大地が潤い、五穀を生み出す穀雨

穀物の成長を助ける菜種梅雨
4月20日は二十四節気の穀雨です。穀雨は春最後の節気で「雨がふって百穀を潤す」といい、「雨水がいろいろな穀物を生みだす」という意味があります。大地は潤い、種まきの好期でもあります。中国では秋にまいた麦を育てる雨という意味でしたが、稲作を農業の中心としている日本では、発芽したばかりの稲を育てる雨として重視されてきました。
この頃から天気も安定し、日差しも強まり始める一方で、穀物の成長を助ける春雨が降る頃となります。この時季の長雨を菜の花が咲く頃に降ることから、菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んでおります。

葦

夏も近づく八十八夜
5月の新緑を美しくする菜種梅雨。イギリスにも「4月の天気は雨と日光がともに降り注ぐ」 という諺があるそうです。 この季節、雨が多いのは洋の東西同じなんですね。
長雨が続くと憂鬱な気分になりますが、植物にとっては大切な恵みの雨なんですね。稲だけでなく夏野菜を植えるにも最適の時季です。
立春から数えて88日目の八十八夜。この日に初摘みするのがお茶農家の習わしですが、特に八十八夜に摘まれる新茶は縁起物として珍重されます。この頃から摘み取られる新茶の香ばしいにおいが野原や山間部に満ちてきます。今年の八十八夜は5月2日。もうすぐ季節は夏です。

大地が緑色に輝く葭始生
穀雨の初侯「葭始生(あしはじめてしょうず)」は4月20日頃から4月24日頃をいいます。七十二侯の第十六侯にあたります。
春爛漫は、野山だけでなく、水辺にもやってきます。葦が芽を吹き出します。「葭」とも、「蘆」とも書く葦。日本はかつて「葦原の国」と呼ばれたほど葦は古くから親しまれていた植物であり、すだれや屋根、紙や楽器などに用いられ、人々の生活に欠かせませんでした。大地が緑色に輝くこの時季、それまで枯れていたように見えていた葦の成長が見られます。
パスカルは「人間は考える葦である」と言いました。なるほど、葦は強い風が吹いてもしなって倒れることはありません。人間は権力の前に従順に従っているように見えますが、決して屈している訳ではありません。人間は考えることができます。葦のように精神のしなやかさを持っているということなんでしょうね。

葦の角は水辺の春の象徴
水辺に生える葦の新しい芽。角のようなので「葦の角」と呼びます。地下茎からいっせいに萌え出ずる葦の角は、水辺の春の象徴です。
「春は名のみの風の寒さや」で始まる「早春賦」は、信州安曇野あたりの早春をイメージしたといわれています。
100年ほど前作られたこの名曲。2番の歌いだしに「氷とけだし 葦は角ぐむ」とあります。
暦の上では春だといいながら、まだ風はこんなに冷たい。とはいえ周りを見ると、水辺の葦がまるで角を出すように新しい芽を出し、春の兆候が表れている、ということを伝えているのでしょう。

「葭始めて生ず」。夏を目前にして、煙るようにしとしと降る優しい春の雨。葦の角からは晩春の香りが漂ってくるようですね。








参考サイト:ZAQぴお、七十二侯がまるごとわかる本
写真素材:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます。

満開の桜に浮かれている仙台だというのに、今日は穀雨どころか
朝から大粒の雪がしきりに降っています。
明日からはまた暖かさが戻ってくるとのことですが、折角綺麗に
咲いてくれている桜がちょっと心配です。
でも、暦の方は時々帳尻あわせをしながらも、確実にめくられて
ゆきますね。

  • |2013.04.21(Sun)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

穀雨が過ぎるといよいよ夏の季節へと歩みが早くなるようですね。それでも東北は爽やかなことでしょう。
九州は気温の上昇と共にじっとりとしてきます。嫌な季節がまた巡ってくるのかと思うと他に憂さ晴らしのない最近。ますます沈みがちな季節になっていきます。
せめてこれから五月晴れまでの間だけは存分に生き返っておきます(笑)

あまちゃん、楽しく拝見しています。
  • |2013.04.21(Sun)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡 

こんにちは。

なんとま~、季節外れの雪ですね。
こちらも朝方霙だったのが、今は大粒の雪に変わり、地面は薄っすらと積もりだしました。異常気象というか、自然の悪戯は脅威ですね。今日冬タイヤを交換するつもりでいたのですが、変えなくて良かった(笑)。
折角咲いた桜も花冷えどころか凍りつきそうな天気です。こちらの桜も、2,3日前見に行ったら3分咲き位でしたが、この雪で見頃が先延ばしになりそうです。
菜種梅雨どころか菜種雪に穀雨も泣いているでしょう。人騒がせな名残り雪です。

  • |2013.04.21(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

「もうすぐ季節は夏です」と書いた翌日には、湿った雪が降りしきる朝を迎えてしまいました。予想気温も1℃で真冬に逆戻り。薄っすらと銀世界が甦ってしまいました。4月20日過ぎの降雪なんて、記憶にありません。なんという自然の悪戯なんでしょう。
歌にも歌われているように「春は名のみの風の寒さや」をまさに再現している今日の北国。2,3日前3分咲き位だった桜も、冷たい雪に震えているようでもあります。

あまちゃんの能年玲奈さんはヒロインに決まってから、素潜りの練習をしたそうです。その成果がいつ出るか。そのシーンを、汗が肌にまとわりつく季節を迎える大分で涼んでください。

  • |2013.04.21(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

なるほど、穀雨でしたね。
暦通り、昨日は自宅のほうは雨でしたが、
道志に行ったら雨ならぬ雪でした。

自分は冬キャン装備だったので良かったけど、
他のキャンパーさんたちが寒そうでしたよ。
  • |2013.04.21(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは
いつもどうもありがとうございます♪

確かに雨でしたこの日も次の日も・・・
4月の珍しい雨で、最高気温が5度の中
かずみがうらマラソン参加してきました
真冬並みの寒さと雨で・・・でした
もちろん記録も・・・ですので
乾燥できただけでもめっけもんでしたね(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.04.21(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

大切な季節の変り目なのですね!
天候は地域によりかなり格差が有るようですが、
九州では新芽が活き活きと芽吹いて、
新緑の季節が楽しみです!
  • |2013.04.21(Sun)
  • |SUN太郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

こいのぼりですね!
もう5月なのですよね・・・

寒くて、又、暖房をだして・・
店でも、暖房が売れました。

夏になったり、冬になったり、異常ですよね・・・

代替画像

こんばんは

人の意のままにならない大自然は思いもよらない寒さをもたらしていますね。
それでも暦は夏に向かっています。
もうすぐ五月、こいのぼりが薫風に泳ぐ姿が見られますね。
「早春賦」これ好きな歌です。
格調高い歌詞が、季節の喜びを伝えてくれますね^^。
  • |2013.04.22(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こちら桜も散って葉桜に
それを合図に 苗床の準備 籾巻き 田植えの準備
自然が相手 状況に応じて・・・
例年より気温が上がらないから 大丈夫かなと
思いつつやってますが
テレビのニュースでは 満開の桜に雪景色
遅霜が心配です

  • |2013.04.23(Tue)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

時ならぬ降雪でしたよね。
標高の高いところでしたら考えられる天候ですけれど、うちのような海岸地帯も雪に見舞われましたからね。よく冬の装備をしてない登山客が、思わぬ寒さに遭難するというニュースを聞きます。
キャンプ地ではそのようなトラブルはあまりないかもしれませんが、自然の天候を甘く見ると、とんでもない事故に繋がることがありますから、十分お気を付けください。

キャンプ中の降雪は初めてのご経験でしたか。不幸中の幸いでしたが、これでノウハウの1つに冬のキャンプも加わりましたね。

  • |2013.04.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

あの寒さの中でのマラソンでしたか。最高気温が5℃とは冬でもめったにない寒さですよね。しかも冷たい雨が吹き付けるのでは、表面温度はかなり低かったでしょう。よく完走されましたね。不屈の精神ですね。リタイヤされる方も多かったんではないですか。
自分も昨年秋、地元のハーフマラソンを見に行った時も、気温7℃でしたからね。ランナーにとっては適温かもしれませんけど、応援者にはとても寒い気温です。

  • |2013.04.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: SUN太郎さんへ☆彡

農家にとっては農作業を始めるにあたって、重要な季節ですよね。
この頃の雨が秋の五穀豊穣に結び付くかどうかの季節ですから、農家にとっては大切な雨だったんですね。とはいえ、南北に細長い日本列島ですから、北と南では1か月くらいの季節の差があります。
暖かい地方では穀雨の季節でも、北国ではやっと春を迎えたくらいです。まだまだ風は冷たくコートを外せない寒さです。一昨日の思わぬ降雪などもあり、桜の開花も遅れております。

九州では新芽も芽吹いて春たけなわですよね。目にまぶしい位の新緑が覆い尽くしているのでしょう。お子さんたちが元気に登校する姿は微笑ましく映りますね。
  • |2013.04.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  くろこ姫さんへ☆彡

もう間もなく端午の節句ですね。空には鯉のぼりが舞い、子供たちの成長を見守ってくれる新緑の季節です。
思わぬ季節の逆戻りもありましたが、大自然のキャンパスが水墨画の世界から色鮮やかな油絵の世界へと移り変わってきました。

ここ数日の気ままな天候は人々の生活を脅かすもので、折角しまい込んだ暖房器具や冬物の衣装を引っ張り出さざるを得ない陽気です。さすが目まぐるしく移り変わる気候に人々は敏感なようで、暖房器具が売れたご様子。電気店にとって嬉しいのか、せわしいのか。

  • |2013.04.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

大自然の悪戯は人間社会への警鐘なのかもしれません。
原発で海洋汚染を招き、PM2.5で大気汚染を汚し、人間たちのために自然の神様が怒っているのかもしれませんね。自然と共存共栄していくためにも、もっと真摯に自然を受け入らなければならないような気もします。
大空に舞い上がる鯉のぼりも汚れた大気ではかわいそうです。

日本の歌百選に選ばれている「早春賦」。歌に歌われていた安曇野市では早春賦誕生100周年を記念してイベントが行われるそうです。100年もの間、多くの人々に愛され、歌い継がれてきたんですね。春を待ち焦がれる気持ちが、格調高い歌詞に織り込まれています。好きな曲の1つです。

  • |2013.04.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

こちらの太平洋岸一帯は桜の見頃を迎えておりますが、昨日訪ねた県内陸の桜はまだ蕾のままでした。海岸地帯と内陸地帯ではここまで温度差があるんですね。
遅咲きの北国の春はこれからが春爛漫です。

暖かい地方ではもう田植えなどの農作業に入られるんでしょうね。
こん☆さんも田植えの準備をされてるんですか。こう寒暖の差が激しいと、田植えのタイミングも難しいんでしょうね。実りの秋を願ってタイミングを逸せず、農作業に精を出してください。

  • |2013.04.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top