高山植物の名山早池峰に初老が初挑戦

今日の独りごと

先日9月の27日、果たして初老の体力で標高2000m未満の山に登れるか、初チャレンジしてみました。
標高1917mの早池峰山。地形の生い立ちが最も古い山の一つに数えられ、対峙する薬師岳とともに、北上山地の代表的な山岳風景を形作っている国定公園です。
蛇紋岩と花崗岩の基岩相違による植物相の対照が顕著に見られます。大昔の海底面がそのまま隆起してできた準平原地形といわれ、北上山地ならではの景色です。
固有種、希産種を含む数多くの高山植物が生息する花の名山としても、人気の高い山です。

20151001早池峰山小田越

早池峰登山ツアーに参加したこの日、朝7時に集合。バスで小田越登山口まで移動です。天気は上々、軽い準備運動をした後、8時30分いよいよ登山開始です。
鬱蒼と生い茂る樹林の中に敷かれた木道を軽やかに歩き渡りました。

20151001早池峰山1合目付近

樹林層を抜けるとそこは一合目。
さあ、これからは大きな岩石の要塞みたいに、登山道に敷き詰められた蛇紋岩と花崗岩との戦いです。
しっかりと足場を踏みしめて慎重に歩を進めないと滑ったり、コケたりして怪我のもとになります。

そろそろ息が切れてきました。ウォーキングで鍛えた体力も通用しません。
皆さんは重いリュックを背負い、ピッケルを持って軽やかに登っていきます。
さっきまで周囲に咲く早池峰の野草を楽しみながら登った余裕がなくなりました。
3歩進んで2歩休む。汗がたらたら、まるで牛歩のごとくの登山です。

20151001早池峰山5合目付近

着いた。いや、まだ頂上じゃない、五合目です。この辺りまで約2時間強、標高にして1500m位でしょうか。
ここで最初の休憩。ふ~、やっと休める。まずは岩石で造られたような要塞に腰かけて疲れを取ります。
吹き抜ける爽やかな風が汗ばんだ身体に心地いい。

20151001早池峰山

上を見ると早池峰山の頂上が一望に。なんと抜けるような紺碧の空、素晴らしい霊峰です。

20151001雲海

見下ろせば雲海が絨毯のように麓を覆っています。
自然が造りだした芸術に堪能。

さ~、気合を入れて再出発です。
道はますます岩場が多くなり、険しく歩きにくくなってきました。10mも登り詰めると息が切れ、呼吸困難です。

20151001早池峰山鉄梯子

そして早池峰登山の最難関、天狗の滑り岩と呼ばれる巨岩に鉄梯子が架けられた登り。
わ~、これを登るのか。一瞬ひるんでしまいました。
四つん這いになるように手と足を梯子にかけ、一歩一歩よじ登っていきます。
やっとの思いで登り切ったと思ったら、2段目の梯子が目の前に。
これを登るともうすぐ頂上です。

20151001早池峰山頂付近

頂上までは平坦な草原に作られた木道。手の届くような頂を目指し一歩一歩踏みしめます。

20151001早池峰山頂上

出発してから約3時間、1917mの三角点に到達。
初老の早池峰山初登頂に成功。感慨一入です。

スマホのアプリを見ると標高1908m。誤差があるんですね。
山の気象の関係でしょうか、半分雲がかかり、反対側は180度パノラマが見渡せます。
360度見渡せないのが自然のいたずらですね。
空気の澄んだ頂上で食べる昼食は格別。

もう体力のないことを実感した今回の登山、来年はきっと登れないでしょう。
最初で最後の登山になるかもしれません。

下山は楽かと思ったんですが、岩石に拒まれた道は思うように歩けません。
万が一滑って転んだら下まで真っ逆さまです。

20151001早池峰山麓

とはいえ、少し余裕のできた気持ちに、見下ろす麓はドウダンツツジが真っ赤に色を染めていました。
山はもう晩秋です。

何とか天候に恵まれた登山、時折晴れる束の間、麓を見渡しながら無事出発点の小田越登山口に到着です。
花の名山早池峰山といわれるだけに花を求めた登山でしたが、とてもそんな余裕はありませんでした。
お世話になったガイドの皆さん、ありがとうございました。
ガイドさんがいなければ、年寄りの単独初登山はとてもできなかったでしょう。

今回の「今日の独りごと」は趣向を変え、初老の初登山ルポをまとめてみました。
少々長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。


◇二十四節気 秋分(しゅうぶん)◇
二十四節気16番目の節気。9月23日および寒露(10月8日)の前日まで。
暦便覧は「陰陽の中分なれば也」
秋の彼岸。暑さもおさまり、みのりの秋を迎える頃。
◆秋分の七十二候は次の通り。
第四十八候(秋分末頃) 10/3~10/7 水始涸(みずはじめてかるる)
田の水を落として、稲穂の刈り入れを始める頃。収穫の秋まっただなかで、大忙しですが、黄金に色づいた稲穂が輝き、風がなびく風景はとても美しいです。



テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

初七日で母は冥土に旅立った

導師の法話は残された遺族の気持ちを癒してくれる

小高い山を伐り開いた広大な寺院墓地が
菩提寺の周囲をとりまいている。
目の周りを白く縁どったメジロがチィ~チィ~と
泣きながら木の枝から木の枝へ飛び移っていた。

葬儀告別式を終えた本堂では、初七日の法要が
導師の読経の中、執り行われた。
この地方の葬儀は事前に荼毘にふされ、骨葬として
行なわれるのが慣習となっているようだ。
そのため葬儀が終わると、そのまま初七日に移る。
参列者は導師の読経を聞きながら、焼香の順番を待った。

約10分くらいの法要が終わると、会場を同じくしてお斎(とき)、
いわゆる親族を招いての精進落しとなる。
導師を中心にし、母と血の濃い順に両側に配列された親族、
子供や孫達は末席だ。あらかじめ事前に練っておいた席順の通り、
お膳が運ばれ急造の会席が作られていく。
お膳といってもその場で料理を味わうわけではない。
すべてお持ちかえりいただけるよう、重詰めにした弁当形式だ。

住職によるありがたい法話を聞き、思い出話が語られる中、
初七日も無事済むことができた。

母もこれで安心して冥土に旅立つことができただろうか。
喪主として、母の旅立ちを導けただろうか。

雨がやんだ菩提寺の境内には、手毬状に咲き誇る紫,ピンク,
青,白などの紫陽花が、濡れた花びらをしっとりと映し出していた。

 

FC2ブログランキング参戦中

気が向いたらポチッ!ね


テーマ:徒然なるままに…
ジャンル:ブログ

母は気丈で愚痴もこぼさなかった

葬儀を終え、ホッとすると息の中に、喪主の苦労を痛感していた


焼香を終えた葬儀告別式は、会葬者に対し、喪主からのお礼の挨拶がはじまった。

「病床の兄になりかわりまして、弟であります私が一言ご挨拶申し上げます。
本日はご多忙のところ、亡母の葬儀告別式にご参列いただきまして、誠にありがとうございます。
母は、去る6月20日午前4時35分、腎不全のため入院中の病院において、享年92歳の人生を閉じることとなりました。母は気丈で、病による苦痛も口にせず、愚痴ひとつこぽさず、いつも笑顔で私たちに接してくれました。母が存命中、皆様方にご厚情を賜りまして、故人に代わり厚くお礼申し上げます。今後は祖先の御霊とともに私たち家族を見守ってくれることと思います。 本日は誠にありがとうございました」 

お礼の挨拶をまとめるうえでのポイントは、
・さしつかえのない範囲で、死因について述べる。
・生前の厚情に対する謝意とともに今後の決意などを伝える。
・死因が事故死の時には、事故の様子や原因、相手方への怒り、
 非難などは最低限に抑える。
・また、自殺の原因が金銭、異性とのもつれなどの場合、詳しくは述べない。
 生前の厚情に対する謝辞は控え、これからの支援や助言をお願いするにとどめる。
といったことを、「心のこもった葬儀・法要のあいさつ・手紙・マナー」
(池田書店)でアドバイスしている。


シーンと静まり返る式場に、前日までかかって作り上げられた原稿を読み上げた御礼の挨拶は、親族ををはじめ、会葬者の心に鳴り響いた。 梅雨とはいえ、まだ肌寒い本堂において母の葬儀は、滞りなく終えることができた。

長老の苦言、兄弟同士の痴話喧嘩、裏方料理人のいざこざなどあったが、 なにはともあれ葬儀の山場を終えたという、安心感からホッとと息が漏れてしまった。
皆さんの協力があってのことと感謝しているしだいです。とは正直な気持ちで、喪主の大変さを痛感していた。

しかし、このあと初七日の法要、納骨といった故人を供養する慣わしが待ち受けていた。

 

FC2ブログランキング参戦中

気が向いたらポチッ!ね


日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top