• 2017
  • 02/22
  • Wed

日本の四季 啓蟄

菜の花






鎮魂、追悼、復興祈願

東日本大震災追悼式
3月11日東日本大震災6年目の宮古市追悼式

手繋ぎ追悼
午後2時46分 500人による手つなぎ追悼イベント
(田老港防潮堤より海に向かって黙祷)

夢灯り
午後6時から「七回忌法要夢灯り」(於:道の駅シートピアなあど)
真言宗各派青年会による鎮魂と慰霊の供養



二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



啓蟄 けいちつ     3月5日~3月19日頃

「蟄」とは冬眠している様子をいい、「啓」とは動作や行動をするということです。
地中で冬篭りしていた虫たちも春を感じ、草木が芽吹くと同時に地上へ這い出してきます。

吹雪の怖しい自然界もやがて終焉を迎え、
みなぎる陽春の中で、融けた雪の後に緑の草木が生えそろいます。
重いコートを脱ぎ捨て、爽やかな空気を思いきり吸える春です。
桃の花も蕾を開き始め、北国では福寿草が咲き始めます。
関東では紋白蝶が見られ、野山では野鳥のさえずりがあちこちで聴かれ始めます。
暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」とあります。

日に日に寒さが和らぎ、葉のない木々の枝から新芽が吹き出すように
私たちも重いコートを脱ぎ、戸外で春の柔らかい風を肌に感じたいものです。


※次の二十四節気は3月20日の「春分」です。3月15日頃更新予定です。


七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



第七候  蟄虫啓戸 すごもりのむし とをひらく    3月5日~3月9日頃 

土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き出てくる時季です。
土から出てくる様子を、戸を開くと表したのは、戸を開けて新しい風に吹かれたい気持からなのでしょうか。気温も上がり、虫たちも陽光に誘われて姿を見せ始め、自然界がいきいきと輝いてくる頃でもあります。
「蟄居閉門」ということばがあります。江戸時代、武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、家に閉じこもり門を閉じ、来客や家人の出入りを止める謹慎処分ですが、元々は家の中に籠もっているということです。渡辺崋山は高位の武士としては蟄居という最高刑といえる、今でいう無期懲役に処せられました。

第八候  桃始笑 もも はじめて わらう      3月10日~3月14日頃

桜や梅の華やかさの陰に隠れながらも桃の蕾が咲きかける時季です。昔は花が咲くことを笑うといいました。競うように桃の花がほころび始め、漂う香りが人々に改めて春の訪れを実感させてくれます。
この時季五弁の花を咲かせた桃の花は、夏に水分が多くて甘い果実を実らせます。「もも」は、多くの実をつけることから「百(もも)」とする説があり、邪気を祓う力があるというところから3月3日の桃の節句にはひな壇に桃の花が飾られておりました。しかし、おもてなしを想定させる日本女性のようにその存在は奥ゆかしく、梅や桜に比べると目立たない存在でした。
桃は遺跡の出土などから、縄文時代前期には日本にあったようですが、万葉集には7首しか詠われていません。一方の梅は118首が詠まれており、春の花といえば梅の花だったようです。

第九候  菜虫化蝶 なむし ちょうと なる     3月15日~3月19日頃 

成長した菜虫(青虫)が羽化し、紋白蝶になる時季でもあります。
菜虫とは大根やかぶの葉につく昆虫の総称で、特に紋白蝶の幼虫でもある青虫を指します。害虫と呼ばれ、嫌われていた幼虫がさなぎになり、ジッと寒さに耐え越冬した後華麗に蝶へと姿を変えるのです。ひらひらと舞う美しい蝶は、まさしく春の象徴ともいえます。
ところが紋白蝶の雌の習性として、交尾した後は自分が育ったキャベツ畑を去り、若芽をつけた別の畑に行って産卵します。何故かというと、紋白蝶の幼虫は緑色の保護色とはなりますが、天敵であるアシナガバチの攻撃から身を守るためなのです。紋白蝶の雌は、産卵場所を替えることで、この災難を逃れるのです。
まさに、食うか食われるか。自然界の掟も厳しいものがあります。



下の<続きを読む>をクリックすると、啓蟄前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。
ご興味のある方はごゆっくりご覧ください。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

  • 2016
  • 03/04
  • Fri

万物も甦る啓蟄



春の陽気を感じ、地中で冬ごもりしていた虫たちもはい出てくる啓蟄。
久し振りに感じる爽やかな風と、麗らかな春の光の中で動き始めます。
陽光の中に春を感じ始める頃、一面黄色い絨毯の菜の花畑にはひらひらと蝶も舞い始め、
野山からは小鳥たちのさえずりが聴こえてきます。
日に日に寒さが和らぐ中で、葉のない木々の枝から新芽が吹き出すように
私たちも重いコートを脱ぎ、戸外で春の柔らかい風を肌に感じましょう。
3月5日は二十四節気の「啓蟄」です。



二十四節気
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



啓蟄 けいちつ     3月5日~3月19日頃

「蟄」とは冬眠している様子を言い、「啓」とは動作や行動をするということで、文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹くと同時に地上へ這い出してきます。
吹雪の怖しい自然界もやがて終焉を迎え、陽春がみなぎり、融けた雪の後には緑の草木が生えそろうでしょう。重いコートを脱ぎ捨て、爽やかな空気を思いきり吸える春です。
この時期、桃の花も蕾を開き始め、北国では福寿草が咲き始めます。芽を出したばかりの毒性が強い福寿草、ふきのとうと間違わないようお気を付けください。関東では紋白蝶が見られるようになり、野山では鳥の鳴く声があちこちで聞かれ始めます。
暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています。
中国では啓蟄のことを驚蟄といいます。その後、唐時代の一時期、啓蟄が使われていましたが、その頃日本でも啓蟄として使うようになったのです。二十四節気の名称のうち、日本と中国との間で違うのはこの啓蟄だけです。



七十二候IMG
上のバナーをクリックすると歳時記の概要をご覧いただけます。



第七候  蟄虫啓戸 すごもりのむし とをひらく    3月5日~3月9日頃 

土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き出てくる時季です。
土から出てくる様子を、戸を開くと表したのは、戸を開けて新しい風に吹かれたい気持からなのでしょうか。気温も上がり、虫たちも陽光に誘われて姿を見せ始め、自然界がいきいきと輝いてくる頃でもあります。
「蟄居閉門」ということばがあります。江戸時代、武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、家に閉じこもり門を閉じ、来客や家人の出入りを止める謹慎処分ですが、元々は家の中に籠もっているということです。渡辺崋山は高位の武士としては蟄居という最高刑といえる、今でいう無期懲役に処せられました。

第八候  桃始笑 もも はじめて わらう      3月10日~3月14日頃

桜や梅の華やかさの陰に隠れながらも桃の蕾が咲きかける時季です。昔は花が咲くことを笑うといいました。競うように桃の花がほころび始め、漂う香りが人々に改めて春の訪れを実感させてくれます。
この時季五弁の花を咲かせた桃の花は、夏に水分が多くて甘い果実を実らせます。「もも」は、多くの実をつけることから「百(もも)」とする説があり、邪気を祓う力があるというところから3月3日の桃の節句にはひな壇に桃の花が飾られておりました。しかし、おもてなしを想定させる日本女性のようにその存在は奥ゆかしく、梅や桜に比べると目立たない存在でした。
桃は遺跡の出土などから、縄文時代前期には日本にあったようですが、万葉集には7首しか詠われていません。一方の梅は118首が詠まれており、春の花といえば梅の花だったようです。

第九候  菜虫化蝶 なむし ちょうと なる     3月15日~3月19日頃 

成長した菜虫(青虫)が羽化し、紋白蝶になる時季でもあります。
菜虫とは大根やかぶの葉につく昆虫の総称で、特に紋白蝶の幼虫でもある青虫を指します。害虫と呼ばれ、嫌われていた幼虫がさなぎになり、ジッと寒さに耐え越冬した後華麗に蝶へと姿を変えるのです。ひらひらと舞う美しい蝶は、まさしく春の象徴ともいえます。
ところが紋白蝶の雌の習性として、交尾した後は自分が育ったキャベツ畑を去り、若芽をつけた別の畑に行って産卵します。何故かというと、紋白蝶の幼虫は緑色の保護色とはなりますが、天敵であるアシナガバチの攻撃から身を守るためなのです。紋白蝶の雌は、産卵場所を替えることで、この災難を逃れるのです。
まさに、食うか食われるか。自然界の掟も厳しいものがあります。







下の<続きを読む>をクリックすると啓蟄前後の「季節の彩り」をご覧いただけます。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

早乙女の田植歌も聞かれる啓蟄

二十四節気の雨水を迎え徐々にではありますが、気温も上向いてきました。まだまだ北国では寒い日が続いていますが、雪の解けた枯草の間からは緑の野草が芽を吹きだしてきました。
3月6日からは二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ)」となります。雨水後15日目に当たり、「啓」は「ひらく」、「蟄」は「土中で冬ごもりしている虫」を意味します。文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹く、と同時に地上へ這い出してくるといわれています。この時期、北国では雪の中から福寿草が芽を出し、暖かい地方では紋白蝶が見られるようになります。

啓蟄(土筆)

3月から 5月頃に発生する雷はよく雹(ひょう)を伴います。寒冷前線の通過時に発生するもので,春の到来を伝える春雷ともいわれます。立春を過ぎて初めて鳴る雷を「虫だしの雷(いかづち)」とも呼ばれ、雷鳴に驚き冬眠していた地中の虫たちが目ざめるんですね。いわば土の中で冬眠していた虫たちに、「春が来たからそろそろ地上に出ておいで」と呼びかけるものなんです。虫だしの雷がその合図となり、虫たちは花の蜜を求めて飛び回るようになります。この頃にはもうすっかり気分は春となりますね。

立春を過ぎて暦の上で春になったとはいえ、急に真冬に戻ったような寒い日が訪れることもあります。そんな日を「春寒」あるいは「寒の戻り」と呼び、三寒四温を繰り返しながら本格的な春を迎えます。
冬の間寒い北風が吹きつけるため閉め切っていた北窓を開け、春風を家の中に入れましょう。窓を開けることで部屋も明るくなり、一段と春を感じることができます。特に寒さと結露防止のため、窓ガラスにプチプチシートを貼っている私の安普請の家では、春をいっぱい感じます。

毎年3月16日は山と里を行き来する農事の神が、山から種子を抱いて里に降りてくる日といわれております。東北地方では神を迎えるため、上新粉などで作った十六団子と呼ばれる16個の団子を供える風習があります。農事の神は春には里に降り「田の神」となり、収穫の終わった秋には山へ帰って「山の神」となります。お帰りは11月16日とされているようです。

啓蟄(御田植祭)
山に帰ることを「さのぼり」、里に降りてくることを「さおり」といいます。降りてきた神を迎える役は晴れ着を着て新しい菅笠を被った「さおとめ(早乙女)」という女性の仕事でした。16日の早朝、早乙女は田の神の前で、囃しや音頭にあわせて田植歌を歌いながら、苗を植え付けていました。今でこそ早乙女による田植歌の風習はみかけなくなりましたが、その地方の神事として残っているところもあるようです。

田の神は、臼杵の音を聞いて降りてくるといわれていました。そのため臼杵でこの日の16日にちなみ「十六団子」の餅を作ったのが始まりとされています。また、この日は、神が山から降りるため、「田の神荒れ」といって天候が悪くなるといわれています。神に出くわしてはいけないからと、田や山へは行かないで神を迎える地域もあったようです。そういえば子供の頃、この日は山に登るなと、親に強く言い含められていましたね。

日本には四季折々の年中行事がありました。本来は「神様をお呼びし、ご馳走を捧げる日」としての年中行事。「ハレの日」とも呼ばれ、食卓にはご馳走が並びました。農耕民族であった日本人は農耕時期の目安となる日に行事を行い、その収穫に感謝してきたんですね。
季節の変わり目にご馳走を食べる日を設け、体に栄養と休息を与えてきました。ご馳走といっても昔の食事は現代の飽食時代とは違って質素。体調を崩しやすい季節の変わり目を、伝統の和食で賢く乗り切ってきたんですね。


二十四節気 啓蟄(けいちつ)◇
二十四節気3番目の節気。3月6日および春分(3月21日)の前日まで。
暦便覧は「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」
冬のあいだ土の中に巣ごもりしていた虫たちが目ざめ活動を始める。
啓蟄七十二候は次の通り。
第七候(啓蟄初候)3/6~3/10蟹虫啓戸(すごもりむし、とをひらく)
土中で冬眠をしていた虫たちが、暖かい春の日差しの下に出てき始める頃。虫とはいいますが、冬眠から目覚め始めるすべての生き物のことを表しています。


今日の独りごと

今日の独りごとこのところ下がっていたガソリンの価格が値上がりに転じてきましたね。全国のレギュラーガソリンの平均価格が3週連続の値上がりで前週より1.4円高い139.3円(2日時点)だそうです。全国で最も高いのは鹿児島県で147.4円、16都道府県で140円台となったそうです。県内の平均価格は138.2円で、1.4円(いずれもリッター当たり)高くなっています。灯油(18リットル)は店頭が1,388円で同28円高く、配達は1,499円で同29円高でした。北米で原油の増産が抑えられるとみられており、石油元売り会社が卸売価格を上げたのが要因だそうです。
輸送会社やバス会社では大きな痛手でしょうね。私などあまり車に乗らない者でも、気分的には嫌ですね。1回の給油で満タンに入れたところで50円から100円位の値上げですけどね。生活に響くのは灯油ですよ。今配達してもらっていますから、1,499円で29円の値上がりは痛いです。風呂も灯油で沸かしていますからね。まだ寒いこの季節。春まで持ちますかどうか。せめて今のうち買いだめしとかなくちゃ。


参考サイト:暦生活日本の行事を知ろう! オーライ!ニッポンバイオウェザーサービス岩手日報WebNews


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top