戦の間、国外に避難していた多くの人々が帰還しており、住民の多くが家や家畜を失い、経済的に苦しい中、地域の教育環境向上のためにも、ランドセルの必要性が叫ばれていました。

(写真出典 ソニーCSRより)

石や岩などが突出した足場の悪い通学路には、両手が空くランドセルが重宝されたり、学校施設不足による青空教室では表面がしっかりしているランドセルが、机代わりとして役立っているそうです。ランドセルとともに日本から送られた文房具も分け与えられ、子どもたちは喜んでいるようですね。


(動画出典 ソニーCSRより)

ランドセルがなくて教科書を風呂敷に包んで通学していた同級生の姿が思い出されました。
子供の頃の嬉しかったこと、悲しかったことはいつまでも心に残っていますね。和服で入学式を迎えたおらが田舎の子供たちは幸せな方かもしれません。と共に子供たちの将来を案じてランドセルを寄贈した井深さんには敬意を表します。




下の<続きを読む>をクリックすると二十四節気「清明」、七十二候「第十三候~第十五候」、清明前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top